メッセージ

IMG_7670

昨日は、楽しみにしていたマスターのタイ古式マッサージの講習会に行ってきました。

リラクゼーションサロンの店で働き始めた当初、マッサージの技術をとにかく知りたくてYOU TUBEの動画をあれこれ見ているうちに知ったんだと思うのですが、スタッフに技を教えている様子がすごく親が持てて、人柄のいい人だなあって感じていました。


東京で講習があるのを知って、すぐに申し込みました。


実際、講習は楽しかったんですよ。

だけど、帰りにはまた気分がドーンと落ち込んでいました。
賑やかな場を離れて帰途につくと、自分は孤独だ、って余計にヒシヒシと感じちゃうんです。

これって私の単なるパターンですね。。




講習の最初に、マスターが施術の見本を見せる時の受け手になる順番をくじ引きで決めました。

その紙には、それぞれに一言メッセージが書いてあるんです。


私は1番で、メッセージは


「笑い合える仲間がいる」 でした。



家に帰ってから、なぜ自分にこのメッセージがやってきたのかを考えました。

家に着いた時にはもう目の前真っ暗、ってくらいに気持ちが下がっていたし、このメッセージを読んだ時には、自分にはそんな風に笑い合える仲間という存在がない、って思っていました。

ず〜〜っと。ホントに。


だけど、冷静に考えると今日こうして自ら仲間を求めて講習会に出て行ったわけで。

頭の中は確かに「私は孤独だ」って考えが常に回っていて孤独感はあるかもしれないけど、こま切れであろうと実際には他の受講生と一緒に笑い合って楽しめた瞬間があったわけでしょ。

67257300_939988916342044_9063593300618903552_n


若くて可愛い女の子も話しかけてくれたりしたし、自分から話しかけてもちゃんと応えてくれたりもしたわけだし。


嬉しくて有難い体験が沢山あったはずなのに、頭の中の「自分は相手にされない」とか「一緒にいても楽しくないに違いない」とか「みんな自分から離れていく」みたいな思い込みの考えばっかりに焦点が向いて悲観的な気持ちになっちゃってる。

67521133_351675158833026_587001396616757248_n



神様がいたとしたら、こんなにいい出来事をプレゼントしてやってるのに、何を抜かしておるか〜!って怒られそうです。


まあこれも仕方のないことなんだけど、でも自分の思い込みで、良い出来事があっても完全スルーして逆に勝手に落ち込んで悲観と絶望という果てしなく辛い気持ちを味わってしまうんだとしたら、もう外の出来事の問題ではないですよね。


マスターのこのカードの言葉は、

「笑い合える仲間がいる」

という現在進行形で、私からしたら絶対的に否定の「黒」にしか見えないものだったんだけど、もしかしたらこれって「白」なのかも、って疑うことが出来ただけでも意味があったなって思いました。


外側が何か劇的に良いことが起これば、自分の人生が幸せに変わるかもしれない、って期待がやっぱりあるんだけど、こうして冷静に分析すると、自分の思い込みからくる思考の反応で苦しんでいるんだから、それに自分で揺さぶりをかけてゆかなかったら変わらないって思います。


とりあえず、自分の思い込みを前提にして、反応的な行動を(行動をしないという行動)とってしまっていたから、この思い込みに気づいて、もしかしたらちょっと違うのかもしれないし、変えてゆけるのかもしれない、って思って、自分の行動を少しずつ変えてみようって思います。


快につなげる

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5


この前の休日に、自分の人生の悩みについて思い切り書き出してみたんですが、何か同じようなこと繰り返してるかもなぁ~、って思いました。

何がに思い悩んで、

『こうしなきゃ、このままずっと人生変わらない!』 

そんな風に気持ちが盛り上がって心機一転するんですけど、その気持ちが続くのは数日がいいところ。

もはや最近は翌日にはやる気も失せている有り様です(笑)。


やるべきことを、気持ちを盛り上げて意志の力で頑張ってやったとしても、どこまで行っても辛いまま頑張り続けなきゃいけないじゃないですか。

それがもう嫌になってきて。。

そんな風に涙ぐましい努力を続けても、いつか気持ちが途切れてしまったら、折角続けて来たことが水の泡になるし、続かないことで自己嫌悪に陥っちゃう。。


そうなるよりも、いかに心の負担を減らして、その行動を快に結びつけて行けるかが、すごく大事なんだな、って改めて思いました。



こんなパターンを繰り返してる私なんですが、体の健康のことに関しては、もともと関心が強くて結構すぐに行動に移すし、常に何かしら取り組んでいて、成果も感じたりするんですよね。



