空を見上げて
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

三重県の建設業許可の申請・相談窓口

三重県の建設業許可の申請・相談窓口の一覧です。カッコ内が管轄地域です。

◆三重県桑名建設事務所
〒511-0068 三重県桑名市中央町5丁目71 Tel(0594)24-3661
(桑名市、いなべ市、木曽岬町、東員町)

◆三重県四日市建設事務所
〒 510-0064 三重県四日市市新正4丁目21-5 Tel(059)352-0665
(四日市市、菰野町、朝日町、川越町)

◆三重県鈴鹿建設事務所
〒 513-0809 三重県鈴鹿市西条5丁目117 Tel(059)382-8680
(鈴鹿市、亀山市)

◆三重県津建設事務所
〒 514-0003 三重県津市桜橋3丁目446-34 Tel(059)223-5200
(津市)

◆三重県松阪建設事務所
〒 515-0011 三重県松阪市高町138 Tel(0598)50-0577
(松阪市、多気町、明和町、大台町)

◆三重県伊勢建設事務所
〒 516-0035 三重県伊勢市勢田町622 Tel(0596)27-5197
(伊勢市、玉城町、南伊勢町、大紀町、度会町)

◆三重県志摩建設事務所
〒 517-0501 三重県志摩市阿児町鵜方3098-9 Tel(0599)43-5125
(鳥羽市、志摩市)

◆三重県伊賀建設事務所
〒 518-0823 三重県伊賀市四十九町2802 Tel(0595)24-8200
(伊賀市、名張市)

◆三重県尾鷲建設事務所
〒 519-3666 三重県尾鷲市坂場西町1番1号 Tel(0597)23-3526
(尾鷲市、紀北町)

◆三重県熊野建設事務所
〒 519-4324 三重県熊野市井戸町371 Tel(0597)89-6142
(熊野市、御浜町、紀宝町)

建設業許可申請、建設業許可決算変更届出についてお困りお悩みの方は、ぜひ行政書士にご相談下さい!


〜 行政書士高野法務会計事務所 三重県桑名市長島町葭ケ須207番地 0594-42-1102 〜

kuwana_kensetukuwana_kensetu  at 18:42  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

三重県の建設業許可申請(法人の場合)のポイント(知事・一般許可)

法人(会社)の方が、三重県の建設業許可(知事・一般)申請をする際のポイントです。

まず第一に、法人の常勤役員(取締役)に経営業務管理責任者としての経験がある方がいるかどうかです。許可を受けようとする建設業種において、仝朕融業主を5年以上した、又は建設業をしている会社の役員(取締役)を5年以上した、という経営者としての5年以上の経験の方が役員(取締役)に必要です。

ちなみに、,慮朕融業主5年以上の経験は、確定申告書や工事実績を証明する書類(請負契約書や、請求書と領収証、注文書と請書等工事内容がわかる書類)で証明する必要があり、△硫饉厂魄5年以上の経験は、法人税の申告書やその会社の履歴事項全部証明書・閉鎖事項全部証明書等の役員登記を証明する書類、工事実績を証明する書類(請負契約書や、請求書と領収書、注文書と請書等)で証明する必要があります。△両豺腓蓮¬魄をしていた会社が建設業許可を持っているときや過去に持っていたときは、一部書類を省略できるケースもあります。

もし、申請しようとする業種以外の建設業をしていたという経験の場合は、この経営者としての経験は、5年以上ではなく7年以上必要です。例えば、建築一式工事を申請したいが建築一式工事の経験はなく土木一式工事の経験が7年以上あるといったケースや、管工事を申請したいが管工事の経験はなく、大工工事の経験と舗装工事を足して7年以上あるといったケースです。

次に、専任技術者としての資格や経験がある方がいるかどうかです。許可を受けようとする建設業種において、10年以上の実務経験、又は高校所定学科卒業後5年以上か大学所定学科卒業後3年以上の実務経験、又は7設業法や建築士法、技術士法等の法令で定められた専任技術者として認められる技術者資格、がある専任技術者が必要です。この専任技術者は、申請法人の常勤役員以外でも、常勤雇用している従業員の方がなることも可能です。

ポイントは、実務経験とは、建設工事の施工を指揮、監督した経験及び実際に建設工事の施工に携わった経験で、単なる事務や雑用は実務経験に該当しないという点です。

専任技術者の証明は、資格証のコピー、卒業した学校発行の卒業証明書、工事実績を証明する書類(請負契約書や、請求書と領収証、注文書と請書等工事内容がわかる書類)で資格や経験を証明します。

さらに、税務申告済の財務諸表の自己資本の額が500万円以上であること、又は500万円以上の資金を調達する能力を有することが必要です。取引金融機関発行の500万円以上の預金残高証明書や融資証明書等が必要です。

ポイントは、基準日が申請直前2週間以内のものでないといけないので、書類が整って申請できる状態になってから発行してもらった方が良いという点です。また、新設法人の場合は資本金を500万円以上にした場合は、一定期間内であればこの残高証明書や融資証明書等を免除されるケースがあります。

この他、建設業をする営業所の使用権があるのかどうかや、欠格事由に該当していないどうかも確認されます。また、経営業務管理責任者、専任技術者は常勤でないといけませんので、住民票や社会保険証のコピー等で常勤性も確認されます。

建設業許可申請についてお困りお悩みの方は、ぜひ行政書士にご相談下さい!


