2007年02月14日

PAIN de KONA

パンドコナ

お店 :PAIN de KONA
場所 :横浜市青葉区

そして通り道にあるPAIN de KONAというパン屋へ。
ナチュラルな感じのパン屋さんで、土日限定フランスパンとくるみの入ったカンパーニュ、ポークリエットを。

本日の朝ごはんは昨日買ったPAIN de KONAのパンで。 おいしい、おいしい!
フランスパンはやわらかく、でも噛めば噛むほど味があるもっちりタイプ。普段噛む回数の倍は噛んだのでは。 そして大小の気泡がおいしさを語る。

同じくPAIN de KONAで買ったポークリエットと併せて食べた。
リエットは野菜が入っているみたいで、臭みゼロで美味しい。でも臭みがなくなりすぎて、味に特徴があまりない。 パンの味が濃いせいもあるけど、もう少し味がある方が合うなあ。

カンパーニュは酸味が少なく食べやすい。その分パンの味が際立つ感じ。あたしは酸味がきっついのも好きだけど。クリームチーズとぴったしで、おいしかった!

また他のパンも食べてみたいなあ・・・うっとり。  
Posted by kuwa_neverland at 00:29Comments(0)TrackBack(0)パン 

2007年02月13日

エクランナクレ

エクランナクレ1エクランナクレ2

お店 :エクランナクレ
場所 :横浜市青葉区
買ったもの:パリパリ(158円)、生チョコ焼き(210円)

藤が丘の駅前にあるエクランナクレへ。
雰囲気としては昔ながらの街のベーカリー。おばちゃん達が元気に働いているお店、味とフレンドリーさで勝負!という感じで非常に入りやすい。

お店のドアを開けると、クッキーを焼いているのかものすごいバターの匂いが。殺られるー!試食で置いてあったくるみのクッキーを食べたら、甘くなくくるみの苦味が利いていておいしかった。

ブラウニーのように濃くてネチョネチョした生チョコ焼きが大層気に入った!  
Posted by kuwa_neverland at 00:29Comments(0)TrackBack(0)スイーツ | ケーキ

PUISSANCE (ピュイサンス)

ピュイサンス

お店 :PUISSANCE (ピュイサンス)場所 :横浜市青葉区

お店構えを見た瞬間に好きになった!ショコラティエと書いてあった、というのもテンションが上がった大きな理由だけど、どっか外国に居るみたいな店構えと店内にホレボレ。所狭しと色んなお菓子、ケーキ、パンなどが並ぶ。とても狭いのに5往復くらいした気がする…。

ケーキを2つ買い、その他ギモーブ(マシュマロ)、マカロン、キャラメルなどコンフィズリが量り売りでも売っていて、夢が広がるわー。

買ったのはババと似たようなもの。ラム酒付けされたスポンジが美味しく、お店構え同様上品な味わい。ここのお店はラインアップを見にまた何度か来たいお店の一つ。しかしアクセスがねえ…。いいなあ、ご近所さんは歩いて行かれて〜。  
Posted by kuwa_neverland at 00:16Comments(0)TrackBack(0)ケーキ | スイーツ

Neues (ノイエス)

ノイエスノイエスザッハトルテノイエスバームクーヘン

お店 :Neues (ノイエス)
場所 :横浜市青葉区
買ったもの:左から ノイエス、ザッハトルテ、バームクーヘン

ウィーン菓子のお店、ノイエス。
店構えが薄いグリーンでかわいらしい、そして目立たない…。後から調べてみると、オーナーシェフはラ・テールを立ち上げた人らしい。納得!ラ・テールはケーキもプリンも焼き菓子もチョコも美味しい。(ようするに全部か…)
小ぢんまりとしたお店には焼き菓子やドイツパン、ケーキなどが。

「ノイエス」はさっぱりとしてでも濃くのあるチーズケーキ(クレームダンジュみたいなものだった)が美味しかった。
ザッハトルテは濃いチョコレートなのだけど、そんなに甘くなく大人の味。

バームクーヘンは、なんかバナナっの匂いというか味がする、と思いながら食べていたら「卵・アーモンド・レモン・バニラ・バターなど他の材料とマッチした時焼きあがったバウムクーヘンは、まるで「バナナ」のような香りになります。」(ノイエスのホームページより)だそうで、納得。  
Posted by kuwa_neverland at 00:02Comments(0)TrackBack(0)スイーツ | ケーキ

2007年02月12日

デフェール

デフェール

お店 :デフェール
場所 :横浜市青葉区

お店の構えが素敵で、駅からとても近いのにそこは異空間。
ログハウスのような佇まいで、お店の半分はカフェでちなみに満席。カフェもテイクアウトも、両方とも列が出来ておりその人気加減が伺える。

ここではモンブラン、オレンジとチョコのケーキ、サントノーレを購入。
そしてあたしはサントノーレが気に入った!小さいシューの上にはパリパリのカラメル、中にはたっぷりクリーム。デフェールの生クリームは美味しいと思った。(あたしは生クリームがそんなに好きではないので…)

一方で、モンブランは全く駄目だった。何かあたしの苦手とする匂いのするものが入っているようで…。残念ながらパス。

ここはパンや焼き菓子も沢山あり、また訪れてみたいと思った。  
Posted by kuwa_neverland at 23:46Comments(0)TrackBack(0)スイーツ | ケーキ

ベルグの4月

ベルグ

お店 :ベルグの4月
場所 :横浜市青葉区
買ったもの:左上から カマルグ(370円)、420プティ(420円)、クレーム・ド・クレーム(340円)、カットベルグ(260円)

田園都市線のケーキ屋巡り第一弾。
このケーキ屋を知ったのはかなり前。エジプトに行きたかったあたしの参考書となった「エジプトが好きだから」の著者であるk.m.pがベルグの4月のイラストを一部担当しているのを知ってからずーっと行きたかったお店。

お店の店舗内イラストは残念ながらなくなっていたが、焼き菓子には2人(k.m.p)のイラストが。出会えてよかった。 マカロンとケーキ3つ、プリン、焼き菓子を購入。

どれも適切に素直な味で、適切に美味しかった。
特に気に入ったのが、チョコムースのような、クレーム・ド・クレーム。チョコとチーズ、ナッツの組み合わせでチョコ部分とチーズは空気のようなムースで、たまに感じる塩味が面白い。土台はキャラメルが絡めてあるナッツ。食べてて楽しく、美味しい!
  
