よろず日記

趣味のラジコン飛行機や音楽その他日常の面白そうなこと等いろいろ取り上げます。

2012年10月

F3A電動化 その2

アルテアの電動化が少しずつ進んでいます。機材関係でないのは発電機だけです。後はそろいました。先日松田製作所でプロペラとスピンナーのバックプレートの12mm用の穴開けをやってもらいました。とても精度のある穴開けをしてくれました。さすが職人です。DSC06086
AXSIのモーターをエンジンベッドに固定するのですが、固定するビスの所が丁度ベッドの肉抜きをしている所だったのでその場所をベニヤとカーボン板ではさみエポキシでガチガチにしました。これでモーターが搭載可能になりました。その後ろにアンプ、そして脚の下にバッテリーを置く場所も作りました。DSC06087
冷却用の空気穴も側板にドンと開けました。白はうっすら吹いているので後白が残る所を中心に最終白を吹いて後カラーリングに入ります。今更アルテアカラーでもないので・・・・と言うのもあのカラーリングは難しく面倒です。もっと簡単にしかしド派手なメタリック系のカラーリングにしようと思っていますがさてどうなるでしょうか。

我が家の柿 今年はじめて実をつけました。

ひとり生えの柿の木に実をつけました。桃栗3年柿8年といいますが8年経ったかどうか不明です。木自体はまだまだ小ぶりです。ですが今年はじめて実をつけました。もっとたくさん実をつけていましたが枝1本に1個の実になるように間引きました。こんな小さな木にも実がなるんですね。家内の実家は柿畑があるのですが、どうやらそこでもらった柿を食べているうちに種を1個ペッとやったのかもしれません。場所が花壇なので根がそんなに広くはれないので大きくはならないと思います。現在7個実がなっています。実も小ぶりですがそろそろいい色になってきています。もうすぐ食べれそうです。さてお味はどうでしょうか。DSC06084

美濃市灯りアート

美濃市の灯りアートが10月20・21日にあったので見てきました。毎年来ますがすごい人出です。灯りアートを見に来たのか、人間を見に来たのか分からないぐらいです。DSC06071
とても良い天気で、秋の夜空に静かに浮かぶ月とうだつの屋根のコントラストがとても良かったです。DSC06072
DSC06070
DSC06069
DSC06068
DSC06067
DSC06066
今年の話題のひとつのスカイツリーもありました。DSC06065
DSC06064
DSC06063
DSC06062
DSC06061
DSC06059
DSC06058
DSC06057
DSC06054
DSC06053
DSC06052
DSC06051
DSC06050
DSC06049
DSC06047

F3A電動化少しずつ

 今F3Aの電動化を少しずつ進めています。遊びの機体は今は電動機ばかり飛ばしています。遊び用の燃料がそろそろ酸化をしはじめるかも。でも当面の主流はエンジン機です。電動F3Aは本調子になってからということで、これからいろいろ教えてもらいながらゆっくり楽しみながら進めていきます。
 ビンゴの電動化パーツが発売になったのを知って、電動化の手始めにビンゴを電動化しようと思ったのですが、マウント周りやタンク周りを削り取る必要があり結構大変な作業になりそうなので止めました。作りかけのアルテアはエンジン機のままだとこの後も絶対にしあがりそうもありませんので、これを電動機にすれば製作のモチベーションもグッと上がり一気に仕上がる感じがしましたのでこれに決めました。F3A電動入門機は取りあえずアルテアです。思ったが吉日で早速マウント周りを改造し始めました。DSC06021
良い感じで納まりそうです。モーターは10S仕様のアクシー、アンプはフタバ、ペラは分からないので取りあえずファルコンの21×14Eです。発電機以外は揃えました。バッテリーも今4セットあるので取りあえず家で4セット充電して行く予定でいます。バッテリーの慣らしをメビウス70でやっていますが最終6・7セット分は欲しいですね。発電機を買うのとどちらがいいのかこれから考えます。
 電動機FXとしては、お値打ちなヴァンキッシュか新しいペガサスもいいですね。スーパーステージもいいです。まっいろいろ次期FX機選定は楽しみながら悩みます。
 電動機の難点は、冬場のバッテリーの管理、大会の時の雨の時の対処、普段の練習の時の飛ばさなかった時の満充電した電池の管理等々・・・電動ならではの悩みがありそうですね。DSC06020
クラブ員のモグラにとんびが威嚇しています。エンジン機では来ないのですがモーター機だと他の鳥が縄張りに進入してきたと思うのか必ず威嚇にきます。以前メビウスを飛ばした時は、離陸してコースに入ったと同時にどこからともなく6・7羽のとんびが飛行機の周りを旋回してとても飛ばせないのですぐにおろしたことがありました。

