M2530007















   驚きました。リッター30kmを超えたんです。ホント??とつい疑ってしまいます。プリウスに乗って2ヶ月、こんな数値が出るもんですね。まあ実測でなくあくまで数字だけの話ですが・・・。でもびっくりというか感動に近いです。もう二度とお目にかかれない数値かもしれないので記念に撮っておきました。

  総走行距離は今3千km超えでタイヤやエンジンの慣らしが終わった段階です。給油ごとの実測は25km/L前後でした。もう少し期待していたのですが・・・。でもわっちのアクセルの踏み方がついガソリン車の踏み方になるので、この値は妥当かも知れません。カタログデータは37km/Lなので、実測は28〜30kmかな?と簡単に思っていたのですが。

  もっとも前の車ステージアはリッター9kmだったので25kmでも3倍に近い値なのでまあいいかなっと思っていました。そういう意味では初期の目標は達成しています。


  この30km/L超えはたまたま前を50km前後のゆっくりペースの大型トラックとバスがいて、追い越す所もなく、ひたすらだらだらついて行きました。偶然どの信号も青で停車することもなくひたすらだらだら走り続けました。

  ふとメーターを見ると30km/Lの手前の数値になっていました。エッと思いそのまま50km前後のスピードで走り続けると30km/Lを超えました。


以前乗ったことがあるGT−Rのようにブイブイとスポーツ走行をするのも楽しいですが、今時ですから燃費を少しでも伸ばす走り方があってもいいな、と思い始めました。EV走行が多く穏やかに走るので車に負担をかけないことや環境にもとてもいいし、何よりもガソリン代(1/3)がかからないが一番いいと思います。ただ他車に迷惑をかけない(特に後方車)走り方を心がける必要がありますが・・・。なので後方車がいない時は思いっきりEV走行でゆっくり走ります。時間にゆとりがあるのなら、ゆっくり走る車の後ろをゆっくりはしるのがいいです。


燃費のいい走り方も分かってきました。信号で先頭車として発進する時は、とろとろ発進せずにパワーをかけ50〜60kmの速度にした後EV走行をすると速度はそのままで数値も一旦下がりますがすぐに戻ります。後方車がいない時は発進からゆっくりEV走行します。

  兎に角アクセルを50〜60km前後で一定にして走行します。EV走行内であれば数値は少しずつですが上がります。上り坂は結構数値が下がるので、通勤でも坂がない道を選んでいます。坂は上りと下りで相殺されて数値は同じかと思いきや、上りだけでかなり数値が下がり、下りで元には戻りません。

次の給油までこの調子でリッターアベレージ29km〜30kmの数値を何とか保ち実測はどの程度か試してみようと思います。狭い、不格好・・・ただただ燃費だけで選んだのを少し後悔していたプリウスですが、ちょっぴり愛着がわきそうな感じです。

  <付け足しです。>

  通勤で早くも28km台なってしまいました。いろいろ気を遣って走るのはとても無理ですね。早くもギブアップ気味です。この走り方が習慣化しそうにもないです。やはり気ままにブイブイ走るのがいいです。実測25kmぐらいでも十分です。30km越えは一瞬の幻で終わりそうです。でも今回の給油分だけは出来る限り超エコ運転を心がけようと思っています。