威張っちゃいけない・ナメられちゃいけない

KIMG2229

しばしば自分に訪れる、斎藤一人さんブーム。

果たしてもう何周目なんだろう。


you tubeにアップされているような一人さんのお話は殆ど聞いていると思いますが、最近は気になった話をランダムに聞いてみたりしています。



以前聞いたお話に、

『威張っちゃいけない。ナメられちゃいけない。その事を自分の脳にちゃんと入れておかないといけないよ』

そんなようなお話がありました。

一人さんの所に来るような人って人をいじめるような人はいないんだけど、良い人で真面目で優しくて逆にいじめられてしまうような人が多いんだそうです。

そういう人は親から人に迷惑をかけちゃいけないとかって言われて育っていたりして、「人にナメられちゃいけない」ってことが頭に入っていないんだって。

だから威張っちゃいけないけど、ナメられちゃいけないんだよ。
それをちゃんと自分で頭にインプットしなきゃいけないんだって。


それをふと思い出したんです。


昨日、職場に本社の部長さんがやってきました。

支配人と一緒に話を聞いたんですが、その時に感じました。


目上の人とか、立場の上の人とか、大人数の中にいるとか、そんな場では自分の正直な気持ちを自分で押し殺してしまって、タテマエ的なことばかりしか言えなくなってしまう。

本当は現場で働いている自分の正直な言い分とか要望とかもあるのに、上の言い分に合わせてしまう。

自分の言い分なんて、どうせ通るはずはないとか、そんなのは自分が弱いからだとか、自分がダメだからとか、そんな風に思って本音の言い分を押し殺してしまう。


自分の為に少し具体的に書くと、

会社が規定として設定している1日の施術人数があって、1人20分で21人という枠があります。

それに満たなかったりすると、何かにつけて、どうなっているのか、どう改善するのかと施設に対して突っついてきたりするんです。

だけど、現場の私からすれば沢山の言いたいことがあるんです。

その1日の人数はあくまでも机上の数字であって、現実にはとても無理という感じがします。

部屋に行ってもレクレーションに連れて行かれていない場合も多いし、人によっては毎回トイレに行ってそれだけで何分も時間がかかる人もいる。

いつも探しものをしていて、ベッドに横になってもらうまでに何分もかかる人もいる。

色々と話をしてきて聞いているとつい長くなってしまう人もいるし、自分だって水分補給したりトイレに行ったりする時間も必要だし、上手く息抜きをしなければ精神的にも肉体的にも自分が参ってしまう。

食事の時間の1時間近く前から食堂に誘いにくるから、実際には食事の前の2枠くらいは仕事が出来ない。

そんなこんなと考えると、これだけの人数をこなすのなんてぜ〜ったい無理!!って反発したくなります。

それでも色々と工夫したりして、施術する人数を稼いできました。


会社の要求だって分かるし、利益を出すためには仕方がないとも思うところもあります。

だけど、本当はこっちにも言い分は沢山あるし、不満だって沢山あるんです。

それを少しでも伝えたり、何かの提案をしたりすることが出来ず、自分の本音を殺して上に合わせることしか出来ない自分に落胆してしまいました。




で、今日突然思い出したのが「ナメられちゃいけない」って言葉。

私は施術をしていてつい時間が長くなってしまうところがあります。

改めて考えてみれば、施術時間が長引けばそれだけ施術人数が稼げなくなるし、自分自身の一息つく時間とか余裕とかも削られてしまいます。

でもそれをずっと、20分(実際はもっと短いですが)という規定の時間があまりに短かすぎるからいけないんだって決めつけていました。

実際にその時間内でやってみないくせに、こんな短い時間では十分な施術は出来ないし、利用者さんを満足させることもとても出来ない、と頭ごなしに否定していました。



だけど、よくよく観てみると、そこに自分の弱さがありました。


「相手の気分を害するのではないか」

「相手を不満に思わせるかもしれない」

「文句を言われるかもしれない」

「落胆されるかもしれない」

「嫌な顔をされるかもしれない」


そんな風に相手の顔色を伺って、嫌われるのを恐れるが故に、時間内に終わらせるのを躊躇って、そのためらいとか覚悟のなさが、ダラダラと終わるのを先送りしてしまっていたんだっていうことに気がつきました。