Posted by kuwa_neverland at 23:36Comments(0)TrackBack(0)スイーツ | ケーキ

2007年02月11日

ラデュレのチョコ

ラデュレチョコ

お店:ラデュレ
場所:銀座三越(期間限定)
買ったもの:アソートチョコレート 1350円

期間限定で売られているラデュレのマカロンを目指して、銀座三越へ!
しかし12時に銀座店に着いた時はすでに売り切れ。くすん。
でも残っていたチョコを購入。これで1350円也。さすが王様。
値段設定の意味がよく分かりません。でも抗えないのは前評判とマカロンから来るラデュレへの信頼、そこから繋がるチョコへの期待。まあ、要するに食べてみたかったんだもん…。しかし、パッケージの小ささに思わず笑ってしまう。

ラデュレチョコ2中には4つのアソートチョコ。そしてこれが激ウマ〜。最近色んなチョコを食べているけど、さすがにそこらのチョコとは違う上品さ。大きさも上品だけどさー(←しつこい)。

中のガナッシュはとても滑らか、周りのビターチョコと愛称バッチシ。後味が「何が入っていたんだっけ?」というくらいさっぱり。
甘酸っぱいベリー系とチョコの2種類だと思うのだけど、原材料を見ると紅茶やはちみつ、しょうがなどが入っている。色んな味が混ざってるのに、すっきりとまとまってるのがサスガ。また食べたい!と切に思わせるチョコでした。  
Posted by kuwa_neverland at 00:18Comments(0)TrackBack(0)スイーツ | チョコレート

2007年02月03日

利休

利休1

お店:利休
場所:東京都 武蔵野市
食べたもの:ランチ

ずーっと行きたかった割烹懐石屋さん、利休。一軒屋のような佇まいのお店で、個室で頂く。テーブル席でよかった…。個室っていくらでもお行儀悪く出来るし、緊張しないから好きだわ。気に入った出汁は最後まで飲み干します。(おかげで後で喉が渇く)

利休2利休3利休4

筍を皮ごと焼いたものはアーティチョークのように姫皮まで堪能。たらのみ、フキノトウ、よもぎふなどの天ぷらなど、春満載、えぐみ満載。ああ、このえぐみで体が起きるんだなあ…。
あと煮物もおいしかったなー(もちろん出汁を飲んだ)。
次から次に出てくる食事の後は、小さな釜入りのご飯。蓋をあけると一面桜海老。生から炊いたものらしく色と香りがとても良い!一緒に出てきたぶりの照り焼きには刻んだゆずが乗っており、さわやか〜。そして赤味噌のお味噌汁とお漬物でご飯は〆。
最後はデザートとコーヒー。和食の後のコーヒーもいいなあ。他の季節にも来てみたいお店だった。  
Posted by kuwa_neverland at 00:47Comments(0)TrackBack(0)外食 

2007年02月01日

つるとんたん

つるとんたん胡麻

お店:つるとんたん
場所:東京都港区六本木
食べたもの:黒胡麻クリームおうどん

先週行ったばかりだけど、再びおうどん屋さん「つるとんたん」へ。
今度は前回目をつけていたクリームのおうどんを。 今月のおすすめ、黒胡麻クリームのおうどんに海老をトッピング。
待つこと暫し、前回同様洗面器が運ばれてきた。わーい!
そして胡麻で灰色になったスープの中には黒い塊にしか見えない胡麻豆腐が。すごく黒い…。

どんだけコッテリしてるんだろう?と思って食べてみると、案外すっきりさっぱりサラサラ。重さが全くなく美味しい。 こりゃいけるわー!1.5玉にしておいてよかったわ。

おいしい、おいしいと言いながらあっという間に食べ終わった。今でも、あれは実は1玉だったのじゃないか?と思っている…のはあたしだけではない。

次はねえ、釜玉とかあんかけ卵や納豆がいいなあ。後は親子丼!
  
Posted by kuwa_neverland at 00:38Comments(0)TrackBack(0)外食 

2007年01月27日

アンリ・シャルパンティエのマカロン

アンリ

お店:アンリ・シャルパンティエ
場所:吉祥寺ロンロン
買ったもの:マカロン8個 (各178円)

ここのお店のケーキが好きだったので、売られていたマカロンを何も考えずに買ってバレンタインにあげたことがある。
その後、ここのマカロンを食べてあまりのまずさにびっくりした。どこをとってもマカロンじゃないので。そして深く後悔。今ほど世の中にマカロンたるものが出回っていなかったので、多分その不味さはばれていないと思うのだけど…。

そんなアクシデントから早数年、店舗でもマカロンは見かけなくなった。あれをマカロンとして売るなんて有り得ないもんな。
しかしどうやら昨年10月よりリニューアルされたらしく、その評判は上々。
以前まで決まった店舗で限定販売をしていたのだけど、ようやく色んな店舗でも売り出しはじめようやく入手。

色トリドリのマカロンとパッケージがとてもおしゃれ!かわいい!
しかし以前はパッケージのかわいらしさにも騙されたからなあ…。
不信感を持ちつつ食べると、美味しくてほっとした。以前ビスケットのようなスポンジのようなメレンゲ部分もしっかりと薄くパリッと。中のフィリングもおいしい。
値段も手ごろだし、いいのでは!  
Posted by kuwa_neverland at 00:32Comments(0)TrackBack(0)マカロン 

2007年01月25日

Decadence du Chocolatのマカロン

デカダンス

お店:Decadence du Chocolat(デカダンス・デュ・ショコラ)
場所:渋谷区 マークシティ内
買ったもの:チョコ、フランボワーズ、キャラメル 各190円

会社帰りに気軽に立ち寄れるお店、デカダンス・デュ・ショコラ。
チリのチョコを買おうと思ったら、もう作っていないと言うのでマカロンを購入。めちゃくちゃ美味しかった、というものでもないが強いて言うならディーセント。
マカロンを見ると、あら、なんだか前に比べて見栄えがおしゃれになったわね。値段も上がったわね。

そして食べてみてびっくり!なんじゃこりゃ、マカロンじゃないわ!!!
まず、硬い。硬いマカロンなんて有り得ない。これは失敗作なんでしょうか?
中のフィリングはまあ、美味しいのだけど。

後から、11月よりデカダンス・デュ・ショコラのシェフがステファン・ヴュー氏に変わっていたことを知った。氏はピエールエルメの下で修行し、ロオジエや資生堂パーラーで活躍してきた人だという。しかも日本にはピエールエルメの立ち上げスタッフとして来日してるのに…。なぜー!そして残念!  
Posted by kuwa_neverland at 00:14Comments(0)TrackBack(0)マカロン 

2007年01月23日

つるとんたん

つるとんたん

お店:つるとんたん
場所:東京都港区六本木
食べたもの:牡蠣のおうどんにきつねをトッピング

お馴染み大食いランチメイト達と美味しいうどん屋という評判のつるとんたんへ。どうしても名前が覚えられない…。ここのお店は夏木マリプロデュースだという。
お店に着くと、ショーケースに並ぶうどんの器の大きさにびっくり。なじゃこりゃー!

