気持ちいいセックスの不思議とは?

ようこそ、「気持ちいいセックスの不思議とは?」にご来場ありがとうございます。このサイトであなたの「性」やセックスの意味とその素晴らしさに改めて気づいていただけることを願っています♪

男と女のオルガスムスってどのくらい違うの?

あなたは、セックスのときにペニスを膣に挿入して、
陰部神経小体が集まっている亀頭が刺激されると、
腰のあたりが痺れるような感覚になり、
精巣に溜まっている精液が尿道を通って飛び出しますね。

この精巣から出てきた精液が尿道を通過する間の、
ほんの十数秒で終わってしまうのがあなたのオルガスムスなんです。

射精の瞬間はたしかに気持ちいいのですが、
その気持ちの良さが何度も続くわけではありませんし、
射精が終わった瞬間に冷めてしまいますよね。

しかし、
女性のオルガスムスはあなたのオルガスムスとは大きく異なるんですよ。

その違いは、
オルガスムスに対する反応に顕著に現れるんです。

肌が紅潮して汗ばむ、
呼吸が荒くなって心拍数が上がる、
手や足がピーンと伸びたり指をギュッと握るような感じになる、

といった状態以外にも、
大声を上げたり、
全身が弓なりになって硬直してしまう、
なんていう女性も少なくありませんよね。

しかも、
そんな状態が何度も続いたり、
ずっとイキっぱなしになったりすることもあるんです。

なかには、
グッタリと失神したような状態になるんです。

あなたが射精の瞬間に悲鳴を上げたり、
失神したりすることはちょっと考えられませんよね。

実際に、あなたはオルガスムスの瞬間に左脳の一部が、
興奮している状態にすぎませんが、
女性は脳の神経細胞すべてが興奮しているんです。

快感というのは、
センサーである性感ポイントで受容した刺激が、
電気信号となって脳に送られたものなんです。

つまり、
脳のなかで興奮している部位が大きければ大きいほど、
その快感も大きいということになるんですね。

これを数値に置き換えてみると、
あなたがオルガスムスに達するのは、
射精する瞬間の1回だけですが、

女性はオルガスムスに20~30回(多い人は40~50回)
達するわけですから回数だけでもまったく違いますね。

オルガスムスを迎えた女性は、
あなたには想像もできないほどの強烈な快感・絶頂感を味わえるんです。

したがって、
女性がオルガスムスに達したときは、
あなたが射精する瞬間とは比較にならない、

大声や硬直、失神といった反応を起こしてしまうことにも、
納得できますよね。

本当に気持ちいいセックスって不思議ですね


あわせて読みたい
人妻淫乱スイッチ
まず最初に知っておいてもらいたいのが、
女の性欲は、男の性欲の2.3倍もあるって言われているんだ。

ここで重要なのが、これは女全体の統計であって、
人妻も女子大生も女子高生もOLも、
全部ごっちゃまぜになっているということだ。

女子大生も女子高生もOLも、みんなセックスがしたくなったら、
誰かとセックスできる。

でも、人妻はどうだろう。
彼女たちは、基本的には旦那としかセックスをすることができない。

それでも、旦那が毎晩抱いてくれるのならば、
それで解決するのだが、
いかんせん、
同じ相手と長年セックスができる男なんて、そういない。

女は1人の男でも
(きちんと定期的にセックスをしてくれるのならば)
十分満足できるものだ。

しかし、男にはそれができない。
月に1回、
半年に1回、
まったくのセックスレス、
なんて良くある話だ。

美女の胸の谷間
逆に「毎晩欠かさずヤッてます」
なんて夫婦、
オレは聞いたことがない。

そこでだ。単純に考えても、
人妻はヤリたくてヤリたくてしょうがないとなってくるわけだ。

しかも、女子大生や女子高生と違い、
セックスの気持ち良さを知ってしまっている人妻たちは、
その欲望を持て余して、持て余してたまらないんだ
人妻淫乱スイッチ

女性の感じ方は一人ひとり異なる?

女性のからだはどこが最も感じるのか、
どうすればオルガスムスに達するのか、
というのは一人ひとり異なるんです。

たとえばクリトリスなど、
一ヶ所への刺激だけでオルガスムスに達する人もいれば、
すべての快感ポイントを同時に刺激することで、
より大きな快感を得られる人もいるでしょうね。

女性の6割はオルガスムスを体験していないという、
統計がありますが、

現在の性科学の研究によると、
すべての女性は、
オルガスムスに達することができるとされているんです。

つまり、
オルガスムスを体験していないのは、
女性の性感に問題があるわけでは無いということですよ。

パートナーに対して、
不感症などといったレッテルを貼る前に、
まずはあなた自身のテクニックを見直すことが大切かも。

そうしないと、
いつまで経っても充実したセックスは望めませんよ。

女性のオルガスムスは、
あなたの射精の感覚とは比較にならないくらい大きく、
それはまさに我を忘れてしまうもんだんです。

ところが、
そんなオルガスムスへと至るまでのアプローチは、
まさに千差万別なんですよ。

パートナーの女性をオルガスムスへと導くためには、
あなたが相手の性感ポイントを見極め、
緩やかに高まっていく性感に合わせて、
執拗にソフトな愛撫を重ねなければなりませんよ。

