よろず日記

趣味のラジコン飛行機や音楽その他日常の面白そうなこと等いろいろ取り上げます。

電動ラジコン

アンダー200トーラスやっとこ生地完です。

 やっとアンダー200トーラスが生地完成になりました。このあと被覆が大変です。やはりオラカバライトですかね。この小さな機体のために3種類のオラカバライトを購入するのも正直もったいない話です。ほんの少ししかいらないので、補修用があればそれで十分間に合います。自分の手持ちで色違いならありますがどうしましょうね。トーラスはやっぱり赤、白、青のあのカラーリングがいいですね。ここでまたどうしょうかと迷うと完成がまたずーーっと先になりそうです。

 このキットは全ての材料が1mmです。ふつうのキットと同じように触るとすぐ「パリッ」と割れます。でもアンダー200と言え構造はオリジナルのトーラスとほぼ同じです。特に主翼の剛性感のある構造はよく出来ています。・・・と言っても少し心配だったのでカーボンロッドをかんざし上下に補強しました。オリジナルを彷彿とさせるマイクロトーラス・・・なかなかいいです。折角のアンダー200ですから何としても全備重量200g以下で仕上げます。
M3880004

M3880006

M3880008

アンダー200「電動トーラス」

M3790001















懐かしい機体「電動トーラス」をネットで見つけ早速セットで注文しました。アンダー200です。今は航空法がやたら厳しいです。アンダー200gであれば航空法に触れずに「いつでも、どこでも」飛ばせるので、以前からいろいろ物色していました。
M3780006M3780005M3780003













































  見つけたのが今時の発砲素材の機体ではなく、バルサ製で機種も大昔の大好きな「トーラス」だったのですぐに注文しました。果てさて上手い具合に200g以下におさまってくれるのでしょうか。
0000w07









 トーラスは大好きな機体のひとつです。画像は昔設計図を手に入れたのでフルスクラッチビルトで作ったトーラスです。翼幅は約1800mmでエンジンは当時物のOS50(Wピストンリンク)を載せて飛ばしました。独特な飛びにびっくりしたことを覚えています。あの時の感動をもう一度・・・です。

このマイクロトーラスも雰囲気は出ています。ですが問題はカラーリングです。フイルムでオリジナルカラーはとても無理です。被覆はオラライト?ですかね。ゴム飛行機の紙も結構在庫があるので悪くないですね。まっ取りあえず生地完成まで作り上げることにします。

F3A電動化 その3

 発電機を買っちゃいました。ただし極安のを。DSC06237

 先日冷温機を買いましたが、その時は冬場はバッテリー8セットぐらいを家で充電して飛行場で飛ばすまで冷温機で温めておいて順番に8フライト前後飛ばせばいいかと思っていました。でもクラブ員が「安い発電機があるよ」ということでネットで確認するとホント安いです。思わず落札してしまいました。「安かろう悪かろう」ではなく「安かろう良かろう」になることを祈っていますが、壊れてもまぁいいやということでついクリックしてしまいました。さてさてどんな具合でしょうか。出力は1500Wあるのでいいと思いますが。早速試運転をしようと思いましたが雨?雪?が降ってきたのでまた後日ということにしました。
 これでF3Aの電動関係機材は全て揃ったので、後は取りあえずアルテア改造機の完成を待つばかりです。いま白無垢で次はカラーリングの段階です。「待ちきれずに白無垢で飛ばした人がいてその機体は落ちた・・・やっぱり白装束は縁起が悪い」というのをネットで見たことがあるので我慢して完成を待ちます。待ちきれないので白無垢の段階からリンケージを始めようと思っています。ただ今また製作ライン上にOKの昔のキット・パイパースーパーカブ60が増えたので同時生産ラインは7機というすごい数になっています。もうすぐ「アトラス・キャビン15」が完成しますが、あとの機体はいつ完成することやら・・・。


ゾンビのように蘇るカシオペアASK21

DSC06101
カシオペアのASK21の修理がほぼ完了しました。ほぼというのは、後はキャノピーの塗装だけという意味です。一応白と軽くブルーMは吹いていますが仕上げはまだです。というのは今まで何回か修理しても第4旋回でスポイラーを出して旋回で巻き込んで墜落小破したり、モーター固定のバスコークがトルク負けで異常振動を起こしキャノピーが吹っ飛ぶ等々・・・・今まで飛びを堪能しているとは言い難い機体です。それでも形があるのでゾンビのように復活させてしまいます。キャノピーも3回落とし、これで4個目のキャノピー製作です。昔のMKのワイルドビートのキャノピーがあったので型にして作りました。きちんと塗装して飛ばしてまたどこかに落としても何なので取りあえず飛ばして様子を見てからキャノピーを塗ります。
DSC06100
始めはフローティングのつもりでバスコークでモーターを固定していましたが何回か付けたり外したりでバスコーク部分が弱くなったので今度はエポキシでガチガチにしようと頭を切り落としました。それで型をとりメス型から同サイズのノーズ部分を作りました。今度はエポキシでガチガチに固めていますので異常振動はありません。飛行も何とか普通に飛びましたが何か変です。ペラサイズ(9・5)、アンプ(40A)、モーター(カシオペアステルス)、リポ(4S)この4つが今ひとつ合っていないような気がしました。再度メカ類の相性を再点検してみます。そのうちまたゾンビで復活します。

