よろず日記

趣味のラジコン飛行機や音楽その他日常の面白そうなこと等いろいろ取り上げます。

南飛騨・小坂 厳立峡に行ってきました。

先週、家族で高山に遊びに行った帰り、小坂の厳立峡に立ち寄りました。ワイフは母親や友達、従兄弟たちと数度来ていますが、わっちは初めてです。以前近場の温泉で1泊したあと立ち寄る予定でしたが、丁度大雪が降った後だったので閉鎖で入れませんでした。

 ・・・で今回になってしまいました。近場にこんな素晴らしい自然があるなんて、と素直に感動してしまいました。

  荒々しい山肌を見せる厳立は、御嶽山の数万年の間に流出した溶岩流が雨風等の浸食によってこの峡谷の至るところに露出して、勢いよく流れ落ちる水しぶきとのコントラストがとても素晴らしいです。

  町中は30°越え、ここは17°の別世界です。マイナスイオンも多く、水しぶきからの風も心地よく、ここでボーッと本でも読んでいたい気分です。
IMG_0027IMG_0028IMG_0029IMG_0030IMG_0031IMG_0033IMG_0034IMG_0036IMG_0039IMG_0040IMG_0041IMG_0042
 

尾道に行ってきました。

   1年に1回ぐらいは女房孝行ということで、女房が行きたがっていた広島の尾道に2泊3日で行ってきました。行程は四国丸亀から今治に行き1泊、翌日しまなみ街道を通って尾道に行き、いろいろ2日間見て回りました。行程は全て女房、わっちはアッシーのみでした。

   天候不順が続く毎日でしたが、幸いなことに3日間とも天候は良かったです。ただ同じ頃広島市の北部では大規模土石流災害があり本当に気の毒ではありましたが、尾道市は雨は全く降っておらず、暑くて仕方なかったです。全行程1200kmでした。ほんの少し運転を代わってもらいましたが・・・あ〜あ疲れた。でも腰は大丈夫だったのでヨカッタよかったです!


    しまなみ街道は自転車で走れます。今では自転車ファンのメッカになりつつあるようです。11月にはツアーの企画があります。夏休み中は自転車のしまなみ海道料金はただのようです。


 ただ、しまなみ街道は多くの島をめぐる生活道路なので、車はそのまま走れますが自転車は島を渡る度にいちいち島に下りて島の一般道を走り、橋に来ると橋に上がるという具合に下りたり、上がったりします。全行程の距離もあるので結構大変だと思います。今治のホテルでもロードバイクをレンタルしていましたが、往復すると1日行程になると思います。島の一般道では、自転車道は白とプルーの線が引いてありました。
123











































  途中大島に展望台があるので上ってみよう、ということで上っていたら自転車で上っている人がいました。これは結構疲れます。この坂道結構長いです。

  また展望台から見た風景は最高に良かったです。少し曇っていたのでまるで水墨画のような幻想的な感じがしました。45






























  尾道市に渡りました。尾道と言えば坂道。石段がすごいです。上るの大変。なのでロープウエイ。高台からの眺めは最高です。展望台の休憩所でかき氷を食べましたが動きたくなくなりました。

  高台は石段かコンクリートか石畳で、土の所は見あたりません。道には1個1個丁寧に石を敷き詰めています。これは恐らく雨の時、土が下に流されないように石畳にしたのではないかと推測します。

  尾道と言えば千光寺。参道の石段は半端ではありません。また急です。曲がりくねった参道には多くの文人の句碑が一杯ありました。国宝の浄土寺にも行ってきました。宝物殿も見せてもらいました。

  尾道と言えば林芙美子や志賀直哉等々文学ゆかりの地・・・文学の館では資料が一杯でした。志賀直哉の旧居にも行きました。とても質素な生活ぶりでした。ここで暗夜行路を執筆したそうです。

  尾道と言えば広島お好み焼き?ではなく、鯨羊羹・・・こんな羊羹聞いたことがありませんでしたが、食べると桜餅風で結構おいしかったです。尾道銘菓のようなので話しのタネにお土産にしました。
678910M1180006M1180007


楽天市場
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