2017/3/5

今年こそはしっかりブログ更新しますと宣言したものの小さい採集報告は全て更新せずもう3月になりました,時間の流れはいと速しですね...

さて今回は学年末テストも全て終わったということで新潟の北限まで旅をしてきました(意地でも県外に行かないあたりw).
人に贈る用のマイマイの新規開拓なんか出来たらいいなあというのと,電車での遠出も久しぶりにしたかったので.

ということで朝5時の電車に乗り込む.

(カシュッ)

まだ3月,5時とはいえ外は真っ暗で,モンエナ投入にも関わらず1時間ほどガッツリ寝てました(笑)


3時間ほど電車に揺られ,目的地へ到着.駅のレンタルチャリを早々に借りてポイントまで飛ばす. レンチャには本当にいつもお世話になっている.早く免許が欲しいところだw


ポイントに到着,途端に目の前にオサムシ入っているよと言わんばかりの崖があるので軽く叩いたらマイマイが落ちた.ここの崖はマイマイの方がオサより沢山落ちでなおかつ色もよかったので文句無し.


むっちゃ前胸紫のアオオサツートンカラーも落ちたのですっかり機嫌を良くする.

しかし,天気が良いだけあって花粉が飛びまくってるのだろうか,目と鼻の痒み,詰まりが限界に達してきた.杉松の林なのにノーガードで来た自分を酷く恨む.こりゃ夕方まで持たぬわw
鼻が貯めこめる鼻水量が限界に達しようとしたその時,なんと目の前には異常なほどの存在感を放つ立ち枯れが!鼻水のことなど忘れ咄嗟に桑を立てれば,


眩いばかりのワインレッドコアオがそこには鎮座していた. 林だから例え良物件だろうと個体はバラけると思っていたが,この1発で一気に14を確保出来た.既に感無量の極みである.てかマジ新潟河川敷もっとしっかりしろや(ワラw w)

そこからもダラダラとウロほじくりプレイなどをしてマイマイの個体数を稼ぎ,今日は終了. かみすぎで感覚を失った鼻に多少のケアを施しながら帰路についた.



帰りに立ち寄った新潟駅でうどんをいただく.生きてて良かったと思える瞬間だ...
新潟駅に来ると決まってアニキとの鍋のことを思い出す.またいつかみんなでワイワイとやりたいものである.

今回のマイマイ

2017/1/1

あけましておめでとうございます.今年は去年のようにブログの記事を溜めまくって年末大量更新に陥らないように新年からポンポン更新していきたいと思います.

今年は元旦採集に行く予定が無かったのだがTwitterのタイムラインの初虫テロに駆られてしまいオサ掘りへ行くことに.
きっと来年はこんなことしてる暇は片時もないんでしょうね(ワラ)


今年の初虫はチャイロスズメバチ(Vespa dybowskii Andre)だった.崖からチャスズはあまり経験がないのだが崖からしか出したことは無いので立ち枯れには入らない(?)と思われる.


アキタはこのポインヨは既に採っているのでアオオサの赤みの強い個体を狙っていたがあまり出なかった. それどころか天気が最悪になったのでこれで帰宅.

今年もお世話になります.

本年も当ブログをよろしくお願い致します.

2016/12/31

時間が過ぎるのは早いようでもう大晦日ですね. 今年は虫屋としてこのブログを開設することから始まり,例年通りミーハー道を突っ走った1年だったかと思います. ただその中で去年より幾分採集技術が向上したのかなあと感じる面があったり,Twitterのヒョロワー様方と採集に行くことができたりなどして多くの進捗もあったかと思います. また,多方面からの援助を受けるなど,様々な方にお世話になった年でもありました. この場をお借りして謝辞とさせていただきます. 本当にありがとうございました.
それでは今年1年を画像にて簡単に振り返ろうかと思います. どんどん載せますがご容赦願います.

元旦アキクロ(1月)

初堀でどうしても出したかったため元日から特攻.来年はどうなることやら(ワラ)


 オヨツボシゴミムシ(2月)

年間を通してお世話になった昆虫. きっと来年もお世話になることでしょう(笑)

アニキと新潟の河川敷特攻(3月)

新潟の河川敷が全くマイマイに当たらないことを知れたのも今年の良い経験の一つ. アニキとはまた採集に行きたい.

新潟の河川敷特攻②


コアオマイマイカブリ(3月)

ようやく新潟でマイマイがまとまった数落とせるポインヨを発見.色彩豊富で毎年通いたいくらい.

ギフチョウ(4月)

今年は遂にギフチョウに手を出した年でもありました. ゴールデンタイムに複数が乱舞している光景は圧巻でした.

地獄の佐渡遠征(4月)

ゴル兄,タマァと3人での佐渡遠征,まさか現地でオサ掘りをする羽目になるとは思わなかった(ワラ)


エゾスズメ(5月)


粟島遠征(5月)

佐渡での地獄を経験していた為毛布を持っていたのにも関わらず気温が25度まで上がって逆の意味で地獄だった.粟島でもゴル兄にはお世話になりました. 

灯火巡りでオオクワのペア(6月)

新潟クオリティを証明できた.というより今年はオオクワが多かった気がする.

オオシモフリスズメ(6月)

アオスジカミキリ(6月)

今年は全国的に多かったみたい. 好きな種なので豊作でなにより.

ラミーカミキリ(7月)

昨年地元での初個体が得られてからポンポン採集できた. そういえば報告書を書かねば(ワラ)

オオキノコムシ(7月)

嬉しい初採集. 今年は合計3匹,それもすべて灯火で得られた.

フドウオオトリバ(7月)

Pterostichus shibacchos(7月)

カヤキリ(7月)

地元の河川敷で大量に見つけた. 来年は直翅もやらねば...

チョウトンボ(8月)

オオミズアオ(8月)

オオクワガタ(8月)

同時期にnullったアニキには是非またリベンジに来て欲しいところ.

クスサン(8月)

河川敷の灯火にきたオオキベリアオゴミムシ(9月)

好きなゴミムシだが今年はこの1匹しか灯火で見られなくて残念.掘りでリベンジしたい.

ヒトリガ(9月)

ヤママユイエローバンド(9月)

ヤママユを捕食するコカブト(9月)

今年一番驚いた光景だったかも.

ネジレバネの入ったチャイロスズメバチ
(9月)


ヒナカマキリ(10月)

大量に灯火に来てた時には本当に驚いた,というか地元にも生息していること自体に驚きだった.


ヒメヤママユとクロウスタビガ
(10月)

不作で会えるか心配だったがなんとか会えた.ただ,クロウスがもっと欲しかった...

ウスタビガ(11月)

そして初冬の女神にも. ♂に会えなかったのが心残り.

アカオサムシ(ワラ)(12月)

好きな色彩のアオオサが地元で採れて満足.

オオミツボシゴミムシ(12月)

こんな1年でした.それでは皆様,良いお年を...

↑このページのトップヘ