よろず日記

趣味のラジコン飛行機や音楽その他日常の面白そうなこと等いろいろ取り上げます。

ひとり農業 オクラが最盛期です。

 先日まで梅雨の長雨で日照不足気味でしたが、梅雨が明けたとたんに猛暑続き。おかげ様で日照不足は解消しましたが今度は猛暑との闘いです。今はオクラやミニトマト、いんげん等の収穫と並行して秋・冬野菜の土づくりを行っています。猛暑の中肉体作業は結構辛いです。熱中症に気を付けながらやっています。

 今オクラが最盛期です。オクラは5畝全部で50株余植えています。種からよくこんな大きくなったと感心します。今やわっちの背丈を超えてしまいました。畝の間に入ると、まるでナウシカの樹海の森に入ったような気分です。
M6490001M6490002M6490003














































 オクラは1日に5・60個採れます。多いときには70個の時もあります。今日も朝市場に出荷してきましたが、家や次男宅だけではとても消化しきれません。

 目残しが結構あります。今オクラの成長期なので1・2日取り忘れるととんでもない大きさになります。茎ブロッコリーやきゅうりもそうでした。きゅうりはウナギかウツボを連想させるような太さになってしまい結局破棄せざるを得なくなります。もったいないです。オクラも大きくなりすぎると固くなり美味しくないので破棄します。

 なのでオクラは畝の間を2巡します。葉っぱや茎に隠れて見えないんです。違った角度から探すと結構目残しに気づきます。目残しがないようにしっかり採ります。
M6500001M6500002

今年初めての桃 ごちそう様

  今年初めて桃を食べました。昔は結構食べていた記憶がありますが、最近は覚えがないです。先日夕方のニュースで痛んだ桃を動物園のカバとかチンパンジーにおやつとしてやっているシーンがあり「うーーーんわっちもホスィーい」となりワイフに買ってきてもらいました。1個400円もするんです。4個大玉の桃を買ってきてわっちは2個食べてもいいよ、ということで十分冷やして味わって食べました。

 普段から「いろはすの桃」はよく飲んでいます。今は「なし味」も好きです。ガムはフルーツ味、特にやっぱり桃が大好きです。車やパソコンの横に桃味ガムは常備しています。 

 十分冷えた桃は食べごろだったようで、皮もペロッとむけ、1個目はかぶりつきました。2個目は日を改めて今度は包丁で何等分かにして味わって食べました。十分満足しました。今年はこれでお終いです。1個400円は高すぎ・・・晋作!!!
M6490004



 

Uコン機 ファイヤーバードベビー 製作6

  ファイヤーバードベビー号がなかなかできません。やっとこの状態です。あとベルクランク台、ヒートン台、ホーン等リンケージ、最終としてフイルム貼りです。飛行会はいまのところ中止の書き込みはないですが、全国的にコロナも増えてきているので中止っぽい感じはしますね。羽島の検定会も中止になりましたし・・・。

 ・・・ということでもしあったとしても今回は自主不参加にしましょうか。また落ち着いた来年用ということで作ってしまおうとは思っています。ただ今フルサイズのリンケージや修理、製作も含めて数機同時進行なのでなかなか進まないです。まっぼちぼちです。

  製作中に疑問点が出てきました。垂直尾翼は2枚あるのですが、設計図には右5度つける、とありますが左はどうするのでしょうか。図面は右側しかないのです。困りました。まあ左も5度のオフセットをつければいいのですが2つともオフセットを付けると飛びはどうなるのでしょうか。ファイヤーバードの厳(35クラス)を参考にすればいいかもしれません。早速設計図を探そう。
888

ひとり農業 かぼちゃの収穫終了

 昨日かぼちゃの収穫をほぼ終えました。まだ1・2個残していますが・・・。梅雨の長雨で日照時間があまりに少なく、今後も日照時間の確保が難しいのでここで終わりとしました。6株植え付けて計13個の収穫でした。種からが4株、種からできるかどうか不安だったので苗2株植え付けましたが種からで十分でした。かぼちゃは初めてでいろいろ反省点はありますが、まあ13個の収穫だったのでよしとします。1個1番重いのが2.3kgでした。1番小さいのが1.3kgでした。収穫から10日以上おくと甘味が増すといいます。
55















 初収穫のかぼちゃは4個でしたが、1個は次男宅へ、1個は市場へ、後はパンプキンスープ、かぼちゃの煮物、かぼちゃステーキとおいしく頂きました。

 かぼちゃは仕込みをきちんとしておけば後はメンテフリーに近いです。注意点はツルの方向を6株とも同一方向にすること。子ヅルの摘心のタイミングと2本とかの本数をうまくしないとごちゃごちゃになってしまいます。今回は隣の畑33屬空いていたのでそちらにツルがいくようにしましたが、反対方向にも伸びて、ネギ2畝、トウモロコシ2畝の間に入り込んできてネギにツルが絡み葉の部分が無茶苦茶になりました。
 ネギは根っこが残っていればまた生えてくるので、かぼちゃ優先でネギの葉っぱの部分は切りました。トウモロコシの間に入って来たツルはトウモロコシの世話をしているとつい踏んでします。その先の部分を枯らしたりもしました。結論はかぼちゃのツルは全て同じ方向にまとめると世話がしやすいと分かりました。

