M4450004 















OS40PSのベアリング交換がやっと終わりました。今年の8月に分解してベアリングプーラーでベアリングをはずしました。ベアリングをはずすのでシリンダーライナー、ピストン、バックプレート全てはずしました。

 ベアリングはOSに聞いてもOS40PSはもちろん生産はとっくに終わってパーツもないとのこと。それならということで工具屋さんに行って同じ寸法のベアリングを買いました。「安っすー!!」です。ですが少し心配なのはこのエンジンはレーシングエンジンなのでベアリングの強度はいいのかな、と心配しながら組み立てました。

M4450005M4450006DSC00012











































 さすが精度のいいレーシングエンジン???クランクケースにシリンダーライナーはキチキチで入りません。パックプレートもキチキチで入りません。もちろんベアリングは圧入しなければなりません。それやこれやで放置すること3ヶ月・・・・・やっと重い腰をあげて組み立てにかかりました。

 OSに聞いてみましたが生産終了のエンジンは基本的に取り扱わない、ということやキチキチではいらないならコンロ等で温めるしかない、といわゆる一般的な答えでした。何度試みてもキチキチで入りません。

  ならば、と取り出したのがCRCです。こんなことはじめてですが取りあえずやってみました。何度かやるうちに「スポッ」と入りました。「よかったーーっ、うれしーーっ」でした。バックプレートも同じ要領でスポッと入りました。

 ベアリング交換したのでプロペラをつけてクランクしてみました。ザラザラ感はありません。スムースです。コンプレッションは強力です。すごい馬力が出そうです。「コワーーッ」。精悍なお姿カッコいいです。STX40の精悍さにも匹敵します。むむっーっ眺めてナンボのエンジンですね。


  やっと試運転できますね。心の準備ができたらまたSTX40と一緒にテストベンチで回してみよう。