メニューが豊富でしばし悩む。うどん、ではなく「お」うどん。ベーシックなきつねや釜あげ、そして創作系の明太子やクリーム系もある。クリーム系にもいたく惹かれたけど、結局冬のおすすめである牡蠣のおうどんにきつねをトッピング。

無料で0.5玉づつ最大3玉まで無料で増やせるそうで、それを聞いた途端全員悩んで結局1.5玉でオーダー。

運ばれてきたおうどんを見てびっくり。とにかく、でかい!まるで洗面器、出汁で顔を洗えるぜ。
関西出汁風に透き通った出汁が美味しそう。そして大きなきつね。出汁をたっぷり吸ってジューシー。 出汁の基本は昆布、うどんとマッチして美味しかった。

十分美味しいのだけど、贅沢を言えば全体的にもうちょい味が薄いともっと好み。きつねを入れたせいもあるけど、甘目。
食べ終わった後に猛烈に喉が渇いたことを考えると、やはりちょっと味が強いのかも。それを出汁の濃さで上手くカバーしている。それがまた、癖になり結構出汁を飲んでしまった。

実はお稲荷さんも一個食べている。きつね同様、甘めだけどそれも美味しい。
そんなわけで、食べ終わってから胃が破裂するかと思ったくらいの満腹感に。い、いかん。

今度はクリーム系を食べに行きたい!もちろん、一玉で。  
Posted by kuwa_neverland at 00:41Comments(0)TrackBack(0)外食 

2007年01月22日

TimTamのMint Slice Balls

timtam

メーカー:Arontt's
内容量 :180g 509Kcal/100g 
価格:600円くらい(税込み希望小売価格)

オーストラリアの代表的なお菓子、TimTam。最近TimTamをどこでも見かける。流通ルートが確立したのかしら。
そしてソニプラでTimTamの姉妹品、Mint Slice Ballsを購入。値段にびびってたじろいだけど、ちょうど買いたかったものが購入できなかった時に見たので思わず購入。

味は、全くもって想像通りのミント・チョコ・ビスケットの組み合わせ。
ビスケットの周りに薄いミント層があり、それがチョココーティングされている。
TimTamということに価値があるんだろうな。  
Posted by kuwa_neverland at 00:51Comments(0)TrackBack(0)舶来品 

2007年01月21日

ラデュレのマカロン

ラデュレ1ラデュレ2ラデュレ3

お店:ラデュレ
場所:銀座三越
買ったもの:マカロン8個セット(3150円)

世界一美味しいマカロンといえば、フランスのラデュレだと思い続けて早数年。
あの時の衝撃は今も忘れない。人がフランス(またはイギリス)に行く度に「美味しいから食べてきて!」と薦めてきたりした。

バレンタインフェアの時、ラデュレが日本に来ることがあってもマカロンがくることは無かった。少なくとも私の知っている限りでは。
それが期間限定で三越に出展していると聞き狂喜乱舞。映画「マリーアントワネット」で出てくるお菓子は全てラデュレが提供しているらしく、プロモーションも兼ねての出展。チョコのみならずマカロンも!

フェアは日曜日まで。並ぶのはともかく、走りたくないなあ。確実に入手できるのかなあ、ドキドキしちゃうなあ。どうしよう、どうしようと悩んだのだけど、何となく目覚ましをセットし、何となく出かける準備をして就寝して、目覚まし通りに起きて出かけたら、開店1時間前の9時に着いた。我ながらスゴイ!

箱を開けて更にため息。ぎっしりきっちり入ったマカロンを見ると、この箱がマカロン仕様だというのが分かる。彩りがかわいい。
そして味!バラ、チョコ、バニラ、キャラメルの4種類だったのだけどどれも美味!
中のフィリングは味が濃く、ぎっしり。周りのメレンゲ部分はさっくりさくさく、表面だけかろうじてうすーくパリパリ。
ありそうで、ないんだなあ。さすが、145年の歴史を誇るだけある。
食べている間は至福の時間。食べるとなくなるって切ない…。  
Posted by kuwa_neverland at 00:25Comments(0)TrackBack(0)マカロン 

2007年01月19日

ペルジナ・ネロ ペペロンチーノ

ペルジナ1ペルジナ2

※2006年9月19日発売開始
メーカー:ネスレ
内容量 :75g
価格:399円(税込み希望小売価格)
ニュースリリース

最近あたしの中では唐辛子入りチョコが熱い…でも韓国の唐辛子チョコにあらず。
デカダンスデュショコラのチリペッパーを買おうとしたら、もう作っていないと言う。ガーン。

そんな時、このチョコを発見!
ペルジナ・ブランドは、イタリアにて1907年に創立。ダークチョコがお得意でその力を確立したものの、ネスレの傘下に。ペルジナとして有名なのはバチのチョコ。

そんなペルジナのダークチョコシリーズが「ペルジナ・ネロ」。そしてラインアップに「ペペロンチーノ」が!これって、これって、あたしが求めていた味では〜♪

嬉々として購入。そして試食ターイム!
板チョコのブロックごとに型どられているカカオがお茶目。さすがイタリアン。
食べると濃い目のダークチョコに、ピリピリとかすかに痺れる感覚。
おいしい、おいしい!ダークさが上品だわ!そしてこのピリピリ感が後を引く。
甘くないから、しつこくなく幾つでもいける。ヤバイ。 これはリピート決定!  
Posted by kuwa_neverland at 01:18Comments(0)TrackBack(0)舶来品 | チョコレート

2007年01月17日

一蘭

一蘭一蘭2

お店:一蘭
場所:東京都港区六本木
食べたもの:ラーメンに卵をつけた

ラーメンは普段あまり食べないので、よく分からない。
でも一蘭はずっと前から行ってみたいと思っていたラーメン屋さんの一つ。
そんな中、ランチメイトが昨日ラーメン屋「一蘭」に行った話しを聞いた。会社から徒歩数分だと言う。噂には聞いていたけど、徹底して味に集中するシステムが面白い。

