よろず日記

趣味のラジコン飛行機や音楽その他日常の面白そうなこと等いろいろ取り上げます。

市民第九演奏会

M3710001







































 この演奏会の出演者が知り合いでチケットをもらったのでワイフと一緒に行ってきました。プログラムを見て少しがっかりしたのは、メインの第九の前に第1部、第2部とあったことです。てっきりちょっとした小曲と第九だけだろうと思っていたし、第九だけ聴きたかったので少しがっかりでした。文化会館は客席600余席の小さめのホールです。今日のメインが市民合唱団の出演なので関係者とおぼしき人たちでほぼ満席になっていました。

 演奏は世界的に有名な指揮者の古谷誠一氏、オーケストラはこれまた世界的に有名な可児交響楽団、ソリストは「魁」というグループに所属する人たちでした。合唱団は市民を中心の参加者138名で12歳から80歳代までの団員構成です。

 第3部の第九は4楽章だけでした。わっち自身は学生の頃テノールのパートを歌ったことがあるので懐かしくある意味楽しみにやって来ました。

 4楽章の荒々しく始まる冒頭部分を聴いたとたん、「えっこんな田舎で生の第九ができるんだ」「生の第九をこんなに身近に感じるなんて」と今回の演奏会が開かれたこと、ある意味、意外さ・頼もしさを感じました。

  当初からオケも合唱もアマチュアなのでそれなりの演奏ということは承知していましたが、随所にアマチュアオケ・合唱団特有の技術的限界や練習不足からくる表現の単調さ、ぎこちなさ、演奏全体の荒っぽさ等々が気になりました。オケではバイオリンの速いパッセージから始まる部分ではテンポについていけず遅れ気味になったり、喜びの歌の静かに始まるコンバスの旋律は微妙にピッチがずれています。ユニゾン部分でのピッチのずれは特によく目立ちます。もう少しパート練習でここに注意してやればいいのに、なんて余計なことを思いつつ聴きました。

  またオーケストラに気の毒だったのは、ステージが狭い上に合唱団・ソリストのスペースもいるので楽団員40余名ほどはステージの前の方に陣取っていました。最悪なのが木管、ホルンがステージ袖際、反対のステージ袖には打楽器類を配置せざるを得なかったようです。最悪はシンバルはステージ右袖の前に位置していたので響きのない直の音が会場に飛んでいました。

  演奏は随所に気になる部分はあったものの、曲の静と動、明と陰や緩と急等曲全体の雰囲気、深みをよく出していました。ソロもそれなりに雰囲気を出していましたし、特に合唱が入ってきてからは、ダイナミックスの点ではオケと合唱が一体となって会場全体を包み込んでとても感動的な演奏に思えました

今回の演奏会でつくづく思ったのは演奏の上手い下手は確かにありますが、大切なことは演奏者が聴衆に何を表現したいのか、ということが明確であれば上手・下手関係なく聴き手にしっかり伝わって行く、ということがよく分かりました。今回の演奏で言えば、自分たちのお手製の音楽「おらが町の音楽」をみんなで共有しようという意図がよくわかった演奏会でした。その意味で大変感動的な演奏会だったと言えます。

GYAOの映画が面白い

  GYAOの無料の映画が面白いです。今はアマゾンやWOWOも含め映画やドラマを手軽に観れる機会はいろいろありますが無料はなかなかないです。GYAOの無料映画は無料というだけあって当然古い作品ばかりですが、良い物はいつ観てもいいです。

  テレビにしても各局の過去のドラマで再放送がない作品はオンデマンドなんかで観れますが有料なので観ません。お金払ってまで観ようとは思いません。なので手軽なGYAOの無料映画はとても重宝しています。まあYOU TUBEの映画も時々観ますがやはりGYAOが面白いですね。ただ無料なので苦情は言えませんがコマーシャルが多いのは嫌になりますね。ドラマのいい部分で入ることもあり幻滅します。

 一気には観ません。連ドラではありませんが15分か20分ずつ観ます。楽しみは少しずつです。一気に観るとかなりドキドキものが多くとても心臓が持ちません。なのにで少しずつ、あるいは他の映画を観てドキドキを冷ましながら観ています。3作ぐらい同時進行で観る時もあります。結末まで観てストーリーが分かった作品は良かった部分(特にラスト)を繰り返し観て堪能します。

  無料配信なので配信停止になるものもありました。配信期間があるので気をつけながら観ています。以前テレビドラマの「トランスポーター」15話というのがあり、少しずつ観ていると何話かで配信停止ということもありました。