だけど、必ずしも短いから不満だとは限らないし、ダラダラと少しばかり長くやっていたって満足させられるものでもありません。

前の職場のマッサージの店で指名客をバンバンとっているスタッフさんがいますが、その人は時間内に少し短いくらいできっちり終わらせます。

私はつい少しオーバーしてしまうことが多いですけど、それは私の気持ちの弱さ、覚悟の弱さなんだって思います。

そして、自分にとってちょっと緊張するような「怖い相手」だと余計にそうなっていることに気づきました。


なんだかんだと無理を突きつける会社のせいにしていたけど、結局のところ会社に直接文句を言えないのも、時間内に終われないのも、自分の弱さに他ならないんだって気づきました。



相手を思いやったり、親切に接したりする優しさも必要だし、自分の立場から相手を見下すように威張ってはいけないけど、だからと言って相手にナメられちゃいけないんだと。


こいつは何を言っても怒らないし、言い返してこないから、どうだっていいんだ、みたいに思われるようではいけないんだ。




偉い立場の相手とかだと、やっぱり何か緊張感がある。

だけど、そうではない大人しそうな相手にはそういうものがない。



優しいとか親切に振る舞うとかいうことは大事なことなんだけど、ただ優しいだけで、人畜無害で、ナメられるようではいけないんだ。


眼光が鋭いとか声が大きいとか、毅然とした態度を感じるとか、ちゃんと自分の意見をいうとか、ナメられないような人には、何となくその人から感じるものってあるけれど、一人さんが伝えようとしているのはそういうことなんだろうって思います。



自分なりの表現で言い換えれば、

人に優しい人間である為には、人にへつらう必要はない。

だから堂々としていていいし、なめるなよという殺気を放っていてもいい。

ナメられない為には相手に嫌われたり批判されたりする可能性があって、その嫌な気持ちとか痛みとかを受けてでも、ナメられないことの方を選ぶんだという覚悟を持っていなくてはいけない。


弱いふりをしていれば、相手を怯えさせたりしないし、傷つけないかも知れないけど、それで相手にナメられてたら自分が幸せになれない。

大事なのは人への親切な態度であって、弱い振りは必要ない。


相手にとって良いと思うことを、頑張って精一杯やる。
それが本当の優しさなんだ。

相手からの拒絶や否定を恐れる心から、無言で利益を相手に垂れ流してはいけない。

無言で安売りしちゃいけない。時間をオーバーするのは安売りするのと同じだ。

それは優しさではなく恐れであり弱さだ。

その弱さが自分自身の幸せを迫害し、傷つけ、不利益をもたらす。

黙って値引いたって相手には分からないし、相手に喜ばれないし、感謝もされない。


自分の中にある恐れに屈しない勇気と覚悟が、ナメられない強さなんだ。

悩みながら魂は成長する

KIMG2226

『人は悩みながら魂が成長する』っていうお話を聞きました。

悟っても悩みはなくならない。
だけど、悩みながら成長するものなんだってことが分かっているから、悩んでもそんなに苦しまなくなる。

そんな内容でした。

正しいか正しくないかっていうことはこの際どうでもよくて、その考え方が自分の役に立つかどうかが大事だろうって思います。

悩みなんてない、って言う人もいるだろうし、私も一時期は仕事に大半の時間没頭して生きていた時にはそれまでのような悩み事がありませんでした。

だけど生きている間は途中にちょっと休憩はあるかもしれないけど、やっぱり悩みは尽きないのかも知れません。

で、今現在こうして悩んでいて、自己嫌悪になったり不甲斐なさを感じたり、どうしていいか分からないって気持ちになったり、真っ暗な気持ちになったりすることもあるけれど、そんな風に悩みながら実はその全てを経験をすることで学んでいたり、考え抜いたり、新しいことに取り組んでみたり、そんな風にジタバタしていること自体も、それ自体が成長の過程そのものなんだと思うと、人生を俯瞰するような感じがして気持ちに少し余裕がでるような気がします。