そして早速、仕事後にもう一人のランチメイトと一蘭へ。
食券を買い、空席ランプを頼りにあの有名な各席仕切られた空間へ。思った以上に隣と近くてドギマギ。
机の上には黄色い紙があり、麺の硬さやスープのこってり具合、ネギやにんにくの量がかなり細かく調節できる。
替え玉などの追加メニューが欲しい場合も、備え付けられている注文書を書きボタンで店員を呼んで終了。一言もしゃべらないシステム。

黄色い注文書を提出し、待つことしばし。区切られた空間の中には一蘭ラーメンに関するウンチクが所狭しと書かれていて飽きない。
そしてラーメン到着。到着と共に厨房に向かい合っていた小窓に暖簾がシャッと下ろされ三方を囲まれる形に。これは確かに集中できる。
そんな中、うりの「これは濃いわ〜」と感嘆が。

ラーメンは味が濃いにも関わらず、こざっぱりしていて脂っこさが後を引かない。味付卵も絶妙な半熟具合・塩加減でラーメンとマッチ。細麺がスープとからみ、美味しかった〜。ご馳走さま〜。
壁を見ると「味集中システム特許出願済」と堂々と貼られていた。納得。  
Posted by kuwa_neverland at 01:04Comments(0)TrackBack(0)外食 

2007年01月16日

equibalanceのマカロン

eqb1eqb2

お店:equibalance(エキュバランス)
場所:新宿伊勢丹 京都展
買ったもの:マカロン10個の詰め合わせ(1780円)

京都の美味しいマカロンのお店、ということで早速購入。あ、でも本来はフランス焼き菓子のお店。equibalanceのコンセプトは「目で楽しみ、香りを味わい、舌で感じられる。3つの微妙なバランス」。

マカロンは赤い箱に目一杯詰められていてかわいらしい。目で見ることを意識してか、ちょっと色がつきすぎのような気もするけど…。あたしの勝手な「京都」のイメージとはちょっと違う。

食べてみると結構ねっちり系。中のフィリングは濃い目の味で、好きな味はおいしい。・・・が、あたしが苦手な酸味系はその味の濃さからちょっと無理かな。でも全体的にはおいしく頂き、満足。  
Posted by kuwa_neverland at 00:44Comments(0)TrackBack(0)マカロン 

2007年01月14日

マクドナルドのメガマック

mega1mega2

お店:マクドナルド
買ったもの:メガマックセット(650円)

昨日電車に乗っていたら、前に座っていた男の人がマクドナルドの袋を持っていた。中には大きめな箱が入っているのが分かる…これってもしかしてメガマック?あたし、この人となら付き合えると思うんだよね。
家に帰ってからニュースで食べたかったミスドのもちもちくるみの販売一時休止を知る。がーん!!!!

気になっているものが食べられない衝撃の余り、気になって仕方ないメガマックはいっその事、食べておいた方が良いのでは?と思い始めた。
しかしメガマックはパテが4枚、カロリーにして一個754Kcal。ポテト(420Kcal)とのセットを食べると実に1174Kcal!!!一日分に等しい!脂質に関しては1日の必要摂取量の40%オーバー。ワオ!

一日分に等しい…ってことは、一日これ以外食べなければいいんじゃないか?と思い休日であり食事制限の出来る休日、すなわち本日早速計画実行。朝と夜は野菜のみ、昼はあくまでもセットにこだわり「ビーフ天国!メガマックセット」。650円也。買う時少し恥ずかしかった。

箱の大きさはおそらくビッグマックと同じくらい。パテ4枚分全てを一口でかじろうとすると顎の間接がパキっといった。拳が口の中に入る人なら余裕でパクつけると思う。
味はまさに想像通り。ビッグマックの大盛りみたいなもの。
強いて言えばスライストマトも入れて欲しかった。そうすればジューシー度アップなんだけどな。
さすがに最後の方は少しきつかったけど、ここで食べ切らないと女じゃない。食べ終わった後はまさに満腹。そして充実感。

とりあえず残業しちゃった金曜深夜にフラフラとメガマックを食べることはこれで回避できた。そして明日から発売になるマックグリドルが気になるわ。

しかし一旦ヘルシー方向に向かい始めたと思いきや、いやにジャンキージャンキーしてきたマクドナルド。「1食だけでカロリーを考えるのではなく、食のバランスをうまくとりましょう」(コミュニケーション部)とのこと。  
Posted by kuwa_neverland at 00:53Comments(0)TrackBack(0)その他 

2007年01月13日

ピエール・エルメのマカロン

エルメお店:ピエール・エルメ
場所:新宿伊勢丹
買ったもの:ショコラ、ローズ、バニラ(季節限定)、各210円

地味に店舗展開をしているピエール・エルメ、伊勢丹でも買える様に。そしてお店はジャンポールエバンの数店舗先。せっかく伊勢丹に来たのだから、ということで3種類を購入。察するに、あたしはローズ味が好きなんだと思う。

久しぶりに食べるピエール・エルメのマカロンは、文句なしにおいしい。
何が違うのかなあ。繊細さかな。味が素直なのかなあ。限定もののバニラも、うなってしまうバニラ味で限定なのが残念。

そんなピエール・エルメ、3月には渋谷にも新店舗を構える。通勤途中に寄れちゃうなあ、困ったなあ。うふふー。  
Posted by kuwa_neverland at 00:28Comments(0)TrackBack(0)マカロン 

2007年01月11日

欧風カレーオーベルジーヌのドライカレー

オーベルジーヌ

お店 :欧風カレー オーベルジーヌ
場所 :東京都新宿区四谷
食べたもの:ドライカレー(1365円)

会社から比較的アクセスの良い、四谷三丁目の「欧風カレーオーベルジーヌ」へ。ヒコマロがここのチーズカレーを食べ「カレーのバンジージャンプや〜〜」と言ったお店。

あたしはドライカレーを注文。辛さをオーダー出来るため、中辛を。運ばれてきたドライカレーは、輪になったご飯の周りのカレー、外側から中に流れるようにドライカレーが。ドライカレーと言っても煮詰めすぎておらず、その分素材の味が沢山。肉とフルーツと唐辛子が独特の甘辛さを出していて癖になる。

一方で車輪の外側のカレーはさらさらしているのだけど、味はコクがあり、後から辛さがじわり。
二度美味しいドライカレー。パプリカで彩られて見た目もきれい。パプリカ苦手なので、残したけど…。

一口貰ったチーズカレー(甘口)、ビーフカレー(辛口)共に濃厚な味で、おいしかった!  
Posted by kuwa_neverland at 00:08Comments(0)TrackBack(0)カレー 

2006年12月30日

エチオピアのカレー

エチオピア1エチオピア3エチオピア2

お店 :エチオピア
場所 :東京都千代田区神田(神保町)
食べたもの:ミックスカリー(野菜+チキン、1230円)、豆サラダ

3年ぶりくらいに、エチオピアのカレー。 2階のテーブル席で頂くことに。
入り口で食券を購入。カレーはレベル0から70倍まで調整でき、レベル0が中辛。あたしはレベル1をお願い。

まもなく前菜の小ぶりのジャガバター。食べていると豆サラダ。3種の豆とツナ、スパイスが丁度良くミックスされていて美味しい。豆は緑豆、ひよこ豆、あとは知らない大きくて黄色い豆。
サラダを食べ終える頃、待望のカレー登場〜!

