よろず日記

趣味のラジコン飛行機や音楽その他日常の面白そうなこと等いろいろ取り上げます。

Uコン

Uコンサークルにお邪魔しました。

 今日は飛行場整備の日です。なのでちょいと早めに家を出てUコンサークルに。「今日はUコンやっているかな」とかなり手前の堤防道路からその場所を見ると、白い物がグルグル回っています。「おっやってるやってる」とお邪魔しました。
M4120013















 機体はフェザント66(ストーカー66)とプロフィール機ヤク55(OS46LA)です。ヤクはプロフィール機ですがリンケージは内蔵式です。エレベータがかなり大きめです。とても安定して飛んでいました。
M4120001M4120004M4120005M4120009M4120011











































































 揖斐の飛行場は、先日の大雨で飛行場が冠水したのでその後かたづけです。今までのように滑走路にヘドロはのらなかったので不幸中の幸いでした。ゴミとか木ぎれなどの片づけです。ただ飛行場は大雨による急激な川の増水によって前面がかなり削り取られていました。片づけが終わったあとは自由飛行でした。
M4120014M4120015

















クラブ内輪のパイロン大会・・とその前にUコンサークルへ

 今日はクラブ内輪のバイロンレース大会です。わっちはこの大会のためにスクエアー15、ロキ40を入手しましたが、製作が何だかんだでほとんど進んでいません。結局今日は去年のスタントミニ20とポンコツタロー40、2機を持ってきました。まあパイロンレースとはどんなもんじゃい(去年は不参加)ということや兎に角専用の飛行機がなくても取りあえずクラブに顔見せする、という2つの意味合いで参加しました。


 折角日曜日に早めに飛行場に行くのなら、ついでにUコンサークルに寄ってこーーっ、ということで朝練にお邪魔しました。今日はやってるかな・・・。おーーっやってる、やってるでした。久々にお邪魔しました。
M3820004M3830001M3830003













































 下の画像 機体名「ペリカン」といいますが(わっちは知らない)、設計されたのは1950年だそうで、レーサー風スポーツ機といったところでしょうか。エンジンが成立です。これが倒立だと昔のチームレース風の機体です。昔風でおもむきがありますね。サークルの会長はレトロプレーンがお好きで、以前は「ドラゴン」も製作されています。この「ペリカン」も昔の設計図を見つけて製作されました。
M3830006















 エンジンはこれまた大昔のエンヤ29です。昔はこの機体サイズにマミヤ60を載せていたそうです。角形のベンチュリーがカッコいいですがカウリングで見えません。マフラーはマグネシューム製でとても軽いそうです。当時物だそうです。

 機体は図面からフルスクラッチビルトされました。そんな大昔の機体ですが、今に繋がる技術的な新機軸が一杯ある機体でびっくりしました。

 当時珍しい?フラップがあったことや右の翼端に小さいプロペラ(名前聞くのを忘れました)が付いています。これ風の抵抗にしてラダー同様に外に向けてワイヤーのたるみを取る装置でしょうか?。M3830008
















 水平尾翼のエレベーター部分が安定版より厚みがある。・・・どうしてでしょうか。水平安定性?がねらいでしょうか。
M3830012

M3830006M3830007M3830010M3830011









































































 今日のメインイベント「パイロンレース大会」です。
 わっちの参加機体です。大昔のポンコツタローに大昔のエンヤ40Xを載せています。去年ノーコンで墜落。でも無傷で回収できたので今年メカを新調しての参加です。もう1機はこれまた大昔のスタントミニ20。生地完成のまま20年ぐらいお蔵入りしていて、5・6年前にフィルムの切れ端ばかりをつないで完成させました。機体もフィルムの切れ端も捨てるのがもったいない、で出来上がったので機体名を「もったいない号」としました。昔のF1のベネトンカラー風にしました。エンジンは大昔のOS25です。新しいのはメカだけです。

M3830014M3830015M3830017M3830018M3830019M3830020
 

Uコンサークルにお邪魔しました。

今日はクラブ飛行場の整備の日です。早めに行って上流のGSUCUコンサークルに寄ることにしました。???・・・・・ところがUコン飛んでいませんでした。なーんだもう日が昇るのが遅くなったからサークルの朝練は終わったかな、と帰ろうとすると車が1台止まっているのに気づきました。グランドにも一人います。「あっやってるよ」・・・行ってみるとやってました。今日はお一人のようです。
M3600016M3600017M3600018













































ブルーエンジェルカラーのUコン機です。Fさんは今年電動機も飛ばすようになりましたが今日はエンジン機です。相変わらずきれいに作っています。ステッカーもパソコンから作り出した自作だそうです。

 角ものもパキッパキッと角を出して鋭く飛んでいました。選手権クラスの飛びですね。
M3600019M3600010M3600014








Uコンサークルにお邪魔しました。

 今日はクラブの草刈り当番の日です。折角早く出向くのでついでにUコンサークルSGUCにお邪魔することにしました。近くまで行くと堤防道路の上からUコンが飛んでるのがよく見えます。この光景わくわくしますね。今日はみなさん全て電動機ばかりでした。世の中の電化の波はもう誰にも止められませんね。

