というわけでスラスターの続きです。

続いて手を入れるのはこちら

DSC_0257
肩についてるスラスター。
一体成型な上に金型の抜きの関係で形が再現されてません。



DSC_0259
とりあえずまたリューターやらヤスリやらデザインナイフやらでなんやかんやして削り取ります。



設計図

設定画や実物から計測した形を設計図に起こします。
使ってるのはDraftSightっていうフリーで使えるCADソフト。
AutoCADと互換性があって、AutoCADの下位互換ぐらいな感じ。

設計図ができたら、これをプラ板にシャーペンで書き込んで切り出します。

DSC_0281
いずれはCADデータを印刷してカーボン紙とかでプラ板に転写して・・・とかやりたいですね。
今回なんでやってないかっていうとプリンター持ってないからです。


DSC_0282

各形状を1枚ずつ切り出したら、それをガイドにして必要枚数揃えます。


DSC_0298
出来上がったものがこちら。
マイナスモールドが元のパーツのハードポイント裏にハマるようになってます。

DSC_0286
スラスター内部はエバグリのスリットプラ板で別パーツにしてます。
僕はマスキング苦手おじさんです。
別々に塗装した後接着します。


あとの雑多なところはまた次回。