信州伊那谷トレラン日記

長野県駒ヶ根市の柔道整復師のブログです。 治療のこと、トレーニングのこと、トレイルランニングのことなどいろいろ書いています。

2012年04月

東丹沢宮ヶ瀬トレイルレース報告!!

東丹沢宮ヶ瀬トレイルレースの報告です。

今回のコースは、頂上まで登って下りてくるピークハント型のコース。
前半10㎞と中盤5㎞後半5㎞がロードという、トレイルレースというよりは、
ロード+トレイルというコース設定。
couse

当日は雨の予報でしたが、スタート前は曇りでまだ降っていませんでした。
気温は7℃、ちょっと肌寒いけれど、走れば調度よくなる感じ。
ウエアリングを迷ったすえに、上はロングスリーブにTシャツ、
下はショートスパッツにショートパンツに決定。
DSC_0198

レース開始直前、選手が集まってきます。
DSC_0196

今回は、患者さんでもある中村選手と一緒に出場。
中村さんは、年間のシリーズ戦で年代別4位になるほどのトップランナー
勉強させていただきます
DSC_0197


午前8時にスタート
始めはダム湖沿いのロードをひた走ります。
5km地点からは、川沿いを上流にどんどん上っていきます。
DSC_0200

中村さんを後ろからぴったりマーク
DSC_0203

10km地点の第1エイドに到着。スタートから50分、いいペースです。
DSC_0204

ここからいよいよトレイルへ。
DSC_0205

いつのまにか源流地域まできていました。
DSC_0208

この辺りから急な登りに。頂上までひたすら登ります
DSC_0211

前方にプーさん発見
DSC_0213

最高地点まであとちょっと。頂上付近は霧がかかっていました
DSC_0216

頂上からは、一気に下ります。下りっぱなしで脚がつりそう
DSC_0217

下りきったところが、20km地点の第2エイド。水とバナナをいただきます。
この辺りで中村さんについていけなくなりました。
ちょっとオーバーペース気味だったので、ここからは自分のペースで走ります。
DSC_0220

山道から林道へ。
DSC_0221

さらに道はロードに。下りで疲労した脚に響きます
DSC_0222

気がつけば、かなり山深い場所まできていました。
DSC_0223

ここで、疲れた脚にとどめをさすかのような急登が
DSC_0225

上りの後は、急下り太ももがパンパンです
DSC_0226

下りきったところで、最後のロード。
すでに脚は限界寸前・・・
しかし、ゴールまではあと5km、ここからは気合で走ります
DSC_0227

やっとスタートの公園に戻ってゴールかと思ったら、公園の外周を回るコースへ。
ゴールは見えているのにスタートの時はこんなコースなかったよね・・・

公園をぐるっと1週回って、ようやくゴール
記録は、3時間24分15秒、総合79位/908人、39歳以下53位/402人でした
ちなみに中村さんとは、2分、4位の差。
おしかった、もうちょっとだったんですね
DSC_0232

初めて出るロードが多めのコースで、目標の3時間30分以内を達成できたので、
満足できる結果でした
でも、ロードが多いコースだったので、今後はトレイル中心のレースに出たいですね。

東丹沢宮ヶ瀬トレイルレース完走

「東丹沢宮ヶ瀬トレイルレース」無事完走しました。
雨の予報でしたが、レースが終わるまで降ることもなく、
気温も肌寒いくらいでレースには丁度よかったです。

結果は、3時間24分15秒、総合順位79位、男子39歳以下53位
目標としていた、3時間30分以内、100位以内を達成できました
とりあえず今日は報告まで。
結構脚が疲れてますね~
DSC_0232

カーボローディング開始

レースまで1週間をきったので、カーボローディングを始めました。

カーボローディングとは、カーボ(炭水化物)=糖質を
体内にローディング(貯蔵)することです。

糖質は運動をする際にエネルギーとなるので、
レース前に糖質を体内に貯蔵しておくことで、本番でバテにくくなります。
マラソンや自転車のロードレースなどの持久力系のスポーツは、
多くのエネルギーを必要とするので特に効果的です。


方法は簡単

レースの1週間前から3日前までは、運動量を減らします。
でも、食事の内容は普段どおりでOK

レース3日前から、高炭水化物食に切り替えます
つまり、ご飯、パン、麺類などを多く食べるようにします

さらに2日前と前日は休息日とし、運動はしません。
ここで動くと、せっかく蓄えた糖質を使ってしまうことになりますからね

こうすることで、レース当日には体に最大限のエネルギーが蓄えられているという仕組みです
簡単な方法なので、持久系のスポーツをされる方は試してみてはいかがですか?


私は明日からレースの3日前になるので、カーボがっつり食べます

いよいよあと1週間

東丹沢宮ヶ瀬トレイルレースまで、あと1週間になりました。
参加通知書も届いて、いよいよだなって感じです。
DSC_0162

距離は32.1km、アップダウンもそんなに無いコースなので、
無理をしなければ問題ないはず。
しかし、この2週間はセミナーに参加したり、雨に降られたりして、
あんまり走れていないので、ちょっと不安もあります

そこで、レースに向けての新アイテム
THE NORTH FACEのトレラン用ザック「MARTIN WING PRO
今日、軽井沢のアウトレットで購入しました
今まで使っていたものは、ハイドレーションバッグと、
ウインドブレーカーやちょっとした食料が入る大きさ。
一人で山を走るのには丁度いいのですが、レースにはちょっと大きすぎ。
今回のザックは、ほぼハイドレーションバッグだけしか入りません。
そのため走るのに邪魔にならないんです。
前から欲しかったザックを、型落ちなので安くゲットすることができました
DSC_0180

天気予報が、曇りのち雨なのが気になりますが、
来週はこれでバッチリです

バイオメカニクス、物理学で治療!?

今週の8日(日)に、バイオメカニクスのセミナーを受けてきました。
講師は、飯山赤十字病院と諏訪赤十字病院の先生。
DSC_0169


「バイオメカニクス」とは、日本語で「生体力学」。
つまり、人間の体の構造や動きを力学的な視点で分析することです。
人間の体には、絶えず重力がはたらいていて、床からはその反力を受けています。
動くためには筋力が必要ですし、バランスも取らなければなりません。
そういったものを、力学的=物理学的に分析。
慣性の法則、てこの原理、モーメント、F=ma、など、
学生のときに物理の授業で習ったことが盛りだくさん
嫌いな人には聞いただけで頭が痛くなるようなお話です

たとえば、歩行時に体にはたらく力の種類や方向(重力、床反力、慣性力、筋力など)と、
それにともなう体の重心の動きなどを分析します。
そうすることで、正常な歩行を定義することができます。
それを元に、歩行の異常やバランスの崩れを見つけたり、
リハビリで正常な歩行に誘導するといったことに応用できるようになるのです。
DSC_0166

今回は1回目なので基本的な内容でしたが、
忘れていたことの復習や新しい知識を学ぶことができました。
朝9時から18時まで、久しぶりに長時間座って頭を使ったので、
かなり疲れましたが、内容の濃いセミナーでした

このセミナーはシリーズで数回あるので、
しっかり参加して実際の治療に生かしていきます
プロフィール

くわっち

記事検索