エンタの神様 クワバタオハラの謝罪

スポンサードリンク
2005年9月10日に初出演した二人だが、この時にカンニングの竹山の芸を真似たような行為(くわばたさんがキレて「おっぱい見せます!」と言って脱ぐ)をした。
これを受けて、2005年10月29日に二人が再び出演した時に謝罪を行った。
まず第一点はカンニングのパクりでないこと。前回出演の際に行った好意が「カンニングのパクり」という批判が多かったため、きっぱりと否定されました。
そして二点目が前回の騒動に対しての謝罪です。これはくわばたさんが坊主頭にして謝罪されてました。相方の小原さんには、おそらく前もって伝えてなかったと思われます。
(小原さんが驚いておられて、次の日の収録をかつらでやるのか?と聞いていたので)
最後は
「公共の電波を使って無茶苦茶にしてしまった事スミマセンでした」
というようにお二人がきっちりと頭を下げて謝っていました。
もちろん、謝れば良いというわけではないが、個人的には誠意を持って謝った(と見えた)ので良いかと思います。必死さがひしひしと伝わってきました。
番組スタッフの謝罪が無かったのが残念。やはり放映している責任として誤らなければならないと感じる。