2006年03月02日

えいんえいん

出産自体はそこはかとなくおもしろかってんけど、なんせキツいんが会陰切開よー。
確かに分娩真っ最中んときは、もう何でもしてくれって状況やってんけど、後が辛い。
歩く姿がゾンビのように。

そして恐怖の抜糸。
ええ加減大人なはずやけどガクブルよー。

普通に考えて、あんなところをハサミで切って、糸で縫って、糸抜いて。
ホラー映画ですか?
男性のみなさんは、チンコの先を切って縫ってと置き換えて考えてみましょー。

ky006 at 17:06|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2006年02月09日

無題

誰か見てるかに。
あの楽しかった出産から早7ヶ月。
よって息子も7ヶ月。
いやー、赤子っておもろい。
しかし忙しい。
ボインボイン。

ky006 at 22:42|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2005年05月03日

五十七発目 -腹腹腹、腹星人-

さて、引越しのドタバタなんかでネットに1ヶ月ほど繋がれへんかった。

そんなうちにあたしの腹は早8ヶ月もに…
腹が重い…
重すぎる…
決してデカめな訳ではなく、どっちかゆうたら8ヶ月にしては
小さめらしいねんけど、重いでしかし。

今で十分やのに、これからもっと本格的に腹はデカくなるらしいではないか。
嗚呼……。

ky006 at 00:07|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年02月15日

五十六発目 -エイリアン-

妊婦歴も5ヶ月に入り、とうとう胎動といふのを感じるようになってきたぞよ。
てゆうても赤子はまだ小さいから、そんなにモロ動いてまっせーって感じではなくて、臍の下あたりで軽くポコポコ、って感じんねん。

初めての胎動って感動の出来事ゆうけど、なんともプチエイリアンな感じで、正直気持ち悪かってん。
いやはや。
まあ、ええがなええがな(笑)

しかし、心配なんは“会陰切開”という名の“マンコを鋏でジョッキン”

ky006 at 14:58|PermalinkComments(16)TrackBack(0)

2005年01月28日

五十五発目 -喫煙者はどこへゆく-

撤去されゆく灰皿たち
喫煙者は肩身の狭い世の中。

妊娠しつわりで吸われへんなってから、やっと禁煙でけて取り合えずよかったわぁ。
いや、まだまだ油断したらあかんけど。

自分が吸わんなってから、人のタバコの臭いがものすんごく鼻につくようになった。
つわりで臭いに敏感ってのもあんねんけど、タバコ嫌いの人ってこんなんなんやーて感心したもん。
仕事から帰ってきた彼から醸し出されるヤニ臭さには参った。
オエェェェェェェェェェェェェエ。

40歳くらいまでは禁煙つづけたい。
それ過ぎたら、長生きしたないのでまた吸い始めたい。
その頃には、喫煙者の居場所はあるんかなー。




ky006 at 17:52|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2005年01月14日

五十四発目 -女体の神秘-

妊娠したことにより、あたしの身体に目くるめく変化が。

腋毛が伸びへん(嬉)
足毛も伸びへん(嬉)
眉毛も伸びへん(嬉)
顔毛も伸びへん(嬉)

しかし、腹毛がたくましく(無念)

ky006 at 17:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年01月11日

五十三発目 -孕んだ−

さて、自分のサイトを覗くこと自体久し振りやねんけど。
みなさん、こんにちは。
細々と気のままに綴っていくでやんす。

半年間ほど中出しをし、受精して、兎にも角にも悪阻で気分最悪状態が2ヶ月ほど続いて、最近やっとちとましになったかなって感じやねん。
ひとりで食材の買い物にも行かれへんかったんで(出先で気分悪くなる為)、彼が休みのとき以外は完全ひきこもり。

子供はひとりでええと決めているから、これが最初で最後の妊娠経験だと自分を励まして耐えております。
あ、「一人っ子は可愛そう」とかの台詞は受け付けておりまへんので。
悪しからず。

さあ、母となるナオ子さん。
きっと慈愛に満ち溢れた聖母の如く…。

ky006 at 18:24|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2004年12月17日

五十二発目 -無題-

毎日帰宅が深夜の彼を慮り、コエンザイムを与えている。
それに加え、鮫肝油を飲みだしたらえらい元気になった彼。
鮫って効くんやなぁ。
忙しいサラリーマンの皆さん、お試しあれ。

そんだけ。

ky006 at 18:31|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2004年12月13日

五十一発目 -無題-

さて、またまた1ヶ月近くも放置してもーたシニカルアワー。

北隣の分譲マンションの、あるベランダがイルミネーションでえらいチカチカ賑わっている。
しかも隣り合った2世帯だけ。
あれは張り合ってんのか、それとも2家族仲良くホームクリスマス気分満喫しているんか。

我が家にはクリスマスな飾りは何ひとつない。
クリスマスに心ときめかなくなったんはいつからやろ。
学生ちゃうなってからやなー。
こんなあたしも学生んときは「メリークリトリスー!」てお決まりゆうて、キャピキャピ娘やったんですよ。


彼の友人A君(27)、大学卒業してからずっとフリーターやってんけど、つい最近東京に旅立った。
ミュージシャンになりたくて(笑)
A君は生まれも育ちも大学もずっと神戸で、生粋の神戸ッ子。
初めて飛び出たんが大東京でやってけるんか。

「向こうの東京があって横浜があってってのが、こっちの大阪神戸と似てへん?」
て言っててん。
確かにそうやけど、そんなん何の慰めにもならんで。

A君て、あたしらの結婚式にスーツのベルトと革靴忘れて来たようなぬけさく先生やから心配やで。
はよ帰ってきて、こっちで就職せい。




ky006 at 11:25|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2004年11月19日

五十発目 -江原のおっさん

こないだのスーパーテレビ情報最前線では、霊能力者江原啓之とやらのおっさんがテーマやってんけど。
何やら、今すごい人気だそうで。
そういえば、テレビで何度か見かけたことがある。

そのスーパーテレビで、江原のおっさんが
「子供はみんな親を選んで生まれてきます」
って言ってたんよ。

ゲストの高田万由子とかは感動して涙ぐんだりしててんけど、あたしは何か納得でけへんでさぁ?

江原のおっさんは続けて、
「どうしてこんな親に?って思う方もいらっしゃいますが、それは現世での魂の訓練なんです」
みたいなことを言ったんよ。

う〜ん…まだまだ納得できへんなぁ。
虐待死する赤ん坊や幼児、果てはトイレなんかで産み捨てられる赤ん坊もそんな親を選んで生まれてきたんや?
で、それを全部「魂の訓練」って言葉で片付けるんか。
そうゆうのは、前世で人殺しとかで魂を訓練し直してるとか言うんか?
無理無理。全く信じません。


あーー、あかんわ。
どうもああゆうエエもん食べてそうで、血色がよろしいおっさんの言葉は信じられへん。



ky006 at 17:23|PermalinkComments(6)TrackBack(0)