よろず日記

趣味のラジコン飛行機や音楽その他日常の面白そうなこと等いろいろ取り上げます。

2017年08月

Uコンサークルにお邪魔しました。

 今日はクラブの草刈り当番の日です。折角早く出向くのでついでにUコンサークルSGUCにお邪魔することにしました。近くまで行くと堤防道路の上からUコンが飛んでるのがよく見えます。この光景わくわくしますね。今日はみなさん全て電動機ばかりでした。世の中の電化の波はもう誰にも止められませんね。

 ナイキさんのブルーマックスです。エンジン仕様から電動にコンバートです。ゆっくり・等速でとても飛ばしやすそうです。でも大昔のUコンファンからするとウワーーン、ウワーーンという遠くまで響くエンジンのうなり音、風下でのひまし油のにおいがなくなってしまうというのはとても寂しいですね。

M3460001M3460002































冷却用の飛行機扇風機が愛嬌あっていいです。この扇風機、思ったより風力はあります。
M3460011M3460007M3460003













































 ボンカレーさんのウインドシェアーです。カラーリングはいつものボンカレー色です。ところでボンカレーって今もありましたっけ。


・・・・揖斐の飛行場の滑走路は今日は苅ってないのでまだ飛ばせまん。草刈りが終わった後、微風・晴天下、指をくわえてうらめしそうに空や吹き流しを見上げてはため息ついていました。こんな時は早く帰って飛行機製作しよっと!ということで帰りました。

M3460008M3460005M3460004M3460009

ネオ・ステージの製作 その4

  ネオ・ステージの製作がぼちぼち進んでいます。カナライザーの製作は簡単に終わりました。今回は主翼の製作です。まずはプランク材のペーパーがけです。

  ここでちょっと疑問です。今まで生地完というのは買ったことがないですが、生地完というのは主翼等プランク材は磨いているのでしょうか。磨いてなくて後から磨くとすると主翼の表面が波打ちますね。なので磨いているのでしょうね。・・・ということで組み立て前にプランク材はしっかり磨いておきます。
M3430001















   また問題発生です。組み立て図面に書いてある通りにすると左右反対になり組み立てができなくなってしまいます。困りました。
M3450001















  そこで一度仮組をすることにしました。今の状態は仮組です。この後確認して間違いがなければ本組をします。ナンバー表示が違っていたり、左右が反対だったり、表示がなかったり・・・等々フライトホビーにしてはミスが多いように感じました。別に急がないのでゆっくりじっくり組んでいきます。

  もうひとつ・・・翼端の角度が設計図と合いません。・・・まあこの程度はよしとします。左右同じならいいでしょう。
M3450002

村上春樹の「騎士団長殺し」を読んで

M3410001















 遅まきながら村上春樹の「騎士団長殺し」を読みました。今までの村上ストーリー展開とはかなり違っていました。今までだと、はじめから二重構造になっていて、例えば一章では現実の世界を描き、続く二章ではもうひとつの世界、いわゆるメタファー・イデアの世界を。そして三章ではまた現実の世界になり交互に進んでいきます。どの章からかそれらが統合され、あの場面で言っていたことは実はこのことだったのか等の謎の部分が明らかになりやがて結末を迎えるという構造です。

  なのでそれほど違和感なく読めたのですが、「騎士団長殺し」はいろいろな事柄がひとつの世界でほとんど同時進行し、非常に複雑でややこしいのです。現実とイデアの世界が一緒に展開するのです。読んでいると今は夢かうつつか誰かの観念か、と考えながら読まないといけないので疲れます。

<村上作品お得意の超常現象・怪奇現象や心霊体験の数々>
  。僑娃磽蹐修海修海離ぅ妊△両人騎士団長。この小人は自身で自分のことをイデアと称しているが、私には見えて、免色・他の人には見えない。つまり私の心の投影なのか、私と私が求める物、例えば雨田具彦の観念との接点になるものなのか。

¬訝罎北弔詢襪梁減漾ΑΑμ弔蕕洪佑いないのに鳴っている。これは免色も聞いているので他の観念から私だけへの何かのメッセージではなく、二人に共通する求める物との接点と思われる。私は雨田具彦の観念、免色はまりえに対して?。

