M4340001





















 9月22日(土)いつもの岐阜現代美術館/NBKコンサートホールでピアノ三重奏のコンサートがありました。三重奏のメンバーはヴァイオリン矢部達哉さん、チェロ山本裕康さん、ピアノ諸田由里子さんです。常設ではないですがこのメンバーで当ホール何回目かの出演です。昨年も出演されました。

  曲目はブラームス弦楽六重奏曲第1番(ピアノ三重奏編曲版)とベートーヴェンピアノ三重奏曲「大公」です。音楽史的に言えば演奏順番は逆になっていますが、やはり「大公」の曲の大きさ・重さ故のことだと思います。弦楽六重奏曲第1番の第2楽章は特に有名で映画とかその他BGMとしてもよく使われます。

  その六重奏曲をピアノ三重奏用に編曲した曲ですが、ブラームスの友人キルヒナーという人が編曲したそうです。初めて三重奏編曲版を聴きましたが、これはこれで聴き応えはありますが、やはり六重奏の重厚さには勝てません。原曲がよいということになります。
この演奏は原曲の六重奏曲の第2楽章です。


  ヴァイオリン矢部達哉さんやチェロ山本裕康さんの演奏ももちろん素晴らしいですが、ピアノの諸田さん相変わらず上手で聴き入ってしまいます。当ホールでも今までいろんな楽器の伴奏をされたのを耳にしましたが、兎に角ピアノの音が和音、短音、強弱の別なく「はっきり」「きれい・・音が割れない」。他の楽器との絶妙なバランス(ピアノが出過ぎず)がいい上に、曲の繊細なアーティキュレーション等聴いていて「ハッ」とする表現に何度か驚かされます。曲の出も他の楽器との合わせるためにチラッと演奏者のモーションを見て合わせる等絶妙なアンサンブルが光ります。

  ・・・でもひとつ気になったことは、諸田さんは最近ソロ演奏会に力を入れられているようです。そのせいかどうか、今回は以前よりピアノに自己主張部分が多かったように感じました。前回までは兎に角「黒子」に徹している部分が多かっただけに今回少し気になりました。

  コンサートが久しぶりということもありますし、演奏曲目が大好きなドイツもの2曲ということ、そしてなによりも3人の絶妙なアンサンブルがとっても素晴らしかったので久々に感動しました。澄み切った「大公」の旋律の心地よい余韻と共に会場を後にしました。