この前、肌に良い究極のスキンケアは、結局のところ野菜を沢山食べることだ、というような話を聞きました。(ちなみに肌に悪い食べ物は精製された砂糖だそうです)

美肌にも結構関心あるし、納得もしたので早速手をつけました。


野菜を手軽に食べるには?と考えたとき、キュウリやニンジンをスティック状にカットして、ディップにつけておやつ感覚で食べるのが良さそうだと思いました。

若い頃の私なら、マヨネーズは良くないとか、市販のものは化学物質が入っているから良くないとか考えて、塩だけで食べるとか、野菜にはもともとの旨味があるんだから何もつけずに食べるべきだ、とか思ってやっていたでしょう。


だけど、多分それだと美味しくないから、本心は嫌なんだけど、意志の力で頑張って食べるんですよね。

で、頑張るモチベーションとか意志力が続かなくなると、もうそこで途切れちゃう。


ディップが体にはちょっとばかり悪かろうが、市販の甘いお菓子なんかをいくつも食べちゃうよりも遥かにいい。

自分が美味しいと感じるディップをたっぷりつけて、自分が美味しく感じるようにして野菜を食べた方が、その行為が『快』に結びついて続けるのが苦でなくなるし、体にも肌にも多分メンタルにも良いはずですよね。


こんな工夫を、自分の苦手な課題に対しても出来たらなあと思います。

エクスプレッシブライティング

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_9

先日の休みの日に少しだけ遠出しまして、朝からくつろげそうなコメダをみつけて、そこで自分の本音と向き合うべく、ノートに向かって気持ちを書き出しました。

3時間近く居たんじゃないかなと思います。

自分の悩みごと、問題について素直に書き出したり、思うままに思考を進めたり、対策を考えたり、いろいろ。


自分の長年の悩みがこんなことで解決することもないかとは思うけど、深く自分の気持ちに向き合うのはやっぱり良かったなと感じました。

それで、これは1つのエクスプレッシブライティングではないかって思い、せっかくの機会だから、本で4日間は続けること、ってあったので、やってみようって思ったんです。


それで、その感想です。


まずは、ちょっと気持ちが楽になった気がします。

自分の感覚から思うのは、気の知れた親しい友人と、思うままに自分の気持ちを話して、少しすっきりするような感じです。


仕事をしていると、自分の本心は色々あるし、いろんな気持ちを感じるんだけど、やっぱり仕事をしているから、外行きの顔をするし、印象が悪くならないようにとか気を遣って自分を律するじゃないですか。

そうこうしているうちに、1日が過ぎて、ああ、終わった〜、という開放感で、そのあとはそのままなんとなく過ごして終わっちゃう。


だけど、こうしてノートに自分の気持ちを素直に書き出すと、色々な本音が浮かんできて、気持ちがせいりされるようなところがあります。

自分の本音とちゃんと対話するって感じ。

自分の本音に対して、好きに話していいよ、って感じで話を聞く感じかな。

自分の心が、ああ、本音の気持ちを話せた、っていう満足感というか、話を聞いてもらってちょっとすっきりするというか、モヤモヤがちょっと楽になるって感じ。


それから、途中で気づいたことがあります。
本を読み返したら、「ネガティブな体験について、感情や考えを書く」とあったんです。

1日目は大きな悩みについてとことん向き合って書いたのですが、2日目はあまりそういう意識はなく、自分の気持ちを書き出す感じでした。

だけど、これを読んで、ネガティブな出来事とかって、出来ればあんまり見たくないから、あんまり目を向けないんですよね。


でもそうじゃなくて、人間なんてそんなにいい面ばっかり都合よくあるわけじゃなくって、ありのままの自分なんて、イライラしたり腹を立てたり、嫉妬したり心の中で悪態ついたり、汚い部分というのかな、人間としてどうなの?って思うような気持ちだって湧いちゃうものなんですよね。