1田具彦の病室で騎士団長を刺し殺した後私が入って行った不思議な地下の世界。

<不明なこと>
ゝ鎧涼陳垢梁減澆修里發里何なのか不明・・・60cmそこそこのイデアの小人。この存在が私
には見えるが免色には見えない。

  ▲▲肇螢┐肪屬い討△辰仁襪呂匹海帽圓辰燭里。最終的には井戸の中にあったが、それまではどこにあったか。誰がどのようにして最終的に井戸の中に置いたのかが謎。
また政彦が持ってきた包丁が何故病院にあったのか。イデアの存在だったのか、メタファーだったのか。

1田具彦の病室で私が騎士団長を刺し殺しその際大量に血が流れた。しかし私には見えたが他の者には見えていないのも謎。
け田具彦(父)・・・突然夜中にアトリエに現れた雨田具彦
私にしか見えない存在なのか。
 セ笋ユズに想像妊娠?させ結果できた子ども「室」と免色が自分の子どもと思い込んでいる「まりえ」という、双方とも不確実な親子関係のまま終わっている。

Ρ田具彦の病室で騎士団長を刺し殺すが、非常にリアルな記述表現でありながら、
後に血も死体も残らないのは何故か。イデアだからというのであれば、どんな生物の身体を借りていて、それは最後どうなったのか。

Г泙蠅┐離撻鵐ンのキーホルダーが行方不明のまま。

┗田具彦の病室からどのようにして自分の家の敷地にある井戸までどのようにして戻ったのか。病室から入った地下の世界は何かの象徴的なものなのだろうか。

※まだまだあるのですが書き切れません。読み終わって思うことは、
  雨田具彦がヨーロッパ留学中に何かがあり、洋画家の道を絶ち、日本に帰ってから日本画家に変わった。留学中にあったことは誰にも言わなかったが、その思いは「騎士団長殺し」という日本画に表した。この作品は私に雨田具彦の過去をいろいろ調べるうちに、結局雨田具彦が死ぬ前に私が雨田具彦の思いを追体験し、自身が描いた日本画同様に騎士団長を殺すことによって雨田具彦の苦悩を解放するという筋だったのかも知れません。

  大作ではありますが、筋が複雑すぎること、不明な点が多すぎることなどが多く、今ひとつ共感できない作品でした。村上作品の中で一番面白かったのはいまだに「海辺のカフカ」ですね。

  「騎士団長殺し」作成のヒントはモーツァルトのオペラ「ドン・ジョバンニ」から得ているようです。私はオ ペラは大好きですが、その中心はロマン派のプッチーニ、ワーグナーです。モーツァルトのオペラは自分のレパートリーから少し外れていました。「ドン・ジョバンニ」をよく知っていればこの「騎士団長殺し」をもっと深く面白く読めたかもしれません。

パイロンスクウェア15

  パイロンスクウェア15ですが遅々として進んでおりません。まだこの段階です。でも胴体は磨きが終わっているのでピンクとダークブルーの吹きつけをすれば胴体は終了です。翼はピンクのチェック模様とナンバーを入れれば外観は完成です。まっこんな感じになります。かなり改造・・・というか原型を逸脱しています。カラーリングが終わればスクウェアとは違った感じになるかもしれません。

 エルロンはワンサーボ式です。サーボのお尻が表にでているので、その部分にバルサでキャノピーを作りかぶせました。まっいんでねーか。
M3410002M3420001






























 脚ですが10パイロンは本来手投げだそうですが、当クラブでは離陸滑走です。なので付属の脚では短くてプロペラがつっかえ滑走できません。そこで足を2cm長く5プライのカーボンで自作しました。結構簡単にできました。10月が3回目のパイロン大会ですが、この機体のデビューになりそうです。いくらなんでもそれまでには出来ると思います。
M3420002M3420003

S・ファンタの製作 その1

やっとS・ファンタの製作に取りかかる気分になり、まずは一番やっかいなモーターマウントの加工を行いました。わっちのモーターはノーズ固定式ではなく、50プロダクトのエンジンマウント式なので、モーターマウントを側板に自分で固定しないといけません。とてもやっかいな作業です。この部分を不正確に加工してしまうとこの機体自体の性能が台無しになってしまいますので慎重に行わなければなりません。

