CIMG4931
日本一のパン屋さんが飛騨高山にあります。経営者は成瀬正さんという人で、2002年パリで開催されたベーカリーワールドカップで優勝した時の日本代表の一人だったそうです。店の名前はトラン・ブルーといいます。ブルートレインの意味だそうです。先日NHKのプロフェッショナルでトラン・ブルーが紹介されました。
 こんな近くに日本一のパン屋さんがあるなら是非行ってみよう、と女房と早速出かけました。ちょっと早めに高速で出かけたのですが白鳥ICからいつもの渋滞です。(片側2車線から1車線になるところで必ず渋滞します)到着までちょっと余分に時間がかかりましたが何とか開店時刻9時半前につきました。
 前日に電話で聞いたところテレビに出てから特に朝開店前からお客が並び、それも県外からも来ているので普段ならいろいろな種類のパンが並んでいるそうですが、焼くのが追いつかない状態で、来てもらっても欲しいものが買えるかどうか、という応対でした。着いてみるとこの通りです。駐車場の車は松本や大阪ナンバーもありました。店の前にざっと40人以上は並んでいいました。CIMG4933
入り口では入場制限しています。ぱんの良い香りが店の外にまで漂ってきます。うーーーん早く食べたーーーいCIMG4935
1時間寒い中並んでやっと店の中に入れました。中はこじんまりとした広さでそれ程多くの種類のパンを置くスペースはなさそうです。なんだか品薄状態です。お目当てのクロワッサン・Tバケットもありませんでした。11時に焼けるということで待ちます。子どもや親にもお土産にと買いました。やっと店を出たのは11時半でした。丁度お昼時なので早速車を適当な場所に移動させてありがたくいただきます。うーーーん確かに美味しいです。美味しいのですがわっちの舌がB級グルメ用にできているのか正しい評価が難しいですね。お目当てのクロワッサンはサクサクでバターがそれ程くどくなくあっさりとした感じで美味しかったです。またフランスパン系はネットリとした歯ごたえで、特に大納言のほどよい甘さがとても美味しかったです。CIMG4938
CIMG4948
折角高山に来たことだし、パンでカロリーを取りすぎましたので古民家など古い町並みをしばらく散歩して、帰りはゆっくりせせらぎ街道を帰りました。高山やせせらぎ街道はまた雪がたくさん残っていました。