よろず日記

趣味のラジコン飛行機や音楽その他日常の面白そうなこと等いろいろ取り上げます。

ワルター・アウアー フルート・リサイタルを聴いて

M3670001
































  ワルター・アウアーのフルートリサイタルを聴いてもう2週間が経ちました。感動の醒めやらぬうちにブログに記録しようと思ったのですが、つい延び延びになり2週間経ってしまいました。

  コンサートは久しく行ってないので次の案内が来たら「絶対行こう」と思っていましたが、案内はフルートのソロコンサートでした。正直もう一つ盛り上がらない気分でした。

  でも演奏を聴くに当たっては「アマチュアレベルからプロまでどんな演奏でも必ず良いところはある。それを見つけ出せるかどうか、そういう聴き方をしないと・・・」と学生時代友達と話し合ったことがあります。

  今回もフルートソロということで少し気持ちが落ち込みましたが、取りあえず聴きに行き感動部分を探そうと出かけました。会場はいつもの岐阜現代美術館/NBKコンサートホールです。

  久々のコンサートでしかもフルートソロですが、今までこのNBKコンサートホールでの演奏会は8割、9割期待を裏切られたことがないので、さてどんなコンサートになるのか楽しみ半分、冷やかし半分の気持ちで聴きました。フルート一本で2時間余の演奏時間、聴衆を飽きささずに演奏に引き込む、いな聴衆の心の琴線を揺さぶる演奏が果たしてできるのでしょうか。演奏はフルート:ワルター・アウアー ピアノ伴奏:沢木良子です。

  さすが現在ウィーンフィル、ウィーン国立歌劇場の首席奏者であるワルター・アウアーでした。フルート一本(もちろん素晴らしいピアノ伴奏があってのことですが)でぐいぐい聴衆の心を引っ張っていく素晴らしい演奏でした。指揮者としても高い評価を受けいろいろなオーケストラで活動していることからも納得でした。奏でる音楽のスケールがとても大きく感じました。

本日のプログラムの第一曲目の「カール・フリューリングの幻想曲op.55」は初めて聴く楽曲ですが、とても耳あたりのよいきれいなメロディーで始まり、コンサートの導入としてはとてもよく、フルートとピアノの心地よい響きで引き込まれて行きます。

  どの楽曲もある時は超絶技巧の素早いパッセージ、ある時は情感たっぷりのフレーズ、どこをとってもとてもフルート一本で演奏しているとは思えません。もちろん沢木良子さんのフルートを引き立てるピアノ伴奏あっての演奏ということが言えますが、素晴らしいダイナミクスの変化、旋律の抑揚・ゆれ、ピアノとの絶妙な掛け合い等々に感動してしまいます。


 特に良かったのは4曲目の「シャルル・コティーニーのベッリーニのオペラノルマの主題による華麗なる変奏曲」でした。イタリアオペラ特有の節回し、情感あふれるフレーズをこともなく一本のフルートで吹きこなしていきます。まるでソプラノやテノール歌手が歌っているかのようです。 

アウアー氏は フルートのフレーズが終わりピアノの間奏部分になると指揮をする仕草もありました。音楽をフルートという枠ではなくオーケストラのような大きなスケールで捉えているということがよく分かりました。

  プログラムは以下の5作品でした。
     カール・フリューリング「幻想曲op.55」
     モーツァルト「きらきら星変奏曲」
     シューベルト「しぼめる花の主題による序奏と変奏曲」
     シャルル・コティーニー「ベッリーニのオペラノルマの主題による華麗なる      変奏曲」
     R・シュトラウス「ヴァイオリンソナタop.18のフルート編曲版」

 <付け足し>
  フルートは低音はボー 高音はヒーヒーという好きではない音色に対しての固定観念がありましたが、さすがアウアー氏のフルートは全く違っていました。まずこんなに良く鳴るフルートは初めてです。鳴りきっていました。高音は透明な細い糸のような澄みきった音、低音は太く輪郭のはっきりした確かな音、フルートの音の概念が変わりました。

  また沢木さんのピアノ伴奏にも感動しました。以前何回か聴いた諸田さんの伴奏も素晴らしいのですが、沢木さんの伴奏は格別でした。ソロを引き立てる弾き方、音楽を大きく捉えた弾き方、ソロとの掛け合いの絶妙さ、全て格別でした。ピアノ伴奏のスタンダードになりました。

YSカップ

 YSカップが本日GMHでありました。当初9月の開催予定でしたが台風のためこの日に延期になりました。今日は台風の時とはうって変わって快晴・微風の素晴らしい飛行日和となりました。しかし飛行スタートの8時の時点で、気温が結構低くトップバッターから数人はプロポを持つ手がかじかんで操縦が大変だったようです。
M3660001