汁気は少なく、とにかくスパイスの香りがすごい。特にクローブ。逆に言うとクローブ以外は何が入ってるんだか分からない。けど一瞬苦味を感じる位、なんか色々入っている複雑さが後を引く。
チキンは良く煮込まれてトロトロ、野菜はたっぷり、そして沢山入っているだろうスパイスを考えると、非常に健康的なカレーだと思う。

エチオピア4ご飯以外は完色。美味しかった〜。海老と豆も試したいなあ。
食べ終えると、お皿にはエチオピアの字が浮き出て(?)きてちょっと嬉しい。  
Posted by kuwa_neverland at 23:59Comments(0)TrackBack(0)カレー 

2006年12月27日

カレー革命

カレー革命

お店 :カレー革命
場所 :東京都中央区日本橋
食べたもの:カレーチャーハン(850円)、タンドリーチキン(550円)、ミックスサラダ(550円)

兼ねてから食べたいねぇと言っていた「カレー革命」へ。ここにはカレー炒飯たるものがあるのだ。 バングラディッシュ出身のシェフが中華で修行し、カレーと融合させたものらしい。 それだけでも興味深々。なんで敢えて融合を???

どしゃぶりの雨にも負けず、水天宮へ。
お店についてメニューを見て、そのバラエティ豊かな内容に一笑い。何料理屋ってわけでもないし、多国籍料理っていえばそうだけど。そんなおしゃれなもんでもないし。

お目当てのカレー炒飯、おいしかった!
カレーはスパイス沢山。さらさらしていて食べやすい。炒飯はどちらかというと湿気があるタイプ。それがカレーと合う。なんか面白い組み合わせで、無心に頂く。
しかし量が多いので、炒飯のみ完食できず。無念。

他にも色んなカレーがあって面白そうなので、また行きたいわ!  
Posted by kuwa_neverland at 23:38Comments(0)TrackBack(0)カレー 

2006年12月17日

クリスピー・クリームのドーナツ

KKKK2お店:クリスピークリーム
場所:新宿サザンテラス
食べたもの:オリジナルグレーズド(150円)、
シュガーグレーズド(170円)






アメリカで1937年から続くチェーンのドーナツ屋で、アメリカを始めとした店舗数は300近く、今や1日650万個を作っているという。作りすぎ、喰いすぎ!
しかしながらそのレシピを知っているのは世界に4人という、非常に機密に満ちたもの。
食べた人は口々にそのおいしさを教えてくれるのだけど、いかんせん日本にない!
しかしそんな噂のドーナツ屋が、12月15日に日本デビュー。しかもアクセスの良い新宿だと言う。こりゃー、行かねば、食わねば!

お店のオープンは7時。でもさすがにその時間には合わせられず、8時に家を出てお店に着いたのが8時20分。新宿駅で見回すと、誰もドーナツの箱を持っていない。どういうことだろう?せっかく新宿に来たのに、買わないのか…気が合わないわね。

しかしお店があるサザンテラスに踏み入れると、ちらりほらりと向こう側から歩いてくる人の手にはダズン入りのボックスが!ちょっとお兄さん、気が合うわね!
ドキドキしてお店に行くと、列はお店からちょろっと出ているくらい。これなら余裕〜。しかも「今出来立てあります」サインが点灯。

クリスピー・クリームを有名にしているのは、この出来立てサイン。これが灯っていると、並んでいる人に出来たてドーナツをサービスしてくれるのだ!それも丸々1個!原価が安いんだろう、なんて思ってはいけない(いや、きっと安い)。
ニコニコしてまだ温かいドーナツをありがたく頂く。私の人生初クリスピー・クリームは出来立て!その事実が嬉しい〜。
噛むとしゅわっとしており口の中でまだ固まりきっていないグレーズとともにとろける…そして最後に残るモチモチっとした瞬間。おいしい…。

俄然購買意欲が倍増。いや、3倍増。
結局20個購入、そのうち12個はダズンボックスとして友人へのプレゼント。2つはその場でイートインへ、残りは明日会社へ持っていく。

ラテと共に2階のイートインコーナーへ。
比較的空いており、ゆっくり食べられる。結局再びオリジナルグレーズドとシュガーグレーズドを食べた。シュガーは、シナモンシュガーのような細かいのを想像していたら、ジャリジャリとしたほんまもんのシュガーでちょっとToo much。
ドーナツは冷めると甘みが増すけど、それでも十分美味しい。  
Posted by kuwa_neverland at 23:13Comments(0)TrackBack(0)スイーツ 

2006年09月22日

ハワイ6日目

ハワイ最終日、帰国前日。今更のように、一日ハワイ観光を。友達のハワイ在住の知り合いが車を出してくれ、ノースショアの方に遠出。

まずはおやつの時間。

Dole Plantation
パイナップルソフトクリームとカット・パイナップルを堪能。とても柔らかく甘く、筋がなく美味しい。パクパクと食べ終える。熟れきっているからかなあ。
パイナップル1パイナップル2
















その後、待望のカキ氷屋へ!

