よろず日記

趣味のラジコン飛行機や音楽その他日常の面白そうなこと等いろいろ取り上げます。

飛行機

航空専門学校祭にAKB演奏で賛助出演しました。

今日23日(日)に中日本航空専門学校で学園祭があり、野外のライブコンサートのイベントに前回同様職員バンドで出演しました。わっちの職場の系列校ということでの賛助出演でした。この学校への訪問は3年ぶりです。前回は雨の中演奏しましたが、今回は曇りですが雨でなかったのでありがたかったです。

わっちらのバンド演奏の画像はありませんが、ライブ演奏はこのステージでやりました。演奏曲目はAKBの会いたかった、フォーチュンクッキー、ハートエレキ、ポニーテールとシュシュの4曲でした。ダンス部10名余の美女?達が歌い踊り、盛り上がってきました。わっちの担当楽器はいつものキーボードです。

このライブに来るのは何が楽しいか・・・と言うと、演奏ではなく、実機を間近で見られる、ということで楽しみに来ました。前回の時はカメラを忘れて携帯で撮りましたが、今日はカメラを忘れずに持ってきました。

・・・・・・が、が、が、しかしです。機体の展示が極端に少ないのです。前回の時は格納庫の中のヘリ、小型機いろいろありました。ですが今日は展示は2機だけで格納庫は扉が閉まっていて見ることができませんでした。

・・・・・なので実習室にあったホームビルト機を許可を得て写真を撮らせてもらいました。今回はかなり失望しました。

校舎を回っていて面白かったのは、「女装更衣室」なるものがありました。女子学生は極わずかですがいますが航空祭のおもてなし、ということで女っ気があったほうが、野郎ばかりより雰囲気が和むという配慮からなんでしょうか。ドレスアップして本人は成りきっているつもりの気持ちの悪い「おねえ」を何人か見かけました。

M2710002M2710004M2710005M2710006M2710007M2710008M2710009M2710010M2710011M2710012M2710014M2710016M2710017

撃墜王「レッドバロン」を見て

M2400001















  前回の「フライボーイズ」と同じでヤフーGYAOの無料動画で「レッドバロン」を見ました。「フライボーイズ」は航空機アクションということで物語性はあるものの、どちらかというとアクションということで主役の連合国側と悪役のドイツとの航空戦・・・という設定でしたが、「レッドバロン」は、貴族出の青年将校リヒトホーフェンが、戦争に翻弄されながらも人間として自分の生きる道を掴んでいくという純粋な人間ドラマでした。BGMもドイツの戦況やリヒトホーフェンの行く末を暗示するかのようなもの悲しいメロディーでした。「フライボーイズ」とは同時期の話です。
M2390001















 貴族出のおぼっちゃま飛行士リヒトホーフェンが、戦友の死や看護師の恋人によって少しずつ周りが見えるようになり、大人として上官として成長していきます。

 最期は、祖国の偉大な英雄、80機撃墜した真のエースとして国から軍神に祭り上げられ、国威発揚に利用される自分に嫌気がさして、死を覚悟して再び戦場に飛び立ちます。恋人に「君と出会えたのが僕の勝利だ」と言い残して・・・。      
 そして25才の若さで撃墜され亡くなります。

 クライマックスシーンは自分が戦うことの覚悟を恋人に語る部分です。これが事実かどうかは不明ですが、熱演して見応えあるシーンです。

 「子どもの頃父の銃で狙った物は何でも撃てた。遠くの物も見えた。タカの目、ワシの目と言われた。操縦士になって空から何でも見える気がした。でも君に会う前の僕は何も見えなかった。(世の中が見えていなかった)」

 「心の目を開けるよう君が教えてくれた。戦友は皆 空を選んだ、フォスもシュテニもホーカーも、みんな身の危険を承知で飛んだ。エースになりたかったし、勝ちたかった。」

 「でも今は見える。虐殺の場と化した世界が。僕にも責任がある。僕の写真で偽の希望を兵に与え、僕を不死身の象徴にし、兵士を死地へ送った。君は言ったね、兵士は死ぬ以外選択の余地はないって。でも死ねとは言えない。だから皆と飛んで一緒に死ぬ。ベルリンが僕に望んだ不死の神でいたくない。」

 「君と出会えたのが僕の勝利だ。」・・・・と

http://gyao.yahoo.co.jp/player/00012/v12392/v1000000000000011411/

<航空機ファンとして>
当時の航空機エンジンの代表的なシリンダーが回る回転式エンジンやドイツ機のフォッカーのタペットむき出しのエンジンが再現してあり興味深かったです。

GYAO無料配信映画「フライボーイズ」

M2300002M2300001

























 YAHOOの無料動画案内に映画「フライボーイズ」があったので観ました。アメリカ人初の戦闘機パイロットたちの物語で、第一次世界大戦の実話を基にした航空機アクションということらしいです。

https://www.youtube.com/watch?v=kYsHiBOFjy8


  第一次大戦のドイツの三葉戦闘機フォッカーやフランスの複葉戦闘機ニューポール、他爆撃機など、実機が一杯出ているのでとても楽しめます。戦闘場面はCGとは思いますが、実写と見まがうほどのリアル感です。
飛行船が爆発する場面は凄い迫力です。
 
