昨日9月23日(土)、ケーナの演奏会に賛助出演しました。「美濃町家〜和と音の散策〜町並みコンサート」と出して、美濃市のうだつの上がる町並みの5カ所でジャズやオーケストラ、カルテツト・・・という具合に旧家の中を即席コンサート会場にした、とても古くて新しい洒落た企画のコンサートが開かれました。

ケーナ 私が賛助出演したのは、小坂家で行われたロスアルボレスのグループでした。全くのにわかバンドです。ただし主役のケーナとギターは本物で、以前から活動していたグループの方々ですが、今回メンバーが足りないということで急遽賛助することにトントン拍子で話が進みました。私はパーカスの担当でどちらかと言えば、ピアノかギターの方が良かったのですが、まぁ久々に人前でできる良い機会だし、楽しそうなので引き受けました。

 曲は、主役がケーナということなので、南米系の音楽「コンドルは飛んでいく」「コーヒールンバ」等の南米系の音楽を7・8曲演奏しました。合わせの練習は本番前のリハも含めて3回の計3時間程度でした。お客さんもそういないだろうし、まぁいいかっ、てな感じで本番に臨みましたが、なんのなんの当日は、道路にもはみ出すほどの盛況で、にわか賛助にしてはヒヤヒヤものでしたが、結構楽しく演奏できました。また、こんな機会があればやりたいなと思いました。そうか今度は、ジャズかベンチャーズがいいかな、でもメンバーがまず揃わないですね。