 ここの畑はミツバチがよく来るので人工授粉は必要ないみたいです。でも早朝の水やりの時、雌花を見つけた時は一応人工授粉をやってはおきましたが・・・。

 朝起きて雨戸を開けるとスーパーの種からのかぼちゃの花が健気に咲いています。一応実もできているのですがあまり大きくなる気配はありません。でも折角なので先日追肥をして土もいい土を上に被せておきました。畑のスーパー種のかぼちゃもまだ生きていますが生育の勢いは止まっています。まあ気長に見守ります。

<付け足し>
 かぼちゃを作っている農家に聞くと、1株あたり10個ぐらいできたとのことです。なので6株で13個は少なすぎですね。たくさんできても仕方ないけど、来年は取り合えず少な目に植え付けようと思います。 
585657

古くて新しいF3A機の塗り完成

 古くて新しいF3A機 ネオ・ステージの塗りが完成しました。この機体は4・5年前にキットを買ってコツコツ作っていましたが粗方形になった段階で1・2年放置・・・今年に入ってまあ作らないと型遅れになってしまう、と絹張り、下地塗装まで頑張りましたが・・・ここでダウン、製作意欲が途切れました。後白塗りとカラーリングでしたが気持ちが続きませんでした。
8888















 今年中に何とか完成しようと意気込んでいましたが情けないです。結局ウイングクラフトイナガキさんにカラーリングをお願いして、今日戻ってきたんです。機体名は「エスプレッシーボ」(音楽用語で表情豊かに・・・)と名付けました。今飛ばしているスーパーステージからこの機体名です。

 カラーリングもネオ・ステージとは似ても似つかない・・・どちらかと言うと「ファンタぽい」カラーリングにしてもらいました。
 
 フライトホビーからは新作機「トップ・ステージ」が先日発表されましたので、ネオ・ステージは完全に型遅れになってしまいました。でも機体名もカラーリングも全く独自なので誰もこの機体がネオ・ステージだとはわかりません。ウッシッシです。いい感じで仕上げてもらいました。久々に新作機を目の当たりにした気分です。イナガキさんに仕上げてもらってよかったです。
 
  この後リンケージ等頑張って9月の検定会デビューに間に合わせようと思います。

<付け足し>
  フライトホビーの新作機トップステージは単葉のコントラです。アキバさんの新作機インターセプターも単葉コントラです。どちらもコントラなので、コントラはF3Aの定番になったようですが、BIPが定番かというとどうもそうでもないようですね。なぜフライトホビーもアキバさんのところも新作機は単葉なのでしょうか。まあとっつき易いという商売がらみのところもあるのでしょうかね。そのうちBIPも出るんでしょうね。

  コントラならBIPが似合います。単葉にコントラは飛行機というより、マシンという気がしてあまり好きくありません。ぺらが大きすぎ。でも実機のムスタングとかシーフューリーとかのコントラはバランスがよく見栄えがします。どちらにせよわっちはコントラはリスクが大きすぎるので3葉で十分です。
88778866

 

梅雨の晴れ間 微風フライヤーいざ出動

  雨・雨・雨の毎日です。そんな中今日は待ちに待った晴れ間です。こんな日に飛ばさないでいつ飛ばすんだ・・・というぐらいいい天気です。ただ風が少しあります。

 飛行場は大丈夫かなと川の水量を見に行くと川面はすぐそこです。流れも急です。もしものことがあったら回収はとても無理ですね、一抹の不安が・・・。・・・でもこの不安が後で現実になります。
M6390005M6390008






























  先日来よりとばしている紙飛行機をまた持ってきました。2機のうちよく飛ぶ方です。このところの雨で紙製なので完全に湿気て全体がブヨブヨです。少しずつ乾燥してきて飛びも戻ってきました。・・・・と思ったら飛びすぎて後ろの高ーーーい木に引っかかってしまいました。
M6390010
M6390001M6390002M6390004



























































  はじめは仕方ないな・・・と諦めていましたが・・・・やっぱりもったいないので取ることにしました。後ろの竹林の竹を1本切ってつつくと呆気なく回収することができました。よかった!!!新しく生えてきた竹で真っすぐの竹でした。

  今日の肝心のP21のフライトは5フライト。全てヘロヘロの飛びでした。最近は左右どちら上がりでもいいように左右交互に逆風でもお構いなく飛ばします。できるだけ左右の得手不得手をなくすようにしています。微風の時しか来ないのでできることですね。