  わっちはアクション物・戦争物(特に空物)が好きで今まで

レッドバロン=第一次大戦中の空物 パイロット、リヒトホーヘン物語(終)
 フライボーイズ=第一次大戦の空物 フランス空軍の戦闘アクション(終) 
 スペシャルフォース=仏軍特殊部隊のアフガニスタンでの救出ドラマ
 レッドプラネット=宇宙物、火星探検
 15ミニッツ(ロバート・デニーロ主演)
 沈黙の鎮魂歌(終・S・セガール主演)
沈黙の処刑軍団 (S・セガール主演)
 スカイイーグル(空物:チリの空軍パイロット育成)  
 オーケストラ(音楽:昔の楽団員を引き連れてパリで公演)
セイフ(ジェイソン・ステイサム主演)
その他いろいろありました。
    
 今チビリチビリ観ているのはスカイイーグル(空物:チリの空軍パイロット育成)です。 
https://gyao.yahoo.co.jp/player/00603/v12315/v1000000000000000683/?auto=1&rep=2



 

ネオ・ステージの製作 その8

M3700001M3700002M3680006













































 ネオ・ステージの製作はまだこんな段階です。今年中には完全生地完成にしたかったのですが、どうも無理のようです。

 今日は各アライメントを計測確認しました。主翼・尾翼の左右の誤差の5mm程度は目をつぶることにしました。カナライザーと主翼の取り付け角は、取説ではカナライザー0度に対して主翼が0.5度プラスということでしたが、両方0:0でした。主翼の取り付けピンを少し削る必要があるかも・・です。

  あとの工作は主翼のエルロン材の切り出し加工、垂直尾翼の取り付け加工、主翼止めのピンの接着です。そしてモーターマウントの補強としてカウリング側にカーボンロービングをたっぷり貼り付けます。そしてそのあと全体にペーパーで整形し、凹の部分にポリパテ整形して完全生地完成となります。まあ正月一週間ぐらいには何とかなると思います。カラーリングは自分でやるつもりで下地セット・絹を購入しましたが、さてさてどうなるでしょうか・・・ウン年ぶりのカラーリングですができるでしょうか。

飛ばし納め

47

















 ちょっと早すぎますがわっちにとっては今年最後の飛ばし納めということでやって来ました。まだまだ今後も穏やかな天気はあり「飛ばしたいな」とうらめしく思う時もあるかと思いますが野暮用も一杯、機体製作も進んでいないしそのほかにも・・・ということで本年最後のフライトとしました。

 今年も保温庫の出番になりました。リポ・受信機バッテリーを飛行場まで保温します。小さな車に積むのは大変ですが何とかなりました。
46















45



















 YS大会があったのでエンジン機をしばらく飛ばしていたせいか、余計にファンタに指が馴染みませんね。ファンタの調整もほどほどにしてP−19の練習をしました。

以下P−19の飛ばしにくそうな部分を拾い出してみました。
 ,呂犬瓩離肇薀ぅ▲鵐哀襪肋紊蠅裡苅掬拆緇挫罎離札鵐拭爾魄媼韻靴覆い肇櫂ぅ鵐肇蹇璽襪早く終わり過ぎると頂点まで間が空きすぎます。センターの見極めがポイントですね。あと下りのポイントロールの後ついアップを引いて直線がでません。

■苅掬拆緇困離蹇璽襪寮擇衒屬靴亙9臑匹砲覆襪里把樟が出しにくいです。

 キューバンエイトはスナップが大きな課題ですね。スナップの止まりが水平でなければ15度ルールで減点、でも次もループなので傾きは直さざるを得ないので直すとまた減点・・・とここは減点されやすい演技ですね。レバーか指かというのも迷うところです。
  (センターが合っていないと減点、スナップの止めで減点、直しで減点 6点は引かれそう)

 ぅ螢弌璽好灰屮蕕魯灰屮蕕硫爾離襦璽廚水平高度まで下がるのか、もっと高くてもいいのかによって、前のスクエアーループの高度の取り方が変わってきますね。

 イ笋蠅砲いのは9番目のストールターンのセンター位置ですね。開始のロールの後のポーズはいるのでしょうか。いらないのならロール終了後すぐに上昇のためのループに入りますが、ループに入るR、ストールターンが終わっての水平に戻るR、2つのRを足した長さとロールの長さを同じにすれば、ロールが終わった所がセンターでもいいのでは、と思います。まずは様子見ですね。その内定番というのが出てきますね。

 Γ隠曳嵬椶離淵ぅ侫┘奪検Ε侫薀ぅ箸魯蹇璽襯譟璽箸砲茲辰討呂なり早い位置で開始しないとセンターのナイフエッジが間に合いませんね。

В隠吉嵬椶離瀬屮襯ーもやっかいですね。全てのRが同じR、降下・上昇は45度・・・・やっかいです。この演技の下のRの高度は水平高度より高くなりますがいいんですかね。

 ┷埜紊離好エアーループは昔の演技にもあったのでそれ程難しいものではないですが横長にならないように気をつければいいと思います。

P−19のルール説明会の時に分からないところは質問するということでまずは左右間違いなく演技できるように飛ばせなければ・・・ということで練習、練習ですが今年は終わっちゃいました。ジャンジャン!