Matsumoto Shave Ice

松本1松本2

もともとは1951年から続く雑貨屋だそうだけどここで出したShave Ice、いわゆるカキ氷が大好評で今もそれを求めて沢山のヒトが列を成す。日本のカキ氷と違うのは、コンビネーションというのがあり、それはあらゆる種類のシロップが虹のようにかけられていること。そしてシロップの量が多いということ。

10分以上待って、ようやくアイスゲット。スモールなのに大きい…。
そして食べるとアイスが細かくて味が濃くて美味しい。今胃がすごい色に染まっている…という罪悪感をちらりと抱えながら食べた。
食べ終わる頃もお店の前には行列が。そしてお店の前にあるベンチには、色とりどりのシェイブアイスを持った人たちが楽しんでいる。

その後さらに車を走らせ、North Shore海沿いをドライブ。景色以上のお目当ては、キャンピングカーが出しているお昼ごはん〜♪

海老1海老2

North ShoreのKafuku周辺は養殖海老が盛んな一帯で、あらゆるところで海老を食べさせれてくれるという。
キャンピングカーから紙皿の上に出されたのは、油とたっぷりのニンニクで炒めた海老とガーリックライス。すさまじいニンニクの匂い!美味しそう!しかしニンニクが得意ではない友人は「えー・・・」と言ったまま絶句。
香ばしくておいしかったのだけど、かなりの油量でお腹一杯、ぎっちょんぎっちょん。

最後はLeonard'sのマラサダ。

Lenonard's

何でもポルトガル発祥のお菓子で、揚げパンのようなドーナツのようなもので、大変美味らしい。ハワイ在住のおじさんに聞いたらもちろん知っていた。連れてってもらったお店は、本当に普通のベーカリー。
中に入ってケースを見ても、マラサダらしきものは無い。お店の人に聞くと、これは注文したら揚げてくれるという。揚げたて、いいねえ〜!
プレーン、シナモンシュガー、チョコレート、カスタードを注文。チョコとカスタードは、中にそれぞれ入っているタイプ。暫くして、箱詰めのマラサダが出てきた。わーい!
お昼の油を引きずりお腹は結構一杯だったのだけど、どうしても揚げたてを食べたくて1つを友人と半分コ。ふわふわしていて美味しい!これは所謂揚げパンだな。シンプルな味わい。

ハワイ最後の夜は何を食べようか〜、なんていう考えはなくなり、夜ご飯の時間はホテルで休憩。その後ABCストアで野菜サラダとお菓子、お酒を買って部屋で名残惜しくも最後の宴会。  
Posted by kuwa_neverland at 22:40Comments(0)TrackBack(0)旅先 

2006年09月21日

ハワイ5日目

アラモアナ・ショッピングセンター内のフードコートにてお昼。
ピザかなあ、メキシカンかなあ、テックスメックスかなあ、中華かなあ…色々あって悩むのだけど結局のところハワイ料理に落ち着く。


モールAla Moana Poi Bowl
ハワイセットのプレートランチを。なんだか不思議なものが多かった。米粉でできたヌードルは程よい味付けで美味しかった。それ以外は基本的にシンプルな塩味の味付けでしかも濃い。
濃いのだけど、カップで一緒についてきた味のないどろっとした液体と一緒に食べると丁度良い感じ。このどろっとしたもの単体ではとても食べられない代物なのだけど。
ブラジルなどもそうだけど、暑い国・農作業を主体とする国は味付けが塩っぽい。生きていく知恵なので、旅行者がそれに文句をつけちゃいかんとは思うのだけど。


夜ご飯は行ってみたかったお店、サムチョイズ!ハワイ料理をベースに色んなテイストを加えたいわゆるFusion料理。

サムチョイズ
思った通りに全てが美味しく、見た目が美しい。手が込んでいるのが分る。結局最初から最後まで美味しい、美味しいの連呼。今までデザートは時間を置いて別のお店で食べたり買ったりしていたのだけど、ここでは最後のデザートとコーヒーまで戴いた。また接客も良かった。色々と食べてみたいのだけど胃袋の大きさは変わらず残念。

サムチョイ1付け出しのパン
パンは普通に美味しいのだけど、それ以上に美味しくてびっくらこいたのがパンにつけるディップソース。何だか忘れたけど、とにかく美味しすぎて食べ過ぎたのだけはしっかり覚えている。あのパンとディップさえなければ、もっとメインを食べられたのだけど…。なんだっけなあ、あれ。不覚だ。






サムチョイ2サムチョイ3

スターター(上左)は、ポキとアボカドのパフェ。わさびで味が整えてある。ご飯も入っていて、オリエンタルをバリバリ意識。
そしてサラダとスープ(上右)。
サラダはちょっとスパイシーで、クラッシュナッツとスイートチリのドレッシング。どうしても野菜不足に陥りがちなので、野菜が沢山採れて良かった。
スープはSoup of the Dayで、チキン出汁が効いているとても優しい味。野菜の味がほんのりするのだけど、ココナッツベースで甘い目。

サムチョイ4サムチョイ5

メイン(上左)は、チキンの胸肉に砕いたマカダミアナッツをまぶして焼いたもの。キノコのホワイトクリームとパパイヤの2つのソースがついてくる。2歳児、大きなおにぎりに大喜び。チキンの周りのマカダミアナッツが香ばしく、美味しかった。しかしさすがに量が多かった。
デザートはパイナップルチーズケーキ。アメリカ的にげろ甘いのか!?と不安になったけど、全くもってそんなことはなく、さっぱりしていて美味。土台となっているクラムも平らげる。

アメリカ的味付けにうっときていた時期だけあって、Fusion料理で癒された〜。  
Posted by kuwa_neverland at 21:55Comments(0)TrackBack(0)旅先 

2006年09月20日

ハワイ4日目

ホテルで朝ごはんを食べてゆっくりしてから、Ross Dress For Lessへ行き広い店内をくまなく散策。とにかく色んな理由で集められた洋服やら雑貨やらがお手頃価格で売られている。商品は広い倉庫のようなお店にだーっと並んでいるので探すのだけでも面白い。その後お店の近くのWalMartへ行ったりしてたら、おやつ時に。

どうせおやつ時なら、一旦休んでから夕飯を食べてしまおう!ということで早いお夕飯を食べることに。待たずに好きなお店に入れるし、食べる事がメインなあたし達には効率的な動き。
ハワイアン、アメリカンばかり食べてきたので箸休めをしようということで、今回はタイ料理。箸休めといっても、決して日本料理には行かないのがミソ。友人がハワイに来ると必ず食べるというKeo'sに決定。

Keo's
タイ料理といってもハワイをベースに3店舗を展開するお店。どちらかというとちょっと甘い目でクリーミー。それでもスパイシーなところはやっぱりタイ料理!パンチの効いた料理は久しぶりで大満足〜。

タイ1本日のおすすめサラダ
海老とホットチリソース、野菜とミントなどのハーブが沢山のサラダ。
スパイスが効いていて旨い!とにかく野菜に飢えていたので、青い野菜が嬉しい。とにかくパクつく。ビタミン確保。
体が野菜を求めている感じがよく分かった。そういう感覚は特別なものではなく、長谷川理恵じゃなくても、分かるのだ。




