遅ればせながら新年おめでとうございます。微風なので今年の飛ばし初めにやってきました。先日の日曜日は来ましたが風が強く飛ばし初めはしませんでした。今日は暮れにうまくいかなかった3ブレードのテスト飛行です。今大流行?のコントラはモーター・ペラ等の予備も含めると飛行機1機分くらいになります。リスクがあまりに大きいのでとても手を出すには躊躇します。そのコントラの裏で少ーーーしずつ、静かーーに存在感を増して来ているのが3ブレードです。(You TubeでヨーロッパのF3Aの大会等で3ブレード機を何機か見ました)
M4580001















  微風ですが今日はどうも上手く飛びません。2ブレードで2フライトの後3ブレードを試します。ペラはメイズリックの20×13です。スロットルを中以上にしようとすると前回同様異音でペラが吹っ飛びそうな感じもしてスロットルをハイにできません。
M4580002















  どうしても不安だったので会長さんに相談しながらやってみました。2ブレードと3ブレードそれぞれのサイズ・回転数・出力電流量からプロペラロードは明らかに3ブレードの方が高いようです。でも電流も範囲内ということで異音もなく取りあえず1フライトしてみよう、ということで飛ばしてみました。
M4580006















  どうもなく無事にフライトを終えました。プロペラロードが高くバッテリーの消耗は早いのではと思い早めに降ろしました。3ブレードで飛ばした感じはゆっくりでダルーーッという感じの飛びでした。当初狙っていた上昇の力強さ、降下中のブレーキ効果、反トルクの減少化等々でしたが、今のところ全て外れました。ウーーーンこれだと3ブレードを選択した意味はなさそうです。着陸が危なかったですね。スロットルを下げるとこんなところで凄いブレーキが効くんです。失速しそうになりました。飛んでいる時にブレーキ効果があればいいのですが、こんな着陸の時に急に減速して失速したのでは目も当てられません。少しスロットルを入れて着陸させました。

  まあしばらく飛ばして様子を見ます。3ブレードのサイズもいろいろあると思いますが、他のサイズにしてもそれほど期待できそうな効果が得られるとはとても思いません。3ブレードはそう安くもないのでこれ1本のみで、設定等でいろいろテストしてみます。ちょっと選択失敗かな。上手く飛ばす近道は指を鍛えた方がいいようです。