よろず日記

趣味のラジコン飛行機や音楽その他日常の面白そうなこと等いろいろ取り上げます。

ピアノ音楽

高橋アキ ピアノリサイタル

M1280001














  昨日いつもの岐阜現代美術館/NBKコンサートホールで現代音楽高橋アキさんの今会場2回目のピアノリサイタルがありました。前回は丁度1年前のことでした。

 現代音楽を12月の寒い中わざわざ聴きに行くのも・・・・と思いましたが、今回はプログラムの最後にシューベルトの「さすらい人幻想曲」があったので聴きに行くことにしました。この曲は自分も学生時代に弾いた曲なので、アキさんの弾く「さすらい人幻想曲」はどんなものか興味津々でした。

プログラムは、シェーンベルグ「6つのピアノ小品」、サティ「児童記述法」「官僚的なソナチネ」など4曲、松平頼暁「ピアニストのためのアルロトロビー」、M・フェルドマン「エクステンション3」、そしてシューベルトの「さすらい人幻想曲」でした。

 サティの「官僚的なソナチネ」はとても面白かったです。原曲はピアノ初心者が必ずと言っていいほど練習するクレメンティのソナチネですが、それをサティーのウイットに富んだアレンジでとても面白い曲に仕上がっていました。 


・・・で「さすらい人」ですが、昨年感じたシューベルトと同様ことごとく甘ったるい「さすらい人」でした。曲冒頭はフォルテッシモの強烈な和音連打で始まりますが、アキさんはメゾフォルテの優しい感じで始まりました。「えっ?」という感じでした。しかもテンポは遅めでした。ためらいのあるアインザッツ、ロマン派的なアゴーギク奏法等々、いわゆるスタンダードなシューベルト弾きからするとかなり異端的な演奏に聞こえました。

 でも聴いていくうちにこういう演奏もありかな、とも思えてきました。昔チェリビダッケというドイツの指揮者がいましたが、彼の演奏をはじめて聴いた時、今までのスタンダードな演奏に安住していた我々の度肝を抜く演奏に驚いたことがあります。楽曲を音質、音色など単音のレベルから全て見直し再構成した演奏は今まで慣れ親しんだ楽曲のイメージとは別物と言っていいほどの演奏でした。

  「そこまで・・」とは言いませんが、アキさんの演奏はサティのエキスをまぶしたシューベルト、1音1音に音の意味を与えたシェーンベルクの音構成で奏でたシューベルト、そういう意味では「高橋アキ風シューベルト、現代音楽の高橋アキがシューベルトを弾くとこうなるよ・・・」と言え、とても面白いと思いました。ただ自分としては昔の演奏家リヒテルが弾くダイナミックな「さすらい人」が大好きですが・・・。

今回は、現代音楽ピアニストの高橋アキさんの凄さが随所に光る演奏だったと思います。作曲家の思想、コンセプトを凝縮した作品を、音質や音色にこだわり、研ぎ澄まされた感性で、1音1音を緻密に繊細に表現した演奏はとても聴き応えがありました。

高橋アキ ピアノリサイタル

M1280001














  昨日いつもの岐阜現代美術館/NBKコンサートホールで標記リサイタルがありました。高橋アキさんはウン十年前の学生時代から知っていましたが、演奏領域の中心が現代曲で自分にはあまり縁がなく、生で聴くのは今日が初めてです。お兄さんは高橋悠治さんで、やはり現代音楽の領域で活躍されている方です。今宵はどんなコンサートになるのか楽しみでもありました。

プログラムは、シューベルトのソナタ21番(遺作)、サティのワルツ=バレーとグノシエンス1番、中堀海都のヒドゥン・インスティンクツ、クセナキスのミスツでした。シューベルトとサティ以外は聴いたことがありません。クセナキスは名前だけ知っているという程度です。

  プログラムの構成は古典、近代、現代というまるで西洋音楽史的な配列になっています。現代ばかりだとお客さんの集中力がもたない?、と無理にシューベルトをもってきたのでは、と違和感を感じるプログラムです。現代音楽のアキさんがシューベルト?どんなシューベルトを演奏するのでしょうか。

楽譜を見てシューベルトを演奏する演奏家を見たのは初めてです。確かにこのソナタは4楽章約50分と長いのですが・・・それにしても。古典と初期ロマンの間に位置するシューベルトをこれでもか、というぐらいロマン的に演奏しました。現代音楽のアキさんが弾くとシューベルトはこうなるのか、と思いましたが、もう少し古典的に素直な演奏が聴きたかったなと思いました。でもコンサートが終わって思えば、随分サティ的なシューベルトだったと言えなくはないです。

後半はサティからです。アキさんお得意の作曲家です。サティの曲は演奏会でもよく演奏されたり、ドラマ等のBGMとしても時々使われているのでよく知られています。ロマン的にしっとり叙情的に演奏します。心にしみこんでくる演奏です。本領発揮というところでしょうか。

  中堀海都のヒドゥン・インスティンクツという曲はアキさんによって世界初演が行われその後彼女に献呈されています。なんともコメントし難い無機的な現代曲です。最後のクセナキスも同様です。パンフには、コンピュータを駆使した確率論的手法で多くの斬新な作品を生み出した、とありますが、即物的、無機的な響き、構成がいかにも現代曲という感じです。