ヘルマン・メニングハウス ヴィオラリサイタル

 メニングハウスという人のヴィオラコンサートが10月6日いつもの鍋屋バイテック=岐阜現代美術館でありました。回を重ねるごとに聴衆人数が増えていくように感じます。2・3年前は会場もかなりゆとりがあって、こんな田舎で、これほどの上質の音楽をこんな間近で聴けるなんてと信じられない贅沢を味わっていました。でも最近は口コミからか聴衆が少しずつ増え会場がすこし窮屈に感じはじめました。我がままな言い分は分かっていますが、本来芸術は我がままなものなので、許せる限り贅沢な空間で贅沢な音楽を存分に味わいたいというのが本音ですね。DSC06019
 
 曲目はヒンデミットの「葬送音楽」これは3.11の震災の慰霊の意味で演奏されたようです。本人よりその旨の説明が演奏前にありました。はじめて聴く曲でした。そうでなくてもヒンデミットの作品は聴くチャンスがあまりないので良い機会ではありました。ヴィオラ独特のゆったりとした中低音主体の旋律線、ピアノとの教会の鐘の「ゴーン」という響きの掛け合いが印象的でした。
 2曲目はショパンのソナタです。もともとはチェロソナタですが、ヴィオラに編曲されたものです。4楽章制ですが、どの楽章もとても印象深い曲で、ピアノとヴィオラの絶妙なアンサンブルがとても良かったです。ショパンと言えばピアノですが、チェロソナタもあるんだと少し驚きました。それがそれがとても重厚でいい曲です。伴奏部分にいかにもショパンというフレーズが出てくるのですが、その他全体はまるでブラームスの弦楽合奏を聴いているかのような重厚さがありました。とてもいい曲で好きになりました。本来のチェロもいいと思いますがヴィオラも重厚さをよく表現していました。DSC06018
 後半はブラームスのヴィオラソナタ(原曲はクラリネットソナタ)とブリテンの「ラクリメ・ダウランドの歌曲の投影」これらもはじめての曲です。ブラームスはエネルギッシュな構成感と情感あふれる旋律線で独特な世界観を作り上げています。とても好きな作曲家のひとりです。ブリテンの曲はどちらかと言うとインパクトが弱いのでプログラムの最後にはちょっとあわないような気がしました。そのせいなのか、アンコールが4曲もあり、最後はバイオリンまで持ち出しチゴイネルワイゼンのど派手な演奏で終わりました。諸田さんのピアノは出過ぎず、弱すぎずのダイナミクスで、間の取り方、掛け合い等々絶妙のアンサンブルでした。メニングハウスというひとはさすがカラヤン率いるベルリンフィルにいただけあり相当のテクニックを感じますが、何よりも情感あふれるフレーズの表現はすばらしいです。アレグロのテンポの速い曲もいいですが、ラルゴなどビブラートをたっぷりとかけ情感たっぷりのボーイングで奏でる旋律にどんどん引き込まれるのを感じます。とてもすばらしい演奏会でした。

第67回岐阜清流国体自転車ロードレース

10月7日国体の自転車ロードレースが美濃市でありました。毎年あるツアーオブジャパンと同じコースなのですぐ近くを通ります。なので見に行ってきました。DSC06006
2周目なのでまだ一団となって通り過ぎていきます。一団が通り過ぎる時の迫力はすごいです。DSC06008
DSC06009
DSC06011
結果はどうだったんでしょうか。

いよいよ始まった第67回岐阜清流国体ラグビーの試合

DSC05996

岐阜清流国体開会式から1週間経ちましたがやっとラグビーが始まりました。愚息がCTBとして出るので古川町まで行ってきました。高速使って約2時間です。山の上にあるグランドでした。
対戦相手は長崎です。相手はトップリーグ下の選手も何人かいる・・・とのことで岐阜は初戦敗退かもと言っていました。パッと見、いかにもラガーマンという体格です。長身がっちりボディー精悍な顔等々、動きは俊敏です。これはいくらひいき目にみても「負けソー」という感じです。案の定開始10分ぐらいで1トライ取られました。しかし、ゴールキックが入りません。ボール支配率もよく、常に岐阜陣地での試合が前半長く続きました。動きが俊敏でターンオーバーも何回かありましたが、どうも最後の詰めが弱く、ゴールライン2mぐらいまで攻めてもそこで反則、というのが2回あり助けられました。前半は5:3の2点負けで終了しました。
DSC05997

後半はボール支配率は五分五分ぐらいになり相手のスキを見て上手くゴールしたりしました。清流はキッカーの精度が抜群でした。前半にあった相手反則からのペナルティーキックを確実にゴールし2点差としましたし、後半のゴールでもかなり遠く角度がある位置からのキックも確実にゴールさせました。大したものです。
DSC05993

結局17:10で長崎に勝ちました。岐阜開催なので是非1勝はしてほしいと言われていたそうですが、それを果たすことができよかったです。次回は七日広島と対戦です。
楽天市場
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