ジャズ1 またまた岐阜現代美術館でコンサートがありました。ジャズと言えば、10年ぐらい前、岐阜のとあるパブで聴いたトミー・フラナガン・トリオの演奏に酔いしれたあの忘れられないひとときを思い出してしまいましたが、今回はこの会場でジャズコンサートがある、というので楽しみにしてきました。工場とは思えない、緑と泉に囲まれたとてもおしゃれな会場は相変わらずです。夜のとばりもおり、泉の周りの灯が水面に映り落ち着いた雰囲気を醸し出しています。
ジャズ2 
鈴木重子という歌手ははじめてです。東大卒の異色?歌手です。ジャズはピアノオンリーかピアノトリオかフルバンドのような器楽系が好きなのですが、歌もたまにはいいかなと思い来てみました。曲目はジャズのスタンダードナンバーからボサノバ、ジャズアレンジ版の日本の童謡などいろいろでしたが、穏やかなナンバーばかりでつい睡魔が襲って来ました。でもユーモアのあるトークでまた目が覚めます。とてもハスキーな歌声でしっとり落ち着いたムードはとてもいいです。ピアニスト、ベーシストもとってもいい演奏をしていまた。ピアニスティックな音、スウィングするベース、2つの掛け合いにはつい引き込まれました