よろず日記

趣味のラジコン飛行機や音楽その他日常の面白そうなこと等いろいろ取り上げます。

南飛騨・小坂 厳立峡に行ってきました。

先週、家族で高山に遊びに行った帰り、小坂の厳立峡に立ち寄りました。ワイフは母親や友達、従兄弟たちと数度来ていますが、わっちは初めてです。以前近場の温泉で1泊したあと立ち寄る予定でしたが、丁度大雪が降った後だったので閉鎖で入れませんでした。

 ・・・で今回になってしまいました。近場にこんな素晴らしい自然があるなんて、と素直に感動してしまいました。

  荒々しい山肌を見せる厳立は、御嶽山の数万年の間に流出した溶岩流が雨風等の浸食によってこの峡谷の至るところに露出して、勢いよく流れ落ちる水しぶきとのコントラストがとても素晴らしいです。

  町中は30°越え、ここは17°の別世界です。マイナスイオンも多く、水しぶきからの風も心地よく、ここでボーッと本でも読んでいたい気分です。
IMG_0027IMG_0028IMG_0029IMG_0030IMG_0031IMG_0033IMG_0034IMG_0036IMG_0039IMG_0040IMG_0041IMG_0042
 

ラジコンの大会「YSカップ」に行ってきました

 ラジコン飛行機の大会「YSカップ」が長野であったのでワイフと行ってきました。はじめてワイフに助手をしてもらい飛ばしました。わっちのラジコン人生で最初で最後のことです。
DSCN1650DSCN1653



































  ここ長野FFの飛行場は初めてなので前日土曜日に行って飛行場を確認しました。大勢が飛ばしていたので飛ばすのは止めパイロット位置、飛行エリア等を確認して飛行場を後にしました。
  当日本番の様子です。http://www.tcp-ip.or.jp/~ky-24/a529.htm

  その後水野美術館に行きました。こじんまりとした美術館です。石庭風のとても落ち着いた広い日本庭園が印象的でした。展示は水野コレクションの川合玉堂、他でした。

M1990002M1990003M1990004DSCN1645

































































  夕食の「信州牛ステーキ御前」です。柔らかい肉でとても美味しかったです。大会に向けて元気もりもりです。
M1990005M1990006

日本のマチュピチュ・・・「竹田城」に行ってきました。

M1970025















  ワイフが以前から行きたがっていた「竹田城」に行ってきました。8月20・21日は全国的に生憎の雨模様の天候予報です。案の定出かける時はザアーザアーの雨でした。でも高速の途中からは薄曇りで時々晴れ間もみえ、竹田城では雨も降らず、日差しも強くなく絶好の観光日和になりました。

  竹田城と言えば、何と言っても雲海に浮かぶ「天空の城」が絶景です。それが日本のマチュピチュと言われる所以ですが、その絶景になるには、夜のうちに雨が降り、翌朝晴れると、幻想的な雲海に浮かぶ竹田城になるようです。

  車乗り入れ禁止でシャトルバスで移動します。シャトルバスを降りても15分歩きます。城跡入り口に着くころは汗びっしょりです。城跡をいろいろ巡り、眼下を見下ろすとただただその絶景に暑さを忘れます。

今日はそれほど観光客は多くはなかったので、混雑することなくスムーズに巡ることができましたが、シーズン中は凄い人になるようです。

今回の旅の足は、次の車のこともあって、取りあえず「ハイブリッドとはどんなもんじゃい?」・・・ハイブリットカーに実際に乗ってみたかったので、トヨタのアクアをレンタルしました。

  今回1泊2日の旅で総走行距離は966kmでしたが、補給したガソリンはたったの40Lでした。リッターあたり24kmです。さすがにハイブリッドと言えど高速はのびないようです。それでもわっちの今の愛車はリッター9km、高速で10kmなので全く比較になりません。レンタルしてもガソリン代がかなりうきました。
M1970013M1970015M1970017>M1970026M1970014M1970019M1970021M1970023M1970022M1970027M1970028M1970031

