調子の悪かったYS45のテストを家でしました。クラブ内輪のイベント用(壊れても惜しくない機体)に「もったいない号OS25(自作)」と「ポンコツ・タロー40」を用意しています。25クラスを主に飛ばします。ポンコツ号はよく言えば「重厚な飛び」悪く言えば「鈍重、舵が鈍い」です。25の方が軽快に飛ぶのでポンコツは予備機にしています。

  ポンコツ・タロー40との付き合いはかれこれ40年ぐらいになります。ラジコンを始めて「ポンコツ・ジロー」や「あいちゃん」を飛ばせるようになって、もう少し大きい機体がほしいということで「タロー」を製作しました。その後この「タロー」がどうなったのか記憶にありません。が設計図だけ残っていたのでそれを元に10年ぐらい前に自作したのがこれです。まだまだ元気です。

 エンジンはエンヤ40Xを載せていましたが、クラブ内のパイロンにも使えるようにと思い、これまた20年ぐらい前のYS45があったので載せ替えました。若干ベアリングにゴロツキがありますがノープロブレムです。ノーマルマフラーですがエンヤよりも少しはパワーがあると思います。

 先日載せ替えて試運転すると、スロー側はいいのですがハイ側が今ひとつ調子がでませんでした。でも今日はハイ側もとっても機嫌良く回りました。前回は何でだめだったのでしょうか。タコメーターの電池がなくて計れずどの程度回っているのか分かりませんが、1万回転近くは回っていると思います。これでどうにかパイロンにも使えそうです。まあ厚翼ショルダー練習機にYS載せてもスピードはたかが知れていますが、まぁお楽しみ用として飛ばします。
M4310001M4310002M4310004M4310005