F3A電動化 その2

アルテアの電動化が少しずつ進んでいます。機材関係でないのは発電機だけです。後はそろいました。先日松田製作所でプロペラとスピンナーのバックプレートの12mm用の穴開けをやってもらいました。とても精度のある穴開けをしてくれました。さすが職人です。DSC06086
AXSIのモーターをエンジンベッドに固定するのですが、固定するビスの所が丁度ベッドの肉抜きをしている所だったのでその場所をベニヤとカーボン板ではさみエポキシでガチガチにしました。これでモーターが搭載可能になりました。その後ろにアンプ、そして脚の下にバッテリーを置く場所も作りました。DSC06087
冷却用の空気穴も側板にドンと開けました。白はうっすら吹いているので後白が残る所を中心に最終白を吹いて後カラーリングに入ります。今更アルテアカラーでもないので・・・・と言うのもあのカラーリングは難しく面倒です。もっと簡単にしかしド派手なメタリック系のカラーリングにしようと思っていますがさてどうなるでしょうか。

F3A電動化少しずつ

 今F3Aの電動化を少しずつ進めています。遊びの機体は今は電動機ばかり飛ばしています。遊び用の燃料がそろそろ酸化をしはじめるかも。でも当面の主流はエンジン機です。電動F3Aは本調子になってからということで、これからいろいろ教えてもらいながらゆっくり楽しみながら進めていきます。
 ビンゴの電動化パーツが発売になったのを知って、電動化の手始めにビンゴを電動化しようと思ったのですが、マウント周りやタンク周りを削り取る必要があり結構大変な作業になりそうなので止めました。作りかけのアルテアはエンジン機のままだとこの後も絶対にしあがりそうもありませんので、これを電動機にすれば製作のモチベーションもグッと上がり一気に仕上がる感じがしましたのでこれに決めました。F3A電動入門機は取りあえずアルテアです。思ったが吉日で早速マウント周りを改造し始めました。DSC06021
良い感じで納まりそうです。モーターは10S仕様のアクシー、アンプはフタバ、ペラは分からないので取りあえずファルコンの21×14Eです。発電機以外は揃えました。バッテリーも今4セットあるので取りあえず家で4セット充電して行く予定でいます。バッテリーの慣らしをメビウス70でやっていますが最終6・7セット分は欲しいですね。発電機を買うのとどちらがいいのかこれから考えます。
 電動機FXとしては、お値打ちなヴァンキッシュか新しいペガサスもいいですね。スーパーステージもいいです。まっいろいろ次期FX機選定は楽しみながら悩みます。
 電動機の難点は、冬場のバッテリーの管理、大会の時の雨の時の対処、普段の練習の時の飛ばさなかった時の満充電した電池の管理等々・・・電動ならではの悩みがありそうですね。DSC06020
クラブ員のモグラにとんびが威嚇しています。エンジン機では来ないのですがモーター機だと他の鳥が縄張りに進入してきたと思うのか必ず威嚇にきます。以前メビウスを飛ばした時は、離陸してコースに入ったと同時にどこからともなく6・7羽のとんびが飛行機の周りを旋回してとても飛ばせないのですぐにおろしたことがありました。

新作電動プレーン2006-8-31

新作の電動機が完成、初飛行しました。電動プレーンはこれで2機目です。インドアから今度はアウトドア用の電動が欲しくてこれをつくりました。機体はヤフオクでゲットしました。機体は5000円で、京商スホーイのコピー機ということでしたが、結局安かったのか、高くついたのか不明です。というのも作りの精度が全然だめで、胴体のねじれ、尾翼の取り付けのゆがみ、モーターマウント部の強度不足、あと全体の機体の剛性感(・・・といってもEPP素材なのであくまでEPPでの剛性感です。・・・インドアの機体は機首をもってゆらせても、テールはフラフラしませんが、これはひどかったです。)・・・ということでいろいろ補強等も含めて、接着し直しなどかなり手がかかりました。
電動モーターはハイペリオンの400クラス、アンプは25A、リポは11V3S、メカはFF7 のミニ電動用です。サーボは3110、受信機は146・・・ということで、1号機のインドア機に比べてかなりハイパワー化しました。プロップはGWSの11×4.7で普通のゴムかけではペラが吹っ飛びます。ゴムを止めるネジを長いものにし、ゴムを二重にして何とか回転に負けずに回すことができました。
飛ばした印象はとても素直でした。全備重量はリポをいれて350gでしたので、軽々ととびました。初飛行なので無理をせず場周飛行を5分ぐらいでやめました。
これからはF3Aの後のお楽しみでトルクロールの練習をしたいと思っています。
またまた楽しみがふえました。
楽天市場
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