「おのぼりさん」してきました。

  とある用事で日・月とワイフと久々に東京に行ってきました。用事が済んだ後、ついでなので学生時代に住んでいた街にも行ってみました。

  泊まったホテルの部屋は24階でした。・・・・高所恐怖症気味のわっちはちょっと困ったな・・・という感じです。地震や火災の時、どうやって逃げるのでしょうか、非常口の確認をしないまま泊まりました。東京のビルの店の出入りは全てエレベータでした。災害があってエレベータが止まると・・・・そういう時は腹くくるしかないのでしょうね・・・・。

  ウン十年経つと東京はこうも変わるのですね。行動の中心は秋葉原、池袋でしたが、見渡すと高層ビル・ビル・ビル、ものすごい人・人・人でした。

   翌月曜日の朝わっちらが池袋駅に向かう時、駅からはき出されてくる人たちを見てびっくりでした。車両通行止めになっている道路を一方向に2000人3000人という数の人たちが、みなさん話もせずただただ自分の職場?の方向を見据えて、もくもくと進むのです。一斉に同じ方向に進んでいく様、それも途切れることなく通勤時間帯はずーっと続くこの様は一種異様な光景に感じます。まるで人のつなみのようで飲み込まれそうです。交差点でも1000人2000人単位ですごい数の人たちが行き交います。

  学生時代に住んでいた街もガラリと変わっていました。小さな街でしたがここもビル・ビル・ビルでした。昔は街には古本屋が数軒あったり、風呂屋や茶店、飲食店があったり等々、風情、情緒があり、落ち着いた学生街という感じだったのですが・・・・居酒屋とパチンコとビルの街になっていました。

  おのぼりさんのわっちらにとっては強烈なカルチャーショックを受けて家にたどり着きました。やっぱし田舎がいいです。
M1680001M1680002M1680005M1690002M1690004M1690005

  

尾道に行ってきました。

   1年に1回ぐらいは女房孝行ということで、女房が行きたがっていた広島の尾道に2泊3日で行ってきました。行程は四国丸亀から今治に行き1泊、翌日しまなみ街道を通って尾道に行き、いろいろ2日間見て回りました。行程は全て女房、わっちはアッシーのみでした。

   天候不順が続く毎日でしたが、幸いなことに3日間とも天候は良かったです。ただ同じ頃広島市の北部では大規模土石流災害があり本当に気の毒ではありましたが、尾道市は雨は全く降っておらず、暑くて仕方なかったです。全行程1200kmでした。ほんの少し運転を代わってもらいましたが・・・あ〜あ疲れた。でも腰は大丈夫だったのでヨカッタよかったです!


    しまなみ街道は自転車で走れます。今では自転車ファンのメッカになりつつあるようです。11月にはツアーの企画があります。夏休み中は自転車のしまなみ海道料金はただのようです。


 ただ、しまなみ街道は多くの島をめぐる生活道路なので、車はそのまま走れますが自転車は島を渡る度にいちいち島に下りて島の一般道を走り、橋に来ると橋に上がるという具合に下りたり、上がったりします。全行程の距離もあるので結構大変だと思います。今治のホテルでもロードバイクをレンタルしていましたが、往復すると1日行程になると思います。島の一般道では、自転車道は白とプルーの線が引いてありました。
123











































  途中大島に展望台があるので上ってみよう、ということで上っていたら自転車で上っている人がいました。これは結構疲れます。この坂道結構長いです。

  また展望台から見た風景は最高に良かったです。少し曇っていたのでまるで水墨画のような幻想的な感じがしました。45






























  尾道市に渡りました。尾道と言えば坂道。石段がすごいです。上るの大変。なのでロープウエイ。高台からの眺めは最高です。展望台の休憩所でかき氷を食べましたが動きたくなくなりました。

  高台は石段かコンクリートか石畳で、土の所は見あたりません。道には1個1個丁寧に石を敷き詰めています。これは恐らく雨の時、土が下に流されないように石畳にしたのではないかと推測します。

  尾道と言えば千光寺。参道の石段は半端ではありません。また急です。曲がりくねった参道には多くの文人の句碑が一杯ありました。国宝の浄土寺にも行ってきました。宝物殿も見せてもらいました。