人生、未熟な私には分からんことだらけですが、悩みごとを、自分が勇気を出して対処して乗り越えることが出来るのも、未熟な自分をそのまま赦して受け入れて認められるようになるのも、尊い成長だろうって思います。


悩んでいて苦しくて辛くても、それ自体が人生の大きな目的である魂の成長の過程そのものなんだと、そう捉えることが出来れば、そう信じることが出来れば、随分気持ちが変わるって思います。

自分が何とかしようと焦らなくても、この人生がきっと次に何かの閃きとかヒントをくれるだろうし、人や状況を通して何かを教えてくれるはず。

そうならないとしたら、それはそれで必要があってそうなっているってこと。


そもそも何も問題を感じることなく、何も苦しくもなかったとしたら、何か教えを学ぼうとか自分を変えてみようとかいう気にもならないから。

豊かな生活

IMG_7890


このブログも随分長いこと、細々ながら書き続けてきたものだなあって思います。

時々アクセス履歴を見ると、ああこんな記事を書いたこともあったなあ、って懐かしくなります。


5年とか10年近く前のブログを見ると、花や観葉植物を育てたり手入れをしたり、新しい料理を作ってみたり手の込んだ食事を準備したりしていて、何だか今よりもすごく心豊かな生活をしていたような気がして、懐かしいやら切ないやら、複雑な気持ちになりました。


少し前に図書館に行った時に、久しぶりに飯田文彦さんの本を読みました。

災害で亡くなった方の魂と交信した様子を書かれているところで、その魂が言った一言が心に残りました。

「生きている時にはわかりませんでしたが、本当に幸せでした」

という言葉なんですが、私だけではなく、殆どの人はきっとみんな、生きているときは良い時も嫌な時もあって、良いことも嫌なことも入り混じっていて、心の底から無邪気に「幸せ」だと言える人はとても少ないのではないかって思います。

だからこそ、そういう風に自分は幸せです、と心から言い切れるような人に憧れたりもします。

そういう人と自分はどこが違うんだろう、って考えたりもします。


だけど、どんな生き方をしていようと、きっと同じ人生なんて2つとないし、自分の人生は唯一無二のものであって、どんな人生にもちゃんと意味も価値も同等にあるのではないかって、そう思いたい。


この飯田さんの本の一文は、生きている時には「幸せだ」って心から思えないし、理解も出来なくても、そのまんまで本当はすでに価値があって、人生を終えて光の存在に戻ったときには、自分の生きた人生が本当に幸せであったとわかるのだ、と伝えてくれているんだと思います。


だから、生きている間には、もっと幸せにならないといけない、って焦ったり、このままじゃいけないって思ったりするんですけど、そうではなくて今のこのままの人生であってもとても価値のあるものなんだっていうことです。

今、全然そう思えなくても理解出来なくても、それが普通であって、それでも後になればちゃんと価値が分かるから大丈夫だよ、そう言ってくれているように思います。


で、過去の自分の生活をブログで垣間見ると、それがとても眩く愛しく思えるのも、それと似ているように思いました。

そして、少なくとも10年前の自分は、当時の自分の生活を今の自分よりも認めることが出来ていなかったけれど、今はその何気ない生活の尊さが少し分かるようになったって思います。

今の自分の生活を疑問視するクセは相変わらずですけど、10年前の生活を愛しく思えるようになったんだから、今の生活にも同じように愛ある優しい目を向けることはなんとか出来るかもしれません。


ムカついた態度をとられる

KIMG2221


今日は、講習を受けた後ということもあって、仕事に関して、結構やりがいを感じることが出来ました。

こうしてみたらどうだろうと試してみたいこととか、この人には限られた時間でこんな風にしてみたらどうだろうか、とか、教えられた通りには全くいかない状況であっても、その中でとにかく何か思いついたことをやってみる。

