M4010012M4010011






























 近くの田んぼの周り、4km弱を40分ぐらいかけてウォーキングをしています。去年の9月ごろからです。当初は雨の日も傘をさして歩いてましたが今は雨の日は休みです。この程度の運動量ではメタボ対策にはなりませんが健康維持に多少の効果はあるものと思ってやっています。

 今は田植えが終わってしばらく経ちますが、まだ水が張ってある田んぼが多いです。ウォーキングをしながらふと田んぼの中を見ると、何かが一杯います。スイスイとご機嫌良く泳いでいます。しゃがみ込んで観察しました。

 オタマジャクシが一番多いです。次にメダカ???メダカって種類によっては絶滅危惧種では???・・・いろいろ調べると、めだかかと思ったのは違って「ほうねんえび」という種だそうです。
あとヒルもいました。ボウフラも一杯いました。そうかここで蚊の大量発生があるんだ。
M4010002M4010008M4010001













































 因みにディズニーランドでは川やジャングルなど蚊が発生しそうなところがいっぱいあるのに蚊はほとんどいないそうです。それは水を濾過循環しているので卵やボウフラが住み着けないのだそうです。なるほど・・・。

 田んぼのこれらの大量の生き物は水がなくなったらどうするんだろう、と素朴な疑問が頭をよぎりました。別の日に見ると田んぼの水はまた用水に捨てているのを確認しました。そうかこれらは流れ流れて最後は長良川に流れていくんだな、ということが分かりました。でも田んぼのくぼみなどに残るものもいるでしょう。それらは仕方なく稲の栄養になるんでしょうね。

 またそれらの生き物を食べるカモやサギ、カラスもいましたが彼らにとって田んぼはいいえさ場のようです。

 わっちも小学生までは田んぼはとても身近でしたが、それ以降は全く縁がありませんでした。でもウォーキングをし始めたことで思いもよらず身近なものになりました。
M4010018M4010021