  尾道と言えば林芙美子や志賀直哉等々文学ゆかりの地・・・文学の館では資料が一杯でした。志賀直哉の旧居にも行きました。とても質素な生活ぶりでした。ここで暗夜行路を執筆したそうです。

  尾道と言えば広島お好み焼き?ではなく、鯨羊羹・・・こんな羊羹聞いたことがありませんでしたが、食べると桜餅風で結構おいしかったです。尾道銘菓のようなので話しのタネにお土産にしました。
678910M1180006M1180007


ロードバイク 10 リベンジ 金山町編 

 前回は雪が残っていて危険なので長い坂の手前で引き返しましたが、今日はそのリベンジです。目的地の金山町までは行きたいと出かけました。ただ前回の郡上八幡以来2週間走っていません。果たして金山町までたどり着くかちょっと不安でしたが、何とかなるさ、と気楽な気持ちで出発しました。強風の日はまさに自転車日和、と勝手に決め出かけました。
CIMG6490CIMG6492




































 危険なので引き返した長ーーい坂は、けたたましいエンジン音をまき散らして車がビュンビュンブッ飛ばします。危険が一杯ですが広めの歩道があり少し安心しました。長ーーいトンネルが2つありますがそこも1m幅の歩道があり何とか通り抜けました。途中ここから下呂市の表示があり、後もう少しだ、ということでペダルに力が入ります。

CIMG6494CIMG6496CIMG6498






















































菅田から金山町に抜ける裏の峠道があるのですが、以前に比べかなり整備されていました。星空街道と命名されています。頂上は中宮1丁目です。こんな何にもない所に表示してどうするんだろう、疑問です。


   毎日通っていた10年ぐらい前の峠坂は、人はもちろん車もほとんど通らず、外灯もなく木々がうっそうと茂り不気味な所でした。真っ暗な峠道を下っていると暗闇にピカーッと光るものがあり、背筋がゾーーッと凍りつきそうになったことがあります。下り坂なのでそのまま進むしかありません。近くまで行くと光った正体の輪郭が確認できました。何と鹿の親子の目でした。向こうも車が近づくので不安だったのでしょうね。じっとこっちを見続けてすれちがいました。CIMG6502CIMG6503CIMG6505





























































  ・・・で肝心の金山町の道の駅ですが、以前とガラッと変わってゲンキーになっていたり、コンビニになっていたりで・・・えっえっ折角五平餅とかを食べたい・・と思っていたのですがちょっとがっかりでした。そこで簡単に昼食をすませて帰路につきました。


   帰路も星空街道を通ります。・・・反対側は最悪の急勾配の峠坂でした。息はゼイゼイ、足がパンパンになってしまいました。おまけに帰りは強風の向かい風。自転車が全く進みません。時速12・3km/hがせいぜいでした。

   反省
  家にたどり着いた時はもう身も心も限界!!!クタクタでした。膝のあたりはつってフラフラです。2週間全く走らないで、いきなり87kmはやっぱりきつかったです。行きはよいよい、帰りはこわい・・・でした。いつもの20kmの峠道から体を慣らすべきでした。でも小旅行気分、きれいな景色を眺めながらスイスイ走り、ちょっと道の駅で休憩、コーヒーを飲みながら気に入った本を読む・・・このゆったり気分のひとときが最高ですね。また行こっ。
CIMG6507CIMG6509CIMG6512CIMG6513CIMG6514

ロードバイク9 ちょっと遠出をして、郡上八幡に行ってきました

自転車で郡上八幡に行ってきました。国道156号を走りました。

  劣悪のサイクリングロードでした。超大型トラックを始め、車がすごく多いです。道路は凸凹で狭く、自転車が走れる路肩が無い所もあります。トンネルも狭く危険でした。例のPM2.5も心配でしたが、空はきれいに澄んでいたようなのでいいかっ、と走りました。

  でも長良川や川沿いの山々など景色は最高でした。途中で喫茶店、道の駅によって休憩しながら走りました。道の駅のベンチに座って、あったかいコーヒーを飲みながら持ってきた文庫本の「ノルウェーの森」を読みました。とても穏やかで幸せな時間を過ごせました。郡上八幡の町をブラブラして帰ってきました。帰り道は下流方向なので若干の下りです。常に30km前後で楽に走れました。