例えば全然時間が足りないとか、理想的でない自分の状況に腹を立てて不満になったり諦めたりするのではなく、自分に今与えられている状況の中で果敢に新しいことにチャレンジする姿勢をとると、そんな自分を天が味方してくれるような気がします。

そうなると、なんだか今の自分の状況が面白く感じてきますし、そこで意気込んで頑張っている自分にもとても好感を持つことが出来ます。


そんないいこともあったのですが、その反面でこんなこともありました。

自分が利用者さんの部屋で施術していると、オムツ交換にやってきたヘルパーさんがあからさまにムッとした表情で「あと何分くらいかかりますか(怒)?」と言い放って、持っていたバケツをドン、と床に音がするように置いて出て行きました。


私もそんな態度をとられて、ムッとしました。

だけど、これもきっと修行なんだと思い直してみました。


多分私自身だって、自分の立場しか考えずに不都合な状況に腹を立てて、その腹立たしさをそんな風にその相手にぶつけてしまったことが、おそらくはこれまでの人生でもかなりあっただろうって思うんです。

だけど、そんな未熟な自分の行動に対して、それをぐっと飲み込んでくれた人たちが、沢山いたんだろうって思います。


だから、逆の立場になって、そうされたらどんな気持ちになるかをこうして学んでいるんだと。

自分の未熟さを学び、相手の未熟さを受け入れて、もっと良い、もっと高度な、もっと成熟した対応が出来ないかを考えて実践することに結びつけることで、きっと成長出来るのだろうと思います。


昔、自分が腹を立てて怒りをぶつけてしまった相手に、ごめんなさい。

そして、我慢したり、受け止めてくれたり、許してくれた人たちに、ありがとう。

そんなストレスフルな状況の相手に、そっか、大変だよね、と共感。

そして、同じような状況なはずなのに腹を立てずに対処してくれている他のスタッフさん達に改めて敬意と感謝を。


そうしてそこから、もうすこしでも何か、そんな状況をお互い気持ちよく丸く収められるような自分の対応を思いつけたらいいなって思います。

自殺をした魂はどうなるか?

IMG_20200102_130652_995

あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い致します。


昨年の12月頭から、また斎藤一人さんのお話を聴いています。

その中でちょっと良い考え方だなって思うものがあります。


人はなぜ自殺をしたらいけないと言われるのかっていうと、殆どの魂は学びの為に生まれてくるんだそうです。でも、たとえば寿命が80歳まである人が50歳で自殺してしまうとすると、残りの30年の修行が残っているわけで、その30年分を真っ暗の無の世界で何も学ばないということを学ぶのだそうです。

 時々ふと、そのことを思い出して想像することがあるんですけど、何も見えない、何も出来ない、何も感じられない、そんな世界に何十年も過ごすことを考えたら、どんな状況であろうともそれよりはましではないかと思えてきました。

 この世界を感じること、この状況を感じて味わって、その時のこの自分の感情を感じることができる。

今がどんなに気に入らない状況であったとしても、真っ暗な世界で何も見えず感じられない無の世界よりはずっとマシ。

そしてどんなに嫌な状況であっても、この世界に対して自分が何かしら働きかけることは出来る。

ちょっとでも良い方向に人生を向けるために、何かしら考えて、行動して、そしてわずかであっても変化を感じ取ることは出来る。
生きている限り。


思えば20代の頃から、自分の人生に失望して死ぬことを何度も夢想していました。

近頃は自分は歳をとってしまったからもうダメだ、って思ってたけど、若い頃から同じようなネガティブな感ん替え方をしていたんだから、結局は自分の人生への捉え方の問題なんでしょうね。


こうした視点を与えられたことで大きな影響を受けました。

こんなゼロベースの考え方をしてみるのも有効だと思います。

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
月別アーカイブ
 名言集


presented by 地球の名言
忍者admax
プロフィール

kazu

QRコード
QRコード
石井裕之 ダイナマイトモチベーション
  • ライブドアブログ