タイ2パッタイ
タイ料理といえば、パッタイだー!ということでオーダー。
しかしこれはちょっと失敗。
期待したより甘い目で、油も多い目。
あたしはパッタイに外れることが多い。結構お店によって味が異なるものなのかもしれない。






タイ3パナンカレー
ココナッツベースのタイカレー。レモングラスなどのスパイスが沢山。
そしてホタテと海老がマッチ。彩り以上の役割を果たすグリーンピースも味が染み込んでいて美味しかった!
やっぱりカレーはいいなあ。基本的にココナッツが効いていて甘い目なんだけど、後から辛味が追ってくるのはいつものこと。甘味と辛味のバランスが良くて、美味しく戴いた。



味も良かったけど、お店の人も人はとてもフレンドリーで居心地が良かった。二重丸〜。

しかしその美味しさも冷めぬうちに、再び病院に行き症状が治らない膀胱炎の再検査。やはり未だ感染中ということで他の薬を処方してもらった。これで治りますように!  
Posted by kuwa_neverland at 00:22Comments(0)TrackBack(0)旅先 

2006年09月19日

ハワイ3日目

朝ごはんをゆっくり食べて、お昼はロイヤルハワイアンの中にあるスパ、アバサへ。ここでたっぷり2時間過ごす。1時間は全身ロミロミ、1時間はフェイシャル。ぐはー、心身ともに栄養がたっぷり。極楽、極楽。

スパから出たのは3時くらい。通常ならここで早速おやつタイムなんだけど空いたお腹をぐっと我慢し、4時から夕飯を。というのもいつ行っても長蛇の列であるThe Cheesecake Factoryで食べるため。おやつの時間も終わり、夕飯にはまだ早い時間だったのでさすがに並んでる人は少なく、待ち時間10分程で入店。ラッキー♪

The Cheesecake Factory
アメリカ・デトロイトで1940年代からチーズケーキの販売を始め、その後1971年にロサンゼルスに移り卸ビジネスに。その後リテールを経て1978年にレストランを創業し今は全米に103店舗を持つチェーン店にまで発展。いわゆるアメリカンドリームの代表格。カジュアルダイニングの中ではトップグループに位置し、一番人気というデータも。会社としては2005年は売上120億円、対前年成長率22%(The Cheesecake Factoryのレストランだけでは+1.6%)と今も順調に成長中。

それを裏付けるようにいつもお店の前を通ると、人だかり。しかもみんな美味しそうなモノを食べている!絶対にここで食べるぞー!という期待のもと、お腹を空かし時間も調整していざ出陣。
勿論、入り口にあるチーズケーキのショーケースは事前調査として覗いており興奮済み。とにかくでかい、そしてすごい種類。ここまで徹底するか!?という位のアメリカン・テイストなチーズケーキ達。待っててねーん。

しかしメニューを見て迷いまくりで決まらない。とにかく、とにかく豊富すぎて何を頼めばいいのか全く分からなくなる。それもそのはず、食事メニューは200種類以上、デザートは50種類以上ある。しかもフュージョン系が多く、ワクワクする。誰か胃袋貸してくれ!結局厳選されたのは以下の品々。

CKFBUFFALO WINGS
見たら食べてしまうバッファローウィング。すっぱ甘い辛いソースが最高。
そしてここのチキンは今まで食べた中でもかなり上位に位置づけされる位の美味しさ!手をべとべとにして、食べる食べる。
一緒に出てくるブルーチーズのディップがアメリカン。辛い味付けがこれでかなりまろやかになり、再び次のスティックへの食欲と意欲が沸く。
ブルーチーズやランチのドレッシングやディップ、もっと日本で普及してくれないかなあ、と切に願う。




CKF3LUAU SALAD
とにかくボリュームがすごいサラダ。
運ばれた瞬間歓喜の悲鳴をあげてしまった。しかし見た目だけではなく、中身も手がこんでいる。レイヤーになったクリスピーなワンタン生地の間にチキンやら野菜やら豆やらがふんだんに入っている。それも緑黄色野菜を使い色目もきれい。
胡麻やピーナッツも入っており歯ざわりが楽しい。






CKF2LOCO MOCO
ハワイ限定メニュー。あたしの人生初ロコモコ。どんっと置かれたボールの中にはデミグラスソースのかかったご飯に目玉焼きがポン。ロコモコだー!
これもまた美味しく、デミグラスソースもありきたりではなくてモリモリ食べられる。見た目どおりの味といったら、そうなんだけど…。初ロコモコが美味しいもので、良かったと一安心。





CKF4CKF5










GODIVA CHOCOLATE CHEESECAKE &
LEMON RASPBERRY CREAM CHEESECAKE

うひょー!待ちに待ったチーズケーキ。しかし大きいぞ、そして結構お腹一杯だぞ。
でも食べるぞ!
まずはゴディバのチーズケーキ。想像するだけでも頭がチョコレート色に。そして食べてみると濃厚なチョコとチーズケーキ独特の酸味がマッチしてきちんとチーズケーキ的な風味が出ていて満足。どちらかが強すぎても嫌だもん。
レモンラズベリークリームは、ゴディバの甘味に対抗すべくオーダーしたものだけど、残念ながらそれ以上に甘かった気がする。生クリームはいらないかな。それでもこちらもかなりの量を食べたのだけど。


結果的に、バッファローウィング以外の全ては食べきることが出来ず、お持ち帰りに。お持ち帰り制度はいいよなー。無理して食べなくて済むもん。しかしDoggy bagという言い方は何とかして欲しいと常日頃思うのだけど。

The Cheesecake Factoryには大満足。味は濃い目だけど決して大味ではなかったのが良いのかもしれない。ただ量が多いから、大味に感じてきてしまうのはあるのかもしれない。大勢で行って、沢山頼んでちょっとづつ食べるのが大正解だと思う。

The Cheesecake Factoryの新業態で高級バージョンのGrand Lux Cafeにも興味津々。Bento Box of the Dayが気になる。しかし現在アメリカ本土に7店舗のみ。今年は3店舗増えるらしいけど、アメリカに行く予定がない…。  
Posted by kuwa_neverland at 00:07Comments(2)TrackBack(0)旅先 

2006年09月18日

ハワイ2日目

昨晩、嫌な予感はしていたものの見事膀胱炎勃発。夜中の2時に病院に駆け込んで薬は貰ったものの、効きはイマイチ…。
夜中バタバタしていたもんだから、大寝坊してホテルの朝ご飯をミスった。そこでどこにでもあるABCストアにて朝ごはんを買って部屋でむしゃむしゃ。