走行距離は69kmでした。消費カロリーも1000kcalを超えました。ゆっくり走ったので疲れた感じはないです。金山方面の方がまだ走りやすかったです。再度金山方面に行ってみようと思います。
CIMG6475CIMG6476CIMG6477CIMG6480CIMG6481CIMG6482CIMG6483CIMG6484CIMG6485CIMG6486CIMG6487CIMG6488

ロードバイク8  ほんの少し遠出しました。

L03B0052L03B0051L03B0049






















































今日は8・9m/sの爆風の予報・・・飛ばしにも行けないので、こういう日はメタボ対策の自転車が一番です。冬用の自転車スーツも新調しましたので颯爽にトドの自転車曲芸のはじまりです。いつもの峠道ではなくて、気分を変えてほんの少し遠出してみました。昔の通勤ルートの下呂方面、せめて金山まで行きたいな・・・と思って走らせました。途中道の駅に寄ってコーヒーを飲んだり、川沿いの景色を楽しみながら、ゆったり気分で走りました。

  でもこの関−金山線は途中オービスがあるほど、車はビュンビュン飛ばすスピードコースです。「危なーーっ」という時も何回かありました。金山の道の駅まで行こうと思ったのですが、その7・8km手前の坂の路肩は雪で一杯です。この坂、半端なく長いのです。行きはまだ追い越し車線があるのでいいのですが、帰りは車道半分がまだ雪です。車も怖いし、雪も怖いです。今日のところは取りあえず引き返えすことにしました。
  

  今日の全走行距離は往復で52kmでした。風がビュービューちっとも進まない時もあったり、いつもの峠道以上の長ーーい上り坂もあったりで結構きつかったーーっです。このコースは景色がいいので来てみましたが、車がスピードを出し危ないのでやめです。今度は郡上方面に行ってみることにします。
自転車を買ってからの全走行距離も1000kmを超えました。1回しかメンテしていないので、早めにメンテしようと思っています。
L03B0054

天橋立に行ってきました。

 「たまには奥さん孝行しなきゃ」ということで日本三景のひとつの天橋立に一泊二日で行って来ました。わっちにとっては久々の旅行でした。天候はむっちゃ良すぎる晴れ、どえりゃ〜あっぢ〜ぃ爆暑の2日間でした。
 2日間の道中いろいろ回りましたが、伊根町の沖からの舟屋めぐりとメインの天橋立がとても良かったです。
 舟屋めぐりでは遊覧船から海岸沿いにめぐります。えさをくれるのを知っているのか遊覧船の周りをかもめが飛び交います。わっちもやりましたが数羽がすぐ近くまで来てダイレクトキャッチでバクリと食べるので結構楽しめました。
CIMG5790
CIMG5781
 メインの天橋立は天気もよく絶景でした。展望台からは確かに龍が空に登る様が分かります。海岸の砂浜があたかも龍の背びれに見えます。砂浜にも行ってみましたがとてもきれいで大勢が泳いでいました。3km続く松林の木陰で気持ちのいい浜風をうけてしばらく座っていました。
CIMG5798
CIMG5807いろいろ飲み食いしたので今までのダイエットがパーです。2kg増えちゃいました。2・3日粗食で行く前の状態に戻します。・・・・できるかなぁ〜?

谷汲山の紅葉を見に行ってきました

CIMG5711

 今が紅葉の見頃ということで谷汲山の華厳寺と横蔵寺に行ってきました。今日は紅葉仮狩り日和というくらい風もなく穏やかな小春日和でした。平日だというのに大勢の参拝者で参道から人・人・人でとても歩きにくかったです。バスが何台も繰り出していました。
CIMG5712

 見上げると澄み切った青空をバックに黄色・柿色・真っ赤な色とりどりの紅葉が陽に映えて鮮やかさを際だたせていました。その他どうだんやイチョウ等紅葉真っ盛りでした。谷汲山の紅葉は今が見頃でした。
楽天市場
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