とうとう締切り当日がやってきてしまいました。「三カ月あるから~~」と参加当初は考えていましたが、想像以上に短いものですね。

 作品自体に関する感想等は前回のあとがきで大体書き尽くした感があるので、今回は「あとがきを書いた後」に起こった(?)あれこれについて簡単に書き連ねます。

 まずはこちら。

オールライト・オールライト



 『しーなちゃんのコンビニ日記』シリーズでララノコンに参加されている『河東ちか』さんが企画・執筆されたコラボレーション作品です。こちらに本作『メリュとセツの竜騎速達』がゲスト出演しております。
新しい登場人物,新しい舞台が、ちかさんの手で鮮明に描かれた力作となっています。是非とも全編をご覧いただき、他の舞台・登場作品様ともども楽しんでいただけると幸いです。


 ララノコンについて。
 コンテスト参加中にコンテスト参加作品でコラボレーション,突然のイラスト募集等、普通の公募に出しても体験できないような展開が目白押しで、とにかく密度の濃い三ヶ月間でした。
最後まで有効な公報手段が確立できず、参加期間の長さに見合わない来訪者数の少なさを叩き出してしまったことは非常に心残りです。
 公報用に作ったTwitterの創作アカウントが、気づけば半ば本アカウント化していた時点で、ロクな公報手段が手元にない事を察するべきだったのかもしれません。でも宣伝しか呟かないのはその……はい。
次回がある事に期待して、今のうちからコネクションや公報手段を探っておきたいですね。

 ですが、創作アカウントを作ったことで、前述のような珍しい体験をさせていただいたり、ララノコンに参加されている方々やララノコン公式の方から様々な情報を得たりと、公報以外のメリットを数多く発見できたので、今回はTwitterアカウント無しで参加された方も、もし次回があれば是非ともアカウントを作成されることをオススメします。


 話が大幅にそれてしまったので、そのままの勢いでTwitter関連の話題と今後の方針について。
 Twitterの方でふとした話題がきっかけになり、ちょっとした企画が水面下で進行しております。「とあるテーマ・設定を元に、複数の作者がそれぞれストーリーを書く」というものです。テーマは『超能力雪合戦』。どうしてこうなった、と思われた方の感性はおそらく正常です。経緯が気になった方はまとめWikiをご覧ください。
 上二つを見て興味が湧いた方がいらっしゃれば、Twitterアカウントの方で一声かけていただけると大変喜びます。

 ララノコン締切り後は上記企画の進行と、技量不足で完結に至らなかったもう一作の完結に力を入れようと思います。そちらのブログに手を加えて今後の活動拠点にしようと考えているので、よろしければ今後ともお付き合いください。