KIMG1813


日々、仕事や人間関係のプレッシャーを感じることが多々あります。

例えば仕事のノルマとか、職場の上司的な立場の人間からの要請とか。

特に私はこれまで、自分の意図を力で押し付けようとする高圧的な態度の人には腹が立って反発したくなるんですが、道徳や常識、社会的な倫理というようなものを持ち出されると弱くて、社会人として当然のことでしょ、的な暗黙のプレッシャーを察知すると、そうかもしれないと思って、それに無理に従ってしまうところがありました。


こんなのは大人として許されないとか、自分勝手だとか、周りのことを考えていないとか、そんな風に考え出すと社会の皆んなから責められているような気持ちになって、途端に弱気になってしまうんです。


今の職場に来てからも、何度もそんな波が押し寄せて来ました。

給料もらってんだから、上から言われたことはやらなきゃいけない、とかって。



最初のころは仕事が無くて、暇で暇で、自分の居場所がなくて本当に精神的にしんどかったです。

よく3ヶ月もったなあと、我ながら不思議にすら思います。


でも、そんな時にふと思ったんです。

自分は仕事が無くてやることがなくて、フラフラしている自分が許せずに、自責の念に駆られているけれど、これって絶対的なものじゃなくて自分の心の問題なんではないかって。


ほどほどの仕事量ならばまあ気持ちもラクかもしれないけど、仕事が増え過ぎれば今度は文句を言いたくなったりするんですから。

現に仕事のノルマもなくブラブラしているクセに、自分を責めるでもなく、逆に大きな顔をして居座っている人間もいるんです。

それを実際に見ているから、少なからず自分の内面でうまく対処出来なければ、どんな環境になっても仕事が少なければ申し訳ないと自分を責めてしまうし、逆に多くなればやらされ感で不満や怒りを抱えてしまうだろうって思ったんです。



で、今日書きたいことは何かと言うと、そんな風に仕事のプレッシャーに襲われた時に、こんな風に自分に問いかけるようにしてみたんです。


 自分はなぜこの職場に来たのか?


 自分はなぜここで働いているのか?



そんな風に問いかけます。

そうすると、ふっと少し大きな視点に立てるんです。


最悪、どうしても嫌で耐えられないなら、辞めるのもありなんです。


前の職場ではこんな問題があって、その問題を何とかするために、思い切って転職をした。

そういうことを改めて思い出すことで、自分の転職というリスクを覚悟した行動を起こしたことを肯定的に思えてきます。

そして、じゃあ今この職場でやるべきこと、出来ることは何かという目で今を見つめることが出来ます。


自分は環境の被害者ではなくて、目的を持って動いているんだ、という感覚が何となく得られてきます。


会社の奴隷ではなくて、良い意味で会社を利用しようという視点が出てきたりします。


そんな視点に立てると、同じプレッシャーであっても、受け身のプレッシャーから、じゃあこんな風に会社の利益に貢献してやろうという、プレッシャーを主体的に乗り越えようという意識にに変わってきたりします。



これって多分、目標を持とう、というような話と本質は同じだと思います。

ただ、私もそうですが、目標の立て方が下手くそだし、しっくりくる目標がそもそも浮かばないのです。


だから、ちっちゃくていいから、具体的で自分が本当にいいと感じるものを、くだらなくてもいいし、間違いでもいいから目標にしてしまう。


それに向かって何か行動を考えて取り組んでいるうちに、漠然と流されていた生活を主体的なものに変えてくれる。

嫌なことを死ぬまで永遠にやらなきゃいけないと思ったら、それこそ絶望的な気分になります。


大きな理想を考えてしまうと、とても自分には無理だとこれまた絶望的な気分になってしまいます。

だから、あくまでも他人は別にして、自分自身のリアリティのあるところで考える。


いまだに目標設定はうまく出来ないけど、自分は何のためにこの職場に来たのか、ということを考えると、前の職場で悩んでいた問題をリアルに思い出すことができます。


収入が十分でなく、身動きが取れない。

技術を磨きたいから施術を受けに行きたいけど、そんなにお金がかけられない。

仕事がもっと取れるようになったとしても、収入はある程度増えるけど、それもタカがしれている割に仕事をこなすのには体力的にもかなり大変。

稼げば稼ぐほど、オーナーの収入も増えて、何だかいいように使われるだけに感じてしまうから逆にムカついてしまって、気持ちよく頑張る気になれない。



そういう気持ちを実際に毎日毎日感じてきたからこそ、その現状に甘んじずにアクションを起こした自分がちょっと誇らしくて、好き。

だから、こうして今の職場で働いている自分がいて、嫌なプレッシャーを感じた時には、別にここで働くことがゴールなんかじゃなくて、自分は手段として今ここにいる途上なんだと思い出せる。


そんな風に考えると、これからやるべきことも見えてくる。


人生自体は同じだし、ショボいとしか今は思えないけど、少しでもそんな風に主体的にやっているというゲーム感覚が出てくると、面白みややりがい、そしてちょっとだけ自分に誇りを感じたり出来ます。


でも一番の恩恵は、虚無感から抜け出す術になるということだなあって思います。