〜 行政書士高野法務会計事務所 三重県桑名市長島町葭ケ須207番地 0594-42-1102 〜

kuwana_kensetukuwana_kensetu  at 22:24  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

三重県の建設業許可申請(個人事業主の場合)のポイント(知事・一般許可)

個人事業主の方が、三重県の建設業許可(知事・一般)申請をする際のポイントです。

まず第一に、経営業務管理責任者としての経験があるかどうかです。許可を受けようとする建設業種において、仝朕融業主を5年以上した、又は建設業をしている会社の役員(取締役)を5年以上した、という経営者としての5年以上の経験が必要です。

ちなみに、,慮朕融業主5年以上の経験は、確定申告書や工事実績を証明する書類(請負契約書や、請求書と領収証、注文書と請書等工事内容がわかる書類)で証明する必要があり、△硫饉厂魄5年以上の経験は、法人税の申告書やその会社の履歴事項全部証明書・閉鎖事項全部証明書等の役員登記を証明する書類、工事実績を証明する書類(請負契約書や、請求書と領収書、注文書と請書等)で証明する必要があります。△両豺腓蓮¬魄をしていた会社が建設業許可を持っているときや過去に持っていたときは、一部書類を省略できるケースもあります。

もし、申請しようとする業種以外の建設業をしていたという経験の場合は、この経営者としての経験は、5年以上ではなく7年以上必要です。例えば、建築一式工事を申請したいが建築一式工事の経験はなく土木一式工事の経験が7年以上あるといったケースや、管工事を申請したいが管工事の経験はなく、大工工事の経験と舗装工事を足して7年以上あるといったケースです。

次に、専任技術者としての資格や経験があるかどうかです。許可を受けようとする建設業種において、10年以上の実務経験、又は高校所定学科卒業後5年以上か大学所定学科卒業後3年以上の実務経験、又は7設業法や建築士法、技術士法等の法令で定められた専任技術者として認められる技術者資格、がある専任技術者が必要です。この専任技術者は、申請者本人以外でも、常勤雇用している従業員の方がなることも可能です。

ポイントは、実務経験とは、建設工事の施工を指揮、監督した経験及び実際に建設工事の施工に携わった経験で、単なる事務や雑用は実務経験に該当しないという点です。

専任技術者の証明は、資格証のコピー、卒業した学校発行の卒業証明書、工事実績を証明する書類(請負契約書や、請求書と領収証、注文書と請書等工事内容がわかる書類)で資格や経験を証明します。

さらに、確定申告済の財務諸表の自己資本の額が500万円以上であること、又は500万円以上の資金を調達する能力を有することが必要です。取引金融機関発行の500万円以上の預金残高証明書や融資証明書等が必要です。

ポイントは、基準日が申請直前2週間以内のものでないといけないので、書類が整って申請できる状態になってから発行してもらった方が良いという点です。

この他、建設業をする営業所の使用権があるのかどうかや、欠格事由に該当していないどうかも確認されます。また、経営業務管理責任者、専任技術者は常勤でないといけませんので、住民票や社会保険証のコピー等で常勤性も確認されます。

建設業許可申請についてお困りお悩みの方は、ぜひ行政書士にご相談下さい!


〜 行政書士高野法務会計事務所 三重県桑名市長島町葭ケ須207番地 0594-42-1102 〜

kuwana_kensetukuwana_kensetu  at 22:20  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

桑名建設業サポートセンターPR動画

桑名建設業サポートセンターのPR動画です。



kuwana_kensetukuwana_kensetu  at 17:06  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

三重県北勢地域の建設業者さんをサポート!


 当事務所では、三重県桑名市、いなべ市、四日市市、鈴鹿市、木曽岬町、東員町、朝日町、川越町、菰野町を中心とする三重県北勢地域の建設業者さんの建設業許可申請経営事項審査申請等建設業に関わる事務手続きをサポートしております。もちろん、三重県内ならどこでも対応可能です。

 お気軽に 0594−42−1102 までお電話下さい。

 事務所のホームページは http://takano-houmu.com/ です。

 三重県民限定無料メール相談⇒三重県民限定無料メール相談はこちらをクリック!

 参考HP
 建設業のための広場(三重県 県土整備部)
 日本行政書士会連合会
 三重県行政書士会


 桑名行政書士.com
 桑名介護ビジネスサポートセンター
 桑名会社設立サポートセンター
 桑名契約書サポートセンター
 桑名内容証明サポートセンター
 桑名相続手続サポートセンター
 桑名建設業サポートセンター
 桑名産業廃棄物収集運搬業サポートセンター
 桑名車庫証明代行センター
 三重県桑名市の釣りキチ行政書士奮闘記

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★☆

三重県行政書士会 桑名支部所属

行政書士高野法務会計事務所

行政書士  高野 雅史

〒511-1124 三重県桑名市長島町葭ヶ須207

TEL:0594-42-1102

FAX:0594-42-0753

E-mail: info@takano-houmu.com

★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

CopyRight(C) 2008 行政書士高野法務会計事務所 All Right Reserved


kuwana_kensetukuwana_kensetu  at 06:12  |  この記事をクリップ!