この時期はなかなか夜が明けません。薄暗い中少しずつ集まって機体の準備を始めます。
M3660002M3660003M3660007













































わっちは今日は慣れない?エンジン機です。今年は日本選手権、世界選手権が開催された年でした。両選手権とも強風の飛行条件下で、特に世界選は10mを超える強風が吹き荒れたようです。上位のほとんどの選手がエンジン機を飛ばしたそうです。

 モーターは地上で6000回転なら上空でも6000回転。なので強風の時は、風に正対した場合は進まずゆっくりで、上昇・降下の時は風の影響が少なく速度が少し速くなる。等速飛行の点からすると大変不利になる、ということだそうです。

  その点エンジンは地上で6000回転でも上空だと9000〜10000回転に上がり風に正対しても、モーター機に比べ力強く飛行することも可能で、強風下でも等速飛行がしやすくなる、ということらしいです。等速飛行しないと減点だそうです。なるほどと思いました。関東地区ではエンジン機に戻る人もいるという情報もあるようです。


 本日の参加機の中で面白い機体を見つけました。以前ラジ技だったか模型人だったかにレトロの機体かなんかで載っていた方です。F3A機とはとても思えない、昔のトレーナー機のような懐かしさが一杯の機体でした。エンジンも正立なところがいかにも模型という感じでいいと思います。
M3660008M3660011M3660014M3660016


















































ネオ・ステージ製作 その7

 ネオ・ステージの製作はまだこんな段階です。やっとカナライザー取り付けの段階にきました。カナライザーはこの機体の良し悪しを決める大事な部分です。カナライザーの取り付けが0度として主翼の取り付け角がプラス0.5度。後は主尾翼との傾きを含めてのアライメントをしっかり取らなければならない部分なのでカナライザー取り付けは時間がかかりました。・・・と言うよりどうやれば正確かつ確実にできるのか悩んでいた時間が結構長かったですね。F3A機で最後にキットを組み立てたのはエンジン機のアシュラで、今回の電動機ネオ・ステージは今までのエンジン機とは構造的な違いで戸惑うことが多すぎて悩みました。
M3640005M3640006































 またキャノピーの取り付けでは、キャノピーとカウリングの取り付けに隙間があかないように、カウリングとキャノピーをくっつけて胴体にセットし、その後カウリングと胴体を接着する、という方法で全体をうまく接着することができました。

  またキャノピー取り付けピンが胴体の受けの部分にスムーズに入りロックできるように取り付けるのはどうしよう・・・とこれもまた悩みました。結局カナライザー取り付けの大穴から手を入れてピンを接着しましたがとても上手くいきました。

 あとこの部分はカナライザーの上のカバーを取り付けるだけです。

 全体とすれば主尾翼の胴体に接する面の工作、エルロン部分、垂直尾翼、稼働翼のヒンジ工作、バッテリーベッドの工作等々でほぼ完了すると思います。この段階で機体の大事な部分は完了していると思います。
M3640007M3640008






























 全体としては翼の中央部分の工作をして主翼尾翼ともにカンザシに通して後ろから傾きを調べたり、左右の翼のアライメントを確認したりなど、とても大切な部分ですので時間をかけて慎重に行いたいと思っています。

 今年中に塗り完成は絶対無理だと思いますが、完全生地完であれば今年中にできるのではないかと思っています。

Uコンサークルにお邪魔しました。

今日はクラブ飛行場の整備の日です。早めに行って上流のGSUCUコンサークルに寄ることにしました。???・・・・・ところがUコン飛んでいませんでした。なーんだもう日が昇るのが遅くなったからサークルの朝練は終わったかな、と帰ろうとすると車が1台止まっているのに気づきました。グランドにも一人います。「あっやってるよ」・・・行ってみるとやってました。今日はお一人のようです。
M3600016M3600017M3600018













































ブルーエンジェルカラーのUコン機です。Fさんは今年電動機も飛ばすようになりましたが今日はエンジン機です。相変わらずきれいに作っています。ステッカーもパソコンから作り出した自作だそうです。

 角ものもパキッパキッと角を出して鋭く飛んでいました。選手権クラスの飛びですね。
M3600019M3600010M3600014








今日はお孫ちゃんの運動会でした。

 今日はお孫ちゃんの保育園の運動会です。天気予報では雨のはずでしたが、関係者の日頃の行いがあまりに良いせいか、雨はほんのポツッぐらいでほとんど降りませんでした。わっちはお孫ちゃんの関係する出し物だけ見てあとは近くでお茶したり・・・と気楽に過ごしましたが、息子夫婦やワイフははじまりの9時から14時の終わりまでしっかり詰めて応援や写真、それに息子は係の仕事やら大変そうでした。ホントお疲れ様です。何よりお孫ちゃんが楽しく過ごせてよかったです。
M3580001M3580003M3580004M3580005M3580009M3580010
楽天市場
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