なかでも最も重要なのが、
女性がオナニーでもイキやすいクリトリスへの刺激なんです。

陰部神経小体の集合体である、
クリトリスへの刺激を重ねることで、
性的快感が脳へと送られ続けるんです。

最も敏感なクリトリスから送られる刺激が、
脳のなかで快感となってオルガスムスに達すると、
ほかの性感ポイントの興奮も高まっていくんです。

つまり、
クリトリスへの刺激を与え続けることで、
膣でもイキやすくなるというわけんですよ。

オルガスムスに達すると、
女性はからだが紅潮したり、
手足がピーンと伸びたり、
逆に指をギュッと握ったりするんです。

なかには腹直筋が硬直したり、
のけぞって首が折れんばかりに振り回したりする女性もいるんです。

そして、
子宮と膣、肛門のまわりの筋肉が脈打つように震えるんです。

これこそが、
膣の性感が高まっている証拠なんです。

オルガスムスを体験したことが無い、
あるいは膣でイケないという女性に対しては、
まずはクリトリスに対する丁寧かつ執拗な愛撫を心がけましょうね。

クリトリスで、
オルガスムスに達することができるようになれば、
膣の性感もどんどん高まっていくはずですよ。

本当に気持ちいいセックスって不思議ですね


あわせて読みたい
こんなエッチをしてほしい!女子大生のリアルな本音♪
あなたのセックスは、彼女を本当に満足させていますか?
多くの男性は
友達に聞いた情報
AVなどで学んだ情報
でセックスを覚えますが、実はそれらの情報は間違っています。

その証拠に私が浜崎りおさんから
セックステンプレートを教えてもらう前は女性が
「気持ちいい」
 「イク~」
と言う声を出していただけだったのに

セックステンプレートを使って、
セックスした女性は意味不明な言葉を声にし、
絶叫を繰り返すようになりました。

それに浜崎りおさんからセックステンプレートを教えてもらう前は
セックスが終わった後、女性は余裕で動き回れていましたが、

セックステンプレートを使って、
セックスした女性は
しばらく立つことができなくなっていました。
こんなエッチをしてほしい!女子大生のリアルな本音♪

膣イキしやすい体位(2)

・膣イキしやすい体位③ 寝バック
後背位のなかでもベッドにうつ伏せに寝た女性に、
覆いかぶさるようにして挿入するんですね。
いわゆる寝バックなんです。

後背位はペニスが奥まで届くので、
ボルチオやGスポットを刺激しやすい、
いわゆる「膣イキ」しやすい体位なんですよ。

あなたにとっても目から刺激を得られると同時に、
征服欲をくすぐられて快感が高まる体位といえますね。

ただし、
最初からいきなりバックで挿入すると、
ペニスが奥までささりすぎて痛みを感じる女性も少ないありませんよ。

その点、
寝バックなら挿入は浅くなりますが、
あなたにとってはピストン運動がしやすく、
指を使ってクリトリスへの刺激も可能なんです。

一方の女性にとっては、
脚やお尻に力を入れて動かしやすいうえに、
ボルチオへの刺激を感じられて、
膣イキしやすくなる体位といえるでしょうね。

しかし、
一番重要なクリトリスへの刺激を考えると、
最後のとどめを刺すタイミングでは、
上体立位に戻るのが有効ですよ。

・膣イキしやすい体位④ 抱きつき騎乗位
騎乗位も後背位と同じように、
ペニスを膣の奥深くまで挿入できる体位のひとつで、
自分の性感ポイントがよくわかっている女性にとっては、
ペニスの位置を自分で調整できて、
「膣イキ」しやすい体位といえるんです。

ただし、
セックスそのものや騎乗位に慣れていない女性にとっては、
少しハードルが高いので、
女性があなたの上に乗った状態であなたに抱きつく、
いわゆる「抱きつき騎乗位」がおススメですよ。

これは、
四十八手でいえば「本茶白」にあたる体位なんです。

この体位のときに、
あなたはただ寝転がっていればいいというわけではありませんよ。
女性に抱きついてもらい、
あなたが下から突き上げるようにしましょうね。

そうすることで、
セックスや騎乗位に慣れていない女性に対しても、
Gスポットやボルチオへの刺激を与えやすくなるんです。

また、
あなたの手は自由に動かすことができるので、
挿入しながら、
指でクリトリスや乳首を刺激し続けることもできますよ。

しかしこちらも、
上体立位には刺激を与える点では劣りますので、
オルガスムスへ導くひとつの体位として覚えておくとよいかもですね。

いずれの体位も、
あくまでも一般的に女性がイキやすいというだけで、

この体位でセックスしたからといって、
必ずオルガスムスに達するというわけでも、
誰もが同じように気持ちいいと感じられるわけではありませんよ。

あなたのペニスの太さや長さ、角度などによっても、
女性が気持ちいいと感じる体位は変わるんです。

ここで取り上げた体位を参考にしながら、
あなたも独自に研究を重ねて、

ふたりにとって、
最も快感が高まる体位を見つけてくださいね。

本当に気持ちいいセックスって不思議ですね


あわせて読みたい
初対面のSEX攻略法 フリーセックス俱楽部刊
「セックスで女性を自分の虜にする」とか、
そこまで力む必要はないのですが、

少なくとも、最初のSEXを終えて彼女を見送る時に、 
「この男性と、もう一度、セックスしたい」、
「次は、もっと、気持ち良くしてくれるのかな」、
「この男性となら、何度かセックスすれば、どんどん肌が合ってくるかも」 

と彼女に感じさせることは、
自身のレベルアップによって、達成可能な目標だと言えます。

最初のセックスで、女性から、
「この男性とは一回だけでいいや」と思われるのか、
「この男性とは、次も、次もセックスしてみたい」
と思わせるのか・・・。

あなたなら、どちらの立場にポジションを取りたいですか?

初めて肌を合わせる女性を抱き寄せた時、
あなたは、どんなことを考えますか?

『何も考えず、ワンパターンで、いきなりオッパイですか?』
『いきなり、キスですか?』
『いきなり、パンティーの中に手をいれますか?』
まさか、そんなことはありませんよね。
初対面のSEX攻略法 フリーセックス俱楽部刊
楽天市場
記事検索