  規定の5フライト終わったので片付けて、また紙飛行機を飛ばします。飛ばす要領は風、向き・角度、機体の細かな修正等々で1回1回飛びは変わります。でも最後カタパルトを発射するとグングン上昇、風にのって1周2周「へーーっよく飛ぶーーー」・・・でも「あれっ方向が・・・」増水した川がどうも呼んでいたようです。糸を引くようにスーーッと川に向かって行きました。

  流れが急な川には危ないので近寄れません。少し離れて川を見ました。でも流れていく様子はわかりませんでした。川岸の草に引っかかっているのかも知れませんが近寄れないのでここまでです。はじめの予感が的中した感じです。「回収は無理・・・・。」
 

「キュラーレ60」製作 その3

 梅雨真っ盛りです。毎日雨、今日も明日も雨・・・・ほとほと嫌になります。ですがそんな時だからこそ工房にこもることができました。晴れていれば畑か飛ばしに行くかですね。

 でも今日は雨はひと休み。曇り晴れの天気でした。そこで今日こそは、とペーパー掛けをしました。製作が遅れているキュラーレ60の主翼のプランク材と骨組み。それとファイヤーバードベビーのペーパーがけです。そこそこきれいに終了しました。

 ファイヤーバードは胴体以外はこれで出来上がりです。胴体はタンクと脚(主脚と尾輪)を取り付けたら全面プランクで終了します。キャノピーもありました。もうすぐ完成です。

 ペーパー掛けをしているとつい力余ってバキッとバルサを割ってしまいます。そんな時は瞬間で直します。瞬間は中〇製とメイドインジャパンと使い分けています。ここぞというところはメイトインジャパンの瞬間は力を発揮します。中〇製はいろいろ制約があるようでくっ付かない時が結構あります。そんな時はジャパン製に限ります。
M6380001M6380002M6380004M6380005

Uコン機 ファイヤーバードベビー製作5

  各部分のパーツができたので組んでみました。こうするとまた製作モチベーションが上がります。
完成まではまだまだですが、この後燃料タンクと脚のピアノ線を用意しないと胴体上部・下部のプランクができません。あとは主翼中心部のプランクですね。

  それでいよいよ完成です。全体をサンディングしたいのですがこの雨なのでちょっと気が進みません。フイルムで仕上げるので早く、軽く仕上がると思います。ただ耐油という点では弱いですが、とりあえずいつも飛ばす機体ではなく9月の「09の集い」だけ飛ばせればいいかな、という程度なのでとりあえずは「よし」とします。
M6370001M6370002

Uコン機 ファイヤーバードベビー製作4

  今日はファイヤーバードベビーの主翼の製作です。リブを切り出してスパーは4×4です。後縁材は3×10のヒノキですが重たいのでバルサにしてカーボンロービングで補強しようと思っています。兎に角軽く仕上げたいです。
M6360001















  キットは主翼の前面プランクはないです。ほんとは前面プランクキャプストリップぐらいはやりたいですが、10クラスだし軽くするには何もしないことが一番でしょうか。キット通りでいきます。水平尾翼やフラップ材にはホーンの位置にベニヤ材で補強しカーボンシートを瞬間で貼っておきました。

  あとはベルクランク取り付け台、ガイドヒートン台、外側の重り取り付け場所、中央プランクぐらいでしょうか。先が見えてきました。燃料タンクを何とかしなきゃいけません。去年Uコン機はもう作らないだろうということで真鍮製の燃料タンク結構あったのですが全て処分してしまいました。ラジコン用の小さいのを使おうと思います。
M6360003M6360005

Uコン機 ファイヤーバードベビー製作3

  相変わらず腰が軽いです。さっと工房にこもれます。ファイヤーバードベビーのエンジンマウント完成です。これができれば胴体の80%は終わったようなものです。エンジンマウントの材質は贅沢にサクラ材です。以前Uコン機を一杯作ろうとネットで10×12のサクラ材を数十本仕入れてましたが、途中いらなくなり少し残して全部ネットで処分しました。残しておいてよかった。

  機体の軽量化のためにサクラ材は肉抜きしました。もっとできるといいのですが、肉抜きしていてジクソウの刃を折ってしまい、交換するのが面倒なので後はボール盤とグラインダーで仕上げました。ほんとは軽量化のためにカーボンを多用するといいのですが、設計図を変更するとまた製作がストップするので基本的に設計図通りに進めることにしています。

 軽量、補強のために凝った作りにするには、エンジンマウントは3ミリベニヤに裏表カーボンを張り付け側板も胴枠もカーボンで補強、エンジンルームはカーボンで真っ黒になりますがそうすることで軽量化と補強は十分です。以前プロのカーボン仕様のUコン機をみたことがありますがとっても精悍な感じでした。

 次は翼関係のパーツ切り出しに移ります。
M6350001M6350002
楽天市場
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