陸王M2800002












































池井戸氏の新作「陸王」を読みました。それまで木内 昇の「光炎の人」を読んでいて二股掛けては読めないので「光炎の人」やっと読み終えた後楽しんで読みました。「光炎の人」は時代背景が明治、貧しい農家の三男坊の立身出世物語?でしたがやたら暗くジメジメした作品で楽しんで読めたかというと・・・?でした。でも池井戸作品「陸王」を読み始めたとたんに「パッ」と頭の中が明るくなり、スイスイと読むことができました。

あらすじは、「埼玉県行田市にある老舗足袋業者「こはぜ屋」。日々資金繰りに頭を抱える4代目宮沢は会社存続のためにある新規事業を思い立つ。これまで培った足袋製造の技術を生かして「裸足感覚」を追求したランニングシューズの開発はできないだろうか。
 世界的なスポーツブランドとの熾烈な競争、資金難、素材探し、開発不足・・・。従業員20名の地方零細企業が伝統と情熱、そして仲間との強い結びつきで一世一代の大勝負に打って出る。」・・・とありました。

 ドラマの構成はまさに「下町ロケット」でした。魂、プライド、仲間、技術、挑戦、信頼等々の熱い語りが随所にちりばめられています。「下町ロケット」「ルーズベルトゲーム」の展開を知っていれば、この先の展開は「おそらくこうなるな・・」と思っているとやっぱし、という感じでした。でも「この次はこうなるのでは・・・わかっちゃいるけど(読むのを)やめられねぇ〜っ」という感じでした。次々に出てくる難題、それをやっとの思いで克服したかと思うとまた次の新たな難題が・・・その克服の仕方が巧妙でとても面白いのです。ドラマは休みなくどんどん前に進んでいくとてもアグレッシブな展開でつい時間を忘れて読んでしまいます。

  そして最後は水戸黄門よろしく勧善懲悪の終末・ハッピーエンドで終わります。零細企業が開発するシューズ「陸王」は実績がない、成功する保証がないということで融資を断られた銀行、ライバルの大手シューズメーカーを社長と共に社員のプライド・魂がそれらを見返したり、やりこめたりする部分は池井戸作品共通の痛快まるかじりで読めます。

ただ以下のことが気になりました。
1.社長の息子の大地の人物設定がしっくりきません。あまりに自分自身にうとすぎる設定に疑問
を感じます。今まで大地だったら不平・愚痴ばかりのはずですが、陸王開発に関わり始めて毎晩12時近くまで嫌な顔もせずひと月もふた月も残業する、というのはないはずです。でもそれは目的のために一心不乱に開発・製造に打ち込む飯山の背中を見ていて、自然に本当の仕事の面白さというのが身にしみて感じ取っていたからではないかと思います。それでも最期の最期まで自分の進む方向が分からず飯山に指摘されないと自分が何をしたいのか分からない・・・という設定はどうもしっくりきません。

2.飯山の人物設定もしっくりしません。まじめで誠実な人間といいながら「べらまっちゃ調」で社長に対しても辛辣な態度で接したり、人生酸いも甘いもかみ分けた人間のはずが、物分かりの悪い態度で接したり・・・等今ひとつしっくりしません。


3.飯山が高利貸しから借金した金(利子で膨らんだ額)は殴られて終わりなのでしょうか?やくざだったらとことん搾り取るのではと思いますが。

4.村野の宮沢社長への口の利き方が横柄でため口が多すぎます。これほどの誠実な人間であれば目上の人に対して、社長に対して丁寧できちんとした対応をするはずですが、かなり違和感を覚えました。
5.こはぜ屋の宮沢社長に奥さんはいないのでしょうか。苦境に立たされた場面で奥さんの一言とか、息子大地へのアドバイス等あってもいいとおもうのですが、奥さんの出番は一度もなかったと思います。
6.そして最も知りたいと思ったのは、ドラマのクライマックス、茂木が前年怪我をした因縁の大会で、こはぜ屋の新作シューズ「陸王」を履いて、因縁のライバル毛塚に勝ち優勝した後、今まで親身になってアドバイスしてくれた村野とどんな言葉を交わしたのか、茂木を最後まで信じて応援した「陸王」の生みの親の宮沢社長やその社員たちとどのように優勝の喜びを分かち合ったのか、負けた毛塚は復活した茂木のことをどう思ったのか等々、その部分を是非池井戸流の熱い表現で読んでみたかったというが一番残念なところでした。

エピローグはこはぜ屋が他企業から融資をうけ、新しい機械を工場に入れている場面です。メインバンクを変更したことを以前メインバンクだった銀行の課長に告げ、悔しがらせたところでドラマは終わります。

  ハッピーエンドはハッピーエンドですが、もっと茂木と宮沢社長とこはぜ屋の社員たち、茂木と毛塚、茂木と村野、この関係がどうなったのか知りたかったですね。自分としては、最後がちょっと物足りなく感じました。でもとても面白かったです。