そのまんまです

DSC_0495


出張続きで作業が進まないのでマテリアル紹介でもしようという企画です。

僕はサフは基本的にガイアノーツのエヴォを使うマンです。
結局個人の好みになるので別に猛プッシュするわけでもないですが。

で、缶スプレーでのラインナップに留まってたカラー版が瓶でもラインナップされたので使ってみようという次第。

昨今のというか、僕が塗装だのに手を出した頃からは隠ぺい力の優秀な塗料が出だしたのであまり気にしなくていいと思いますが、僕は基本的にサフの上に下地色を塗ります。
これも直塗りと直接比較をしたわけでもないんですが、やっぱり下地を作ったほうが発色が良い気分になります。

しかし下地を作ると塗膜が厚くなるなーってことでサフで下地色を作ってしまえということですね。

ホワイトサフにガイアやクレオスから出ている純色を混ぜる方法もありますが、サフの成分を薄めることになるのでサフの本来の機能を損ないそうですし。
あとは塗り重ねる回数を減らす=パーツを溶剤が侵す頻度が減るので強度確保にも繋がるかも。

ちなみに僕はパテやプラ板で造型を行ったパーツには一度捨てサフとして缶サフを塗って状態を確かめ、ヤスリ掛けのみのパーツはいきなり本サフを塗ってます。


前置きが長くなりました。早速やっていきましょう。

DSC_0497

塗りました。
左からレモンイエロー/スカイブルー/パステルピンク/ガンメタ
トリガータイプのハンドピースで3回吹き。

カメラの色補正の問題で、実物はもうちょっと淡いです。

マットな質感はいつものエヴォサフです。
ピンクはともかくイエローは出番が少なそう。
調色して緑サフとかオレンジサフを作るようでしょうか(そこまでする人いるかな?)
僕は黄色は塗る面積がいつも少ないのでだいたい下地を白にしてしまいますが・・・

スカイブルーはいつも僕が青系の下地に使うファンデーションブルーよりも赤みが強くて濃い印象(切らしてたので比較ができませんでした。うむ)
インディブルー系よりかはコバルトブルー系やコバルトブルーを基本にしたスカイブルーの下地で出番が多そう。
僕はパステル調に塗ることが多いので期待大。
フィニッシャーズのラベンダー大好きマンです(ちなみに、この色自体はグレーサフの上からでもきっちり発色する隠ぺい力の高さを誇るようです)

ガンメタはメタリックカラーなのに艶消し+一般的なメタリックカラーに比べて粒子が大きめ。艶消しなのに結構派手目な印象です。
あと心なしか乾燥時間が長い。
ここは好みでしょうか。この粒子っぽい質感が好みの人はフレームの差し色にガンガン使っていけると思います。
多分僕は今まで通りグロスブラックを下地にメタリックカラーを塗ると思います。。。




以上、レビューにもならない感想を徒然なるままに書き記す企画でした。
スカイブルーはイエローで調色してアルトロンの下地に使う予定です。
そこまでする人いるかなとさっき言ったな?俺だ。