それが現実なんだと思うんです。


うんこしない人間はいないように。



でも人に自分のうんこは見せないし、うんこしてるとこも普通は見せないでしょ。

見せる必要もないし。


でもみんなしてるはずなんですよね。

だけど、自分ばかりが臭くて汚いうんこをしてる、みたいに思っちゃう。


うんこしてる自分をちゃんと認めないと、ちゃんとうんこしないと、逆にそういう汚い部分がもやもやと巨大化してしまう感じ。


昔、森田療法の勉強をしていたときに、事実を事実として認めることが大事で、そしてそれはすごいことなんだって話がありました。


エクスプレッシブライティングも、自分のネガティブな心を認めてあげることで、自然な人間として生きる手助けをしてくれるのではないかって気がします。


これが、4日間つづけた感想です。


興味のある方は、やってみてくださいね。



ポイントは、

・最低でも4日間続けること。

・1日20分以上行うこと。


だそうです。ぜひチャレンジしてみてください〜

思い出したこと

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_f

今日は久々の3連休明けの仕事でした。

朝から憂鬱で、ちょっとしたミスの出来事もあったりして、理想的な優秀な人間像と自分を比較してしまい、自分の仕事ぶりへの劣等感や無価値感を感じて、テンション低い幕開けとなりました。

色々あって、1日が終わった頃には気分は復活してましたが、仕事帰りにエクスプレッシブライティングをやろうと、アイスコーヒーを飲みながら今の思いをノートに書き出してみました。

そんな風に振り返ってみたら、利用者さんの暖かな言葉や対応に心が沁みた日でもあり、そんな言葉が自分の仕事の価値を再び感じさせてくれたのでした。


そして思い出しました。

2年ほど前に転職をした時、その店には新入りの私の他にフルタイムのスタッフが2人いました(私よりずっと若いですが)。

2人とも指名客の予約がバンバン入るのに、私は1人だけ暇で、慣れない電話番をしていました。

電話が鳴るたびに、ドキッとするんですよ。

お客さんの言いなりになって変な時間に予約を取ると、何十分も空き時間が出来ちゃったりするんです。

自分の枠ならいいけど、人の枠でそんなことをやってしまったら、やっぱり気まずいでしょ。


それで、たまに無指名のお客さんが来ると、順番を譲ってくれたりして私が施術するんですが、私は全然自信がなくて、不満で怒られるんじゃないかって、本当にビクビクしながら施術していました。

だから施術を終わらせるのが怖くて、つい長引いてしまうんです。

帰りにはレジでお金をいただくのが怖くて、まともに顔が見られませんでした。


歩合制だから暇だとお金も稼げないし、施術の仕事も電話番も不安で自信がなくて、周りに引け目も感じるし、毎日心が折れそうなほど辛い時期でした。


そんな時、来店時に笑顔で「こんにちは」と声をかけてくれたり、終わった後に「ありがとうございました」とか「またよろしく」とか笑顔を振り向けてくれるお客さんが何人もいらっしゃいました。

自分の存在価値に自信が持てず、心細くてたまらなかった私にとって、そんな暖かい言葉や笑顔がどれだけ救いになったか、それを思い出しました。

辛い時ほど、人のそんな情けが本当に心に沁みます。

そんな暖かな人たちがいてくれたからこそ、そんな日々を乗り切ってゆくことが出来たんだなあ、って改めて思います。

自分の努力とか忍耐とか頑張りももちろんあったけど、それだけじゃなかったんだって、大事なことを思い出しました。

自分を大事に思う気持ち

KIMG1862

転職する時に買った白衣をアイロンがけしました。

新しかったから比較的綺麗だったんだけど、流石にちょっとシワが目立ってきたかなと思い、ちょっとアイロンをかけてやろうかと。


その時にふと思ったことなんですが。


たとえば結婚していて奥さんがいて、奥さんが自分の仕事の制服を洗濯してアイロンがけしてくれてるシーンを思い浮かべると。。


その思いは、


私の旦那さんは尊い仕事をしている。

それなのに、シワシワでみすぼらしい制服なんて着せられない。


そんなイメージ。

今朝アイロンをかけていて、そんな思いが浮かびました。




だらしない格好をしていてはいけない、とか

そんな思いじゃない。


精一杯、人のために価値のある仕事をしている。

そんな自分にみすぼらしいカッコなんてさせちゃいけない!

そんな心意気。

誇りと感謝を込めた行為。


そんな気持ちが浮かんだのは多分、目の前の利用者さんへ自分なりの価値観でもって、自分に出来ることを限られた時間の中で精一杯やって、少しでも価値のあることを提供しようと一生懸命仕事してるから、なんじゃないかって思います。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
 名言集


presented by 地球の名言
忍者admax
プロフィール

kazu

QRコード
QRコード
石井裕之 ダイナマイトモチベーション
  • ライブドアブログ