スパムスパム握りとコナコーヒー
切ったスパムをおにぎりの上に置いて、海苔で巻いたもの。誰でもできるけど、普通作らないわな。スパムの塩気がご飯と合って、見た目どおりの味。もちろん美味しい。この写真を見た奄美出身の義妹が「これ地元にある」と言っていたが。

コーヒーはマカダミアのフレーバー。甘い匂いがハワイチックでいい。コナコーヒーは香ばしくて美味しい。ハワイに居る間はずっとコナコーヒーを飲み続けた。






Cold Stone Creameryのアイスクリーム
日本では大行列でまだ食べていないあたしにとっては幻のアイス。これが泊まっていたホテルの中にあったから、もう大はしゃぎ。日本と違って全く列が出来てないのも嬉しい(というか、スカスカ)。
しかしあまりのボリュームにびびって写真を撮り損ねた。サイズはLike it、Love it、Gotta Have itの3種類。しかしLike itでもすごい大きさ。気分的にはGotta have it!なんだけどさ。大人二人でようやく食べきれるかどうか。メニューがまた面白い。食べたのはベリーたっぷりの"Very very good"、
ベースとなるアイスを大理石の上で刻んでトッピングをどばっと乗せて、また混ぜて出来上がり。やっぱりベースとなるアイスが美味しいので、どんな味でも美味しい〜。

ロイヤルハワイアンのディナーショー
フラダンスを観たい!ということでピンクのホテル、ロイヤルハワイアンのディナーショーへ。ディナーはビュッフェスタイル。入った時間が結構遅かったのだけど、何とか席を確保。庭に入るとボーイさんがレイを首にかけてくれる。
ビュッフェはハワイ料理が主。メジャーなものはここで食べられたのでは。味も濃すぎず、薄すぎずで美味しかった。
そして途中からはフラダンスに夢中。思ったより激しい動きで目を奪われる。そして男子のフラダンスがとても雄々しくて惹かれた。いい体!
デザートはケーキ、タルト、ババロアと何種類もあったけどいわゆる大味なので、一口づつ食べれば満足。もちろん全種類試してみたけど。  
Posted by kuwa_neverland at 00:45Comments(0)TrackBack(0)旅先 

2006年09月17日

ハワイ1日目

待ちに待った夏休みー!もう秋だぜ?という意見もあったけど、常夏ハワイに行くから夏休みなのだ!
ハワイは初上陸。30カ国行った末、なぜ今更ハワイ!?とよく聞かれたけどそこは運とタイミング。そもそもリゾート旅行も最初からホテルを予約していく旅行も初めてなので、気分はピクニック。食べるぞー、食べるぞー!

…そう意気込んでいたのだけど、夏休み2週間前から体調をあちらこちら崩し、胃腸も体も荒れ放題。最終的には味覚まで失う始末。どうしたことか。
どうにか体調は持ち直したものの、決定的だったのは量が食べられないということ。食べ過ぎると苦しくなる…致命的だ!でも味覚は戻ったし、贅沢は言わない。とりあえず行くぜい。

そんなわけで、ハワイ。着いたらまだ午前中なのに暑くてそれだけで嬉しくなる!夏さいこー。お腹空いたねー、と言いながらハワイ一食目。

CBIPCBIP2










Cheeseburger in Paradise
素敵な名前だ…。やっぱりチーズバーガーでしょう!ということでチーズバーガーとハワイアンサラダを。暫くたってから、バスケットに入った大きなバーガーに大興奮。パテの上には溶けたチーズが。そしてトマトとオニオンの輪切りもダイナミック。肉がジューシーで美味しい!バーガーはこうでなきゃな。
とりあえず半分ずつになっているバーガーを合体させて、半分にしてモリモリと食べる、食べる、食べる。
サラダは、とにかくチョップされた野菜がてんこ盛り。すごいボリューム。美味しいとか美味しくないの次元の前に、とにかく食べても食べてもなくならない。
久しぶりにアメリカンサイズを思い出した。

BBG1BBG2BBG3










Bubba Gump
夜ご飯はアラモアナショッピングセンター内にある、ババガンプへ。
映画フォレストガンプがモチーフになっているそう。お店の中はかなり元気な造りになっていて楽しい。ちょっと早い時間に着いたので、お店の入り口で1時間後の予約を取ったのだけど、時間通りにお店についたら、そのまま列の最後尾を案内されたのであまり意味がなかった気もする…。
各テーブルにはプレートが置いてあり、店員さんを呼びたい時はプレートを「Run Forrest Run」にすると走ってくるとか来ないとか。
オーダーしたのは、見た目びっくりのオニオンリング、クラムチャウダー、サラダ、フライの盛り合わせ。揚げ物が続いたせいか、すぐにお腹が一杯に。味は全体的に濃い目で見た目どおりの味。勿論ビールも飲んださ!カクテル類は甘めだけど、大きさと見た目が楽しいのでジュース感覚でゴクゴクいける。アメーリカ。  
Posted by kuwa_neverland at 01:04Comments(0)TrackBack(0)旅先 

2006年09月10日

北海道フェア

デパートの北海道フェアにふらりと足を伸ばした。
広告に掲載されていたトマトジュースに惹かれて。どうも最近体調がイマイチなので惹かれたのかもしれない。
そこでフラフラと購入したものは以下の3つ。
どれも大正解〜!

北海道トマトフルーツトマトジュース(糖度7度)
他にも糖度の高いものがあったのだけど、今度はドロリとして飲みにくくなってしまう気がして7度で。あと、やっぱりトマトだしちょっとした酸味が欲しい。毎朝これをごくごく飲んで、かなり満足な毎日を過ごした。
それにしても市販のトマトジュースって塩が入っているものが多く、結構飲めない。なんで塩を入れるんだー!






北海道プリンふらの牛乳プリン 263円
フラノデリスのプリン。とにかく美味しい、牛乳が美味しいからかしら。
久しぶりにトロトロ系のプリンを食べた。といってもそこまでトロトロしておらず、ちゃんと卵らしい固さもあって二重丸。カラメルの苦さもマッチして、また見かけたら食べてしまうだろうなあ。






北海道スフレスナッフルズのチーズオムレット 8個入り1,050円
見たことはあったけど、食べたのは初めて。試食が出ていて食べたらその口どけの良さに思わず購入。丁度出かける予定があったので手土産で持参し大好評だった。
とにかくしゅわっと口どけがまろやか、酸味と甘味とコクが絶妙〜!
しかもとても手頃なお値段。大変気に入りました。

  
Posted by kuwa_neverland at 23:01Comments(0)TrackBack(0)その他