ワルター・アウアー フルート・リサイタルを聴いて

M3670001
































  ワルター・アウアーのフルートリサイタルを聴いてもう2週間が経ちました。感動の醒めやらぬうちにブログに記録しようと思ったのですが、つい延び延びになり2週間経ってしまいました。

  コンサートは久しく行ってないので次の案内が来たら「絶対行こう」と思っていましたが、案内はフルートのソロコンサートでした。正直もう一つ盛り上がらない気分でした。

  でも演奏を聴くに当たっては「アマチュアレベルからプロまでどんな演奏でも必ず良いところはある。それを見つけ出せるかどうか、そういう聴き方をしないと・・・」と学生時代友達と話し合ったことがあります。

  今回もフルートソロということで少し気持ちが落ち込みましたが、取りあえず聴きに行き感動部分を探そうと出かけました。会場はいつもの岐阜現代美術館/NBKコンサートホールです。

  久々のコンサートでしかもフルートソロですが、今までこのNBKコンサートホールでの演奏会は8割、9割期待を裏切られたことがないので、さてどんなコンサートになるのか楽しみ半分、冷やかし半分の気持ちで聴きました。フルート一本で2時間余の演奏時間、聴衆を飽きささずに演奏に引き込む、いな聴衆の心の琴線を揺さぶる演奏が果たしてできるのでしょうか。演奏はフルート:ワルター・アウアー ピアノ伴奏:沢木良子です。

  さすが現在ウィーンフィル、ウィーン国立歌劇場の首席奏者であるワルター・アウアーでした。フルート一本(もちろん素晴らしいピアノ伴奏があってのことですが)でぐいぐい聴衆の心を引っ張っていく素晴らしい演奏でした。指揮者としても高い評価を受けいろいろなオーケストラで活動していることからも納得でした。奏でる音楽のスケールがとても大きく感じました。

本日のプログラムの第一曲目の「カール・フリューリングの幻想曲op.55」は初めて聴く楽曲ですが、とても耳あたりのよいきれいなメロディーで始まり、コンサートの導入としてはとてもよく、フルートとピアノの心地よい響きで引き込まれて行きます。

  どの楽曲もある時は超絶技巧の素早いパッセージ、ある時は情感たっぷりのフレーズ、どこをとってもとてもフルート一本で演奏しているとは思えません。もちろん沢木良子さんのフルートを引き立てるピアノ伴奏あっての演奏ということが言えますが、素晴らしいダイナミクスの変化、旋律の抑揚・ゆれ、ピアノとの絶妙な掛け合い等々に感動してしまいます。


 特に良かったのは4曲目の「シャルル・コティーニーのベッリーニのオペラノルマの主題による華麗なる変奏曲」でした。イタリアオペラ特有の節回し、情感あふれるフレーズをこともなく一本のフルートで吹きこなしていきます。まるでソプラノやテノール歌手が歌っているかのようです。 

アウアー氏は フルートのフレーズが終わりピアノの間奏部分になると指揮をする仕草もありました。音楽をフルートという枠ではなくオーケストラのような大きなスケールで捉えているということがよく分かりました。

  プログラムは以下の5作品でした。
     カール・フリューリング「幻想曲op.55」
     モーツァルト「きらきら星変奏曲」
     シューベルト「しぼめる花の主題による序奏と変奏曲」
     シャルル・コティーニー「ベッリーニのオペラノルマの主題による華麗なる      変奏曲」
     R・シュトラウス「ヴァイオリンソナタop.18のフルート編曲版」

 <付け足し>
  フルートは低音はボー 高音はヒーヒーという好きではない音色に対しての固定観念がありましたが、さすがアウアー氏のフルートは全く違っていました。まずこんなに良く鳴るフルートは初めてです。鳴りきっていました。高音は透明な細い糸のような澄みきった音、低音は太く輪郭のはっきりした確かな音、フルートの音の概念が変わりました。

  また沢木さんのピアノ伴奏にも感動しました。以前何回か聴いた諸田さんの伴奏も素晴らしいのですが、沢木さんの伴奏は格別でした。ソロを引き立てる弾き方、音楽を大きく捉えた弾き方、ソロとの掛け合いの絶妙さ、全て格別でした。ピアノ伴奏のスタンダードになりました。
楽天市場
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