  人を殺し合う戦争ということに対して無理矢理目をつぶれば飛行機好きにはたまらない映画です。人間愛に満ちたストーリーで、生死を共にするパイロット仲間との絆や大切な人を戦場から命がけで救い出す場面には素直に感動します。

  主役はジェームス・フランコだと思いますが、所作が昔懐かしのジェームス・ディーンにとても似ています。顔もどことなく・・・・。上官役のジャン・レノもとてもいい味を出しています。ちょっと時間があるとipadで観ています。繰り返し観てもいいです。

ロードバイク18 各務原航空祭に自転車で行ってきました

 今年も航空祭に行ってきました。今年の航空祭は絶対自転車で行こうと前から決めていました。3年ぐらい前、ロードバイクに乗り始めた頃に各務原まで遠出しようとしたのですが、途中桐谷坂という長い坂で「もうだめ、これ以上無理・・・・・・」と上るのを断念したことがありました。今年はそのリベンジ・・・と意気込んでいました。

  ただ前日ブルーインパルスの展示飛行は何時からかな?・・・と調べていたら・・・・えっ?えっ?今年はない?・・・。ガクッとモチベーションが下がりました。・・・・まぁ前回のリベンジだけでもいいか・・・と気を取り直して出かけました。

  各務原基地までは片道およそ18kmです。距離はどってことないのですが、問題はその桐谷坂です。自転車はあえて前に断念した時と同じ安物チャイナ製自転車です。果たして上れるのか・・・・です。


  問題の桐谷坂です。3年前はこの坂の丁度中間地点でギブアップして引き返しました。
M1440001














・・・・で小一時間で着きました。基地の中は飛行機・・・・・ではなく、去年と同じ人、ひと、ヒト・・・・でした。まぁ自分もその一人なのですが。
M1440005














  問題の坂も普通に上れました。最近自転車は少々さぼり気味ですが、脚力は以前に比べて少しはついたようです。これはちょっと自信になりますね・・・・。


  面白いものでブルーがいないと、大昔の第一戦機、もうすぐ退役するファントムが格納庫や滑走路でみんなの注目を浴びています。わっちも特に写す機体がないのでついシャッターを切ってしまいます。折角来た記念に・・・。


  まぁ人ばかり見てても仕方ないので小一時間いて帰りました。帰りの問題の坂は最後だけちょっときつかったですが、全体としてはまぁスムーズに行けたと思います。道路もそんなに危なくなかったです。ロードバイクで来ている人は結構いましたね。このバイクもまんざらではないですね。あんまし安物・安物とバカにしているとそのうちバイクが怒るかも・・・。処分するのももったいないし、これからも手入れして乗ることにしよう・・・。

  年々来場者は多くなりますが、航空ショーの規模は年々小さくなりますね。以前は今はなきロック岩崎のアクロバット、ブールインパルスバイクのフォーメーション演技等々結構面白い出し物が多かったのですが・・・・近年はブルーだけ見たら終わり・・・という感じです。いろいろ大変なご時世なので予算縮小になっていくのも分かりますが・・・・。
  M1440008
M1440011M1440012M1440014M1440015M1440018M1440021M1440025

ブルーインパルス(碧い衝撃)

DSC06808


















久々に各務原の航空ショーに行ってきました。ただただブルーインパルス見たさだけです。でもこの人・人・人は何なんでしょう。・・・・と言っても自分もその一人なのですが、何年か前に来たときも人・人・人だったので「もういやっ」と思ったのですが、久々だったので楽しみに来ました。・・・でもやはり人・人・人でした。ブルーインパルスも上空しか見れず、離陸、着陸は前の人の頭に遮られ見れませんでした。とても不満足のブルー鑑賞でした。今年は10時40分のブルーの時間に合わせて出かけ、近くの知り合いの所に車を置かせてもらいましたが、基地までにJRと名鉄の2つの踏切をこえなければなりません。これがまた開かずの踏切なので、ブルーが始まってしまう・・・と気が気ではありませんでしたが何とか間に合いました。飛行場のエプロンは人で一杯で移動さえままならないという感じでした。ブルーが終わったらかなりの人たちが帰っていました。DSC06819DSC06814DSC06811DSC06809DSC06795DSC06804

石川県立航空プラザ 2005 11-27

640731c0.jpg石川" hspace="5" class="pict" align="left" />石川に行った折り、小松空港のそばで偶然こんな施設を見かけ寄ってみました。入場はタダでした。岐阜の各務原にも航空博物館がありますが、それよりも規模は小さいですが、なかなか楽しめます。F104、F−1ブルーインパルス、T−33等のジェット機、後ヒューズ500、ビーチクラフト機などの軽飛行機等がありました。広ーい喫茶コーナーもありゆったりとできます。
楽天市場
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