2009年01月03日

自転車で一日で実家に帰れるか?


12月31日 0:05 実家(愛知県岡崎市)へ向かって、家(東京都文京区)を出発。

風が強い。しかも西から吹いてきてる、、、。ってことは、ずっと向かい風だ!
ということで、出発してすぐにテンション下がりまくり。

1:00 多摩川を越え、神奈川県に入る。あと2回県境を越えればもう愛知県だ!


3:00 厚木のコンビニで1回目の休憩。
カレーまんの温かさが体の奥に染み渡る。
国道246号のアップダウンを無難にこなして、松田に出る。そこからもひきつづき246号で、箱根をぐるっと迂回する形で御殿場方面をめざす。


6:05 静岡県に突入!愛知県はもう隣の県だ〜!


国道246号の自転車通行禁止区間を避けて県道に入ってしばらくすると、正面に富士山が。
闇夜の中に白く浮かぶ姿の荘厳さといったら!
なんとか写真で表すことができないものかとトライしてみたけどダメだった。
止まると体温が奪われていくのが実感できるほど寒いのだけど、それでもしばらく立ち尽くして眺めていた。


6:30頃、東の空が明るくなってきた。


富士山も上の方から順番に明るくなってきた。


7:00 御殿場のミニストップで朝ごはん。
炭水化物をガッツリ食べてエネルギー補給。普段はミニストップの店内で食事なんてありえないけど、こういうときは寒さをしのげて助かるな〜。ミニストップすばらしい。




沼津市から、国道1号に入り、西へ西へ。国道1号は走りやすい側道が続いている。車が全然来ないので快適。今までこのあたりを走る時は国道1号を避けて海沿いの県道を走ることが多かったけど、実はこっちの方が走りやすいな。






もうすぐ由比。国道1号の富士由比バイパスは自転車では走れないのだけど、そのさらに海側に快適なサイクリングロードが。路肩の狭い旧道(県道)よりも走りやすい。


10:48 由比本陣前通過。


小池邸。案内板によれば、甲州武田氏の家臣がここに移住してきて、代々、村の名主を努めたとのこと。建物自体は明治時代のものらしい。


振り返ると富士山。


昔の街道の面影を残す由比宿。


由比といえば桜えび、しらす。その両方が入ったうどんを食べたのだけど、生ではなく揚げたもの。残念。


12:40 静岡駅。ようやく半分過ぎた。


宇津之谷トンネル。宇津之谷峠を越えるルートは時代と共に変遷していて、最も古いのが蔦の細道という古道。次に豊臣秀吉が作らせたという旧道があって、さらに明治、大正、昭和、平成にそれぞれトンネルが作られた。このトンネルは平成トンネル。


岡部宿の柏屋。旅籠を修復して資料館にしたもの。休憩がてら寄ってみようかと思ったのだけど、休館だった。


13:36 国道1号の200km地点。200km走ったけど、まだ100km以上ある、、、。


掛川市に入り、友人が亡くなった現場に寄って手を合わせる。行くたびに少しずつ周辺の様子が変わっている。
今回はお花もハーゲンダッツも持っていかずにごめんよ。

冷たく吹き荒れる向かい風に逆らって黙々とペダルをこぐのだけど、なかなか思うように進まない。休憩する間隔が短くなり、逆に休憩時間は長くなる。
寒くて手足の指先の感覚がなくなるので休憩するたびによく揉んで感覚を取り戻す。


20:20 ようやく愛知県に突入!静岡県、長すぎ。


22:30 暗闇の中を進み続け、ついに、ついに、岡崎市に突入!


23:15 無事、実家に到着。

走行距離:331km

kwkmmsr at 23:40│Comments(3)TrackBack(0)自転車 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by かば〜ん   2009年01月04日 10:44
大晦日、お疲れ様でした!
今年も色々な走りのブログ、楽しみにしています!
2. Posted by しーやん   2009年01月04日 11:31
新年早々、飛ばしてますね。
ていうか、何回「一日で実家」やってるんですか!?もう、疑問形のタイトルにしなくても余裕でしょう。
ともあれ、今年もよろしゅうお願いします。

今年の目標は、トライアスロン挑戦ですね?
糸魚川、乗鞍も、一緒に出ましょう〜。
3. Posted by kwkmmsr   2009年01月04日 21:59
>かば〜ん
ありがとう!今年は自転車での走りだけでなく、マラソンやトレランの走りについてもいっぱい書けるようにしますですよ。

>しーやん
いや〜、こればっかりは過去の実績はあまり関係なく、今現在どれくらい体力を維持できているのかが問題になってくるので、やっぱり常に疑問形になってしまいます。
今年はトライアスロン挑戦の他にも、フルマラソン完走も目標です。あと、スノーシューもよろしく!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール

真猿(MASARU)
埼玉県在住
twitter:@kwkmmsr

最新記事