  中堀海都やクセナキスも楽譜を見て演奏していましたが、恐らく楽譜は1音1音、音程やリズムで書いているというより、図形のように描いてあり、演奏者のその時の即興の感覚で弾いているんじゃないのかなと思います。正直繰り返し聴きたい曲ではないですね。

  アンコールは口直しではないですが、サティのジムノペディ他の2曲をとても叙情たっぷりに弾きました。正直なところ現代曲中心のプログラムは一部の前衛音楽マニアにはいいでしょうが、やはり一般受けはしないと思います。アキさんの熱演の割に今一盛り上がらなかったのが残念でした。折角の超一流のアキさんのコンサートでしたが、私たちにとっては猫に小判のようなもったいないコンサートでした。

児玉 桃ピアノリサイタルを聴いて

CIMG6004





















 いつもの岐阜現代美術館NBKコンサートホールで、昨日児玉 桃さんのピアノリサイタルがあり、久々のコンサートということで楽しみに行きました。桃さんは今までに2回聴きました。フランスもの、中でもメシアンがお得意なピアニストです。幼少よりヨーロッパで育ち、パリ国立音楽院で学んだので当然レパートリーの中心はフランスものということになります。以前聴いた時も鋭い感性、すごいテクニシャンという印象でした。特に現代曲は、若いだけに鋭い切れ味の演奏という印象でした。
今日のプログラムはJ.S.バッハの「イタリア協奏曲」、日本人の作曲家細川俊夫のエチュード-此▲疋咼絅奪掘爾裡隠欧離┘船紂璽匹任靴拭エチュードプログラムです。テクニシャンの桃さんならではのプログラムです。聴き終わっての感想は、あの細い身体のどこにこんなすごいエネルギーがあるのか、というくらいすごくエネルギッシュな演奏でした。始めの「イタリア協奏曲」は大昔弾いたことのある曲なので懐かしく聴きました。各声部はとても明瞭で微妙なタッチ、アゴーギグ、ダイナミックス等々絶妙でした。淡々としたバロック音楽というよりも若干ロマン的にさえ感じました。細川俊夫のエチュードは桃さん初演の曲ということで、思い入れのある力強い演奏でした。ドビュッシーのエチュードはどの曲も超絶技巧の曲でしたがとてもダイナミックに弾いていました。どの曲も理性的で気品があり、しかも情熱的でした。
 ただ以前感動したイエルク・デームスの演奏とは全く異質に感じました。年齢的なものというよりタイプが違うのかなと思いました。言うならばデームスは「音の魔術師」・・・であれば桃さんは「音の曲芸師」という感じでしょうか。研ぎ澄まされた感性でタッチ、ダイナミックス、バランス全て絶妙にコントロールされたすごい技術なんですがどこか即物的に感じてしまいます。ですが以前聴いた時よりも感情が前面に出ていたように思います。フランスものはあまり好きくないのですが、今度聴く時が楽しみになりました。CIMG6002CIMG6001

久々の感動のピアノ演奏会

久々の感動の演奏会
piano2

昨日関市の岐阜現代美術館(鍋屋バイテック)でイェルク・デームスのピアノ演奏会がありました。当美術館は、関市郊外の個人の施設です。丘の上にある自然が一杯の所で、工場と言っても、とても清潔な感じの工場で、芝が一面に敷き詰めてあり、立木が一杯、泉もあり、工場とは全く思えないほど素晴らしい環境です。時折行き来するトラックこそ違和感があるほどです。駐車場にはベンツ、ジャガーの高級車が並びます。自分の車が場違いのように感じます。この美術館は、普段は篠田桃紅さんのコレクションの展示がその主なものです。昨日はその展示場を会場として、イス数は120ぐらいでしょうか、こじんまりした演奏会が開かれました。曲目はモーツアルトの「幻想曲」、ベートーベンのソナタ「ワルドシュタイン」、ドビュッシーの「映像」フランクの「前奏曲、コラールとフーガ」でした。
piano

 デームスが関市に?信じられませんでしたが本物でした。それも大ホールではなくこんな私的な演奏会に?と始めは信じられませんでした。そうか80という歳なのでついにデームスもどさ周りかな?と勘ぐったりしました。でも、とても80とは思えないエネルギッシュなベートーベンで自分がどんどん引き込まれて行くのが分かりました。圧巻は最後のフランクでした。涙こそ出ませんでしたが、鳥肌こそ立ちませんでしたが・・・最後のバーンと音が鳴り終わった時は思わず「うーーん」とうなってしまいました。会場のみなさんも同じくうなっていました。久々に味わうすごい感動でした。音響設備も整っていない小さな会場でしたが、デームスの繊細なピアノ、力強いフォルテ、流れるようなアルペッジョ等々音の魔術師が奏でる音は、目の前で聞いたにも関わらず美しいのです。こんな間近でフォルテはやかましいかなと思ったのですが、最低音まできれいにはっきり聴こえました。デームスは、スタインウェイを見事に操っていました。デームスはドイツもの、と思っていましたが、フランスものもとても素晴らしいです。繊細なピアノタッチがすごいです。でも個人的には、フランスもの、特にトビュッシー、ラベルはあまり好きくありません。でも引き込まれました。久々に感動を味わった演奏会で、帰りの車の中ではとても音楽を聴きながら帰る気になれず、演奏会の余韻に浸りながら帰りました。
楽天市場
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