我が家の南側に猫の額ほどの庭がありますが数年前から水はけの悪さが際立つようになってきました。異常気象で豪雨が多かったことも一因していますが、もともと水はけの悪い地質のようです。最初は一面芝でしたが今は一面コケです。さてどうしたものか、ということで数年経っていました。

  今市民農場で「ひとり農業」に精を出してしますが、残った種や苗を家でも植えてみようと庭の一部に超ミニ畑をつくることにしました。それには水はけの悪い庭は致命的です。そこで一念発起「ひとり水はけ工事」を始めることにしました。
M4740006M4740007





































 「水はけをよくする方法」をネットで検索するといろいろありました。「暗渠排水」というはじめて聞く用語も出てきましたが我が家にはこの方法に似たやり方が良さそうです。業者に頼むのが確実ですが、出来るだけ安くあげたいということで自分でやることにしました。

計画は西から東へ長さ16m、深さ40cm、幅40cmの溝を掘り、そこに排水パイプを埋めて、東側のカーポートに水だけ流す計画です。中間点にはタンクを配置し流れを調整します。排水パイプの上面には10mmの穴を一杯開け、ガラ袋で覆い土が入り込まないようにします。スムーズにながれるように若干の傾斜をつけます。パイプの上は砂利を敷き詰めパイプからも水を吸い込めるようにしました。

掘り返そうと思ったのですが石ばかりで掘り進めません。小型のつるはしでは火花が出るほどの頑強な石ばかりでなかなか石を取り除けません。こんな調子じゃ何ヶ月かかることか。そういう時には機械頼みです。畑開墾で耕耘機を使ったように、振動ハンマーを使わないとムリ・・・ということで丁度レンタルをしている会社が近くにあったので1日レンタルしました。
M4740010M4760003M4760004M4760005M4740011



































































 振動ハンマー・・・強烈です。道路工事等でコンクリートをドドドッとやっているやつです。見事に石やちょっとした堅い粘土質の固まり等難なく砕いていきます。でも以前痛めた左腕や腰への負担がすごいです。やっては休みやっては休みです。2時間やるともう息切れしました。1日レンタルですが3時間ちょいでやめ返しました。でも溝掘りは結構進みました。カーポートのブロックは壊してしまいましたが。

排水パイプを通してみるとまだ石や堅い粘土質が邪魔だったので振動ハンマーを再度レンタルして最終仕上げをしました。 後はパイプに傾斜がついているか水準器で確認しながら砂利や大きめの石を埋め込みました。最終仕上げは砂利の上に再度ガラ袋を敷いて土が入り込まないようにして水通しのよい土や砂で覆います。最後は上面に新たに芝を植え込んで終了する予定です。
M4780001M4780002M4780003M4780004