変更申請後の局免届く
その後
いろいろ忙しくて、JARDへ確認保障申請を出すのに、時間がかかっていましたが
やっと申請しました。
jard申請_R


やってから、思ったこと。

web申請が、その場で簡易チェックもされるため、一番簡単なように思えます
私もその方法を使いました。
が、・・・
これでやると、申請前のスクリーンショットを保存しておかないと、手元に控えが無くなります。

無くなりました (汗;

入力した元ネタは、手元にあるので、その情報を整理する意味で、結局Excelシートに記載し
2度手間となりました。


そして、もし、今回とりあえず、絶対残す無線機を申請し、あとで残りを申請するか検討した結果、再度、申請する場合、再び、全無線機の情報を入力する必要があるため、面倒にことになります。

もし、2度に分けて申請する予定がある方は、専用書式のExcelシートを作成しメールで送付する方法で行った方が、
次回の申請が楽になります。

私は、使わないと思われる無線機を勢いで、撤去申請してしまい、売却を考えてますが、ちよっと早まったかなぁと後悔。
売ったあとでもよかったかなぁ。
ヤフオクとかも、出品となると、なかなか手間なので、やっぱり、使うかと思えば、今度はTSSの保障認定を通して、また戻すかもしれません。

FT-991の430MHz帯に 50Wのリニアを付けられるようにしたい。
ベアフットで50W出るリグになんで、その必要がある?
それは、色々な局が語っているとおり、FT-991は、430MHz帯に耐久性がなく、
50W出力のFMでコンテストでも出たら、ファイナル飛ぶらしい。
だから、本体からは10Wしか出さずに、リニアで50Wにしたい。
リニアを付加装置でつけるには、保障認定通すしかないので、そのついでかな

当面は、FT-991では430MHzは20W以下で運用か、既にリニア付きで免許が下りているFT-857やTR-851Dで、+ 50Wリニアという組も合わせでの運用することになる。




■他にもアマチュア無線関係の面白い記事あります■
下記ボタンを"ポチッ!"と、おねがいします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村