 ナイキさんのブルーマックスです。エンジン仕様から電動にコンバートです。ゆっくり・等速でとても飛ばしやすそうです。でも大昔のUコンファンからするとウワーーン、ウワーーンという遠くまで響くエンジンのうなり音、風下でのひまし油のにおいがなくなってしまうというのはとても寂しいですね。

M3460001M3460002































冷却用の飛行機扇風機が愛嬌あっていいです。この扇風機、思ったより風力はあります。
M3460011M3460007M3460003













































 ボンカレーさんのウインドシェアーです。カラーリングはいつものボンカレー色です。ところでボンカレーって今もありましたっけ。


・・・・揖斐の飛行場の滑走路は今日は苅ってないのでまだ飛ばせまん。草刈りが終わった後、微風・晴天下、指をくわえてうらめしそうに空や吹き流しを見上げてはため息ついていました。こんな時は早く帰って飛行機製作しよっと!ということで帰りました。

M3460008M3460005M3460004M3460009

Uコンサークルにお邪魔しました。

 久々にサギタUコンフリークにお邪魔しました。わっち自身最近はUコンはとんとご無沙汰です。わっちの今は、模型に限らずいろいろなことが停滞気味なので、サギタのみなさんに喝を入れてもらいにお邪魔しました。サギタのみなさんはとにかくストイックで精力的です。自身のUコン飛行については毎回データを記録していますし、お互いに情報交換やアドバイスもします。素晴らしい向上心です。

 日本選手権トップクラスのS氏は相変わらずすごい飛びですが、他のみなさんの飛びも以前に比べて「ビシーーッ」という感じでシャープさが出ていました。

 今回の目玉は電動Uコンですね。電動Uコンはかなり前からありましたが、Uコンもラジコン同様に電動化の波が、少しずつですが確実に押し寄せているようです。メンバーのお一人がすでに電動化されていて、もうお一人の方が今計画中だそうです。

 電動Uコンでびっくりしたのは、ラジコンで言うスロットルコントロールがない代わりに、重力を感知してパワーをコントロールできる装置があるそうです。垂直降下の時も含めてラインに力が掛かった時、プロペラの回転にブレーキが掛かり、スピードが落ちるそうです。なので全体を等速で飛ばせるそうです。すごい装置です。
123661235512341232991238812377

「Uコン09ボクサー」のリンケージ完了

0r0qerty94















小学校4年生の時何機目かで作ったことのある「Uコン09ボクサー」、やっとリンケージが終わりました。当時飛んだのか、飛ばなかったのは全く覚えがありませんが、ヤフオクでキットを見つけ、ただただ懐かしさで組み立てました。 エレベータのヒンジも当時のように布ヒンジにしています。

 ただ材料は経年変化でボロボロ、全て新しい材料で作っています。やっとリンケージが終わりましたが、今度はワイヤーがありません。飛ぶのはいつになるのでしょうか。しばらく工房の飾りになります。
0r0qerty950r0qerty96

Uコン S・ハリケーンいざ出撃〜っ!

DSC06274

 H18年6月 ノーコンで激突!!!昇天したスーパーハリケーンです。その後胴体は作り直し、カラーリングは竹林先生のジュノーそのままのカラーリングで何とか復活させました。でもその後リンケージが全然進まず、ズーーーーとそのままでした。最近妙に腰が軽くなっているのを幸いに今の内・・・とばかりに面倒なリンケージを早々と終えました。これでいつでも出撃OKです。エンジンはOS52 4サイクルです。復活した機体なのでスーパーハリケーン「フェニックス」と命名しました。
 早く60機とばしたいな!以前このハリケーンの初フライトではこれが60の引きかうーーーっすごい。角や水平の引き起こしなどすごーーーいと感激したもんです。でもその直後・・・ノーコンで ピーガーピーーーーウーーーーープツンドカン!でした。
 前回製作の3姉妹機もリンケージは全部終わっているので早く初飛行をしたいところです。でもズーーーと野暮用で飛行場にはいけません。しばらく無理かもです。その内P−13も忘れそうです。・・・で家で機体製作なぞして気を紛らわせています。でも電動アルテアのカラーリングは天候のこともあるのでちょっとも進みません。
DSC06275

 その内「こんな物を作っています」・・・・と次の機体が出そうです。現在作り始めているのは、MKの大昔のサンダーバードJr.、工藤プロダクトのトーキョーエコー、IMのウィークエンドS、 キュラーレの60版・・・・等々レトロ機ばかりで、1回飛ばしたらお蔵入りの機体ばかりですが、まだまだ生産ラインにはレトロ機が十数機乗っかっています。果たして作れるんかいな・・・・という具合です。
楽天市場
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