 ダウンスラスト、サイドスラストの基準はF1とします。ただしサイドは若干多めに、ということなのでベニヤをはさんでゆとりを持たせます。
 キャノピーラインは推線に対して0度なのでいろいろな点での基準になります。
M3400003M3400002






























 加工手順は、
.癲璽拭璽泪Ε鵐箸亮茲衂佞唄霆狎を決定するために仮のマウントを作り、モーターを セットしました。
△修譴鬘藤韻坊箚嵬気セットします。プロペラナットを締め付けマウントの取り付けの 基準線を書き込みました。

キャノピーの0度から見るとダウンスラストが見て取れます。
ぅ泪Ε鵐箸魏召匹瓩靴泙靴拭
  再度確認した後、カーボン・エポキシ樹脂でガチガチに固定することにします。
M3400004M3400005































このマウント作業が終われば後は比較的楽なのではと思います。メカ、リンケージパーツは概ね揃っているので比較的早く完成しそうです。

中部夏季エキスパート大会に参加して

M3390001M3390004






























8月6日恵那FCで標記大会があり、シニアの部にエントリーしました。毎年増えるシニアのエントリー数、今年は過去最多の20名で全参加数45名の半数近くです。これは全国的にも言えることですが、ラジコン人口全体の年齢層が少しずつですが確実に老人化していることを示します。それも5%ボーナス点のある65才以上が半数の10名でした。そういうわっちも今年から5%のボーナス年齢です。

M3390012















 その内のお一人K氏は70才越えで10%のボーナスです。70才を超えてもスケール機やスポーツ機などお好みの飛行機を自由に飛行させラジコンを楽しんでいる御仁は多くいます。でもF3Aにこだわり、自らF3A専用機体を製作したり工夫・改造したりして、しかも遠方より高速を走ってエントリーされるK氏の意気込みには毎度頭が下がります。

M3390005M3390011






























今回は天候の急変もなく、微風快晴左上がりの順風に近い風(若干後ろ)で全員イコールコンディションで飛ばせました。わっちは昨年は飛行順番が1番でしたが、今年は15番目だったのでよし、とします。シニアの部は天候の比較的安定した午前中に飛ばせるのが魅力のひとつです。

わっちは今回は電費の関係でAJ予選以降プロペラをメイズリックからファルコンに替えいろいろ試していました。ファルコンだと電費にゆとりがあるのですが、なんせ飛びが超スロー飛行のフワフワ飛行なので、大会などここ一番の時はメイズリックの方がいいのでは、とプロペラの選択に迷いましたが、ままよ、とファルコンでいくことにしました。結局21.5×13でパワーをかけ、若干スロー気味でしたが何とか普通に飛び、5500mAで残量は30%だったので「よし」としました。

  まあペラはメイズリックでバッテリーを酷使し、その残量に一喜一憂するよりもファルコンで少しパワーをかける飛ばし方に慣れた方が得策のような気がしてきました。

  ただ今までだとスロットルスティックの位置が真ん中ぐらいでほとんどの演技でできていたのですが、ファルコンではその位置が3/4のやや上の位置になりエルロンステックがやや打ちづらく感じました。カーブをややたかめにする必要があるのかもしれません。

  アンプやプロポのスロットル関係の設定はすべてマイルド設定で、ペラはファルコン限定ということで電費問題は終了することにしました。5000mAでもファルコンだと1パターン後20%前後残るので10セットあるバッテリーも練習で有効使用できます。メイズリックのパワーに後ろ髪(実際はないが?)をひかれる思いですが背に腹は替えられない玉虫色のハッピーエンドでした。
M3390006M3390008M3390010













































 今回関西から参加のO氏が、わっちと同じARFのS・ファンタをお持ちだったので、S・ファンタの情報をいろいろ教えてもらいました。ARFにも関わらず飛びはかなりいいそうなので期待できそうです。早く作ろっと・・・。

 このあとの大会は9月の検定会、YS大会・・・・。検定会はファンタですが、YS大会はエンジン機です・・・エンジン機は1年ぶり?。飛ぶかな???です。 まだまだシーズン真っ盛りです。
楽天市場
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