よろず日記

趣味のラジコン飛行機や音楽その他日常の面白そうなこと等いろいろ取り上げます。

コンサート

市民第九演奏会

M3710001







































 この演奏会の出演者が知り合いでチケットをもらったのでワイフと一緒に行ってきました。プログラムを見て少しがっかりしたのは、メインの第九の前に第1部、第2部とあったことです。てっきりちょっとした小曲と第九だけだろうと思っていたし、第九だけ聴きたかったので少しがっかりでした。文化会館は客席600余席の小さめのホールです。今日のメインが市民合唱団の出演なので関係者とおぼしき人たちでほぼ満席になっていました。

 演奏は世界的に有名な指揮者の古谷誠一氏、オーケストラはこれまた世界的に有名な可児交響楽団、ソリストは「魁」というグループに所属する人たちでした。合唱団は市民を中心の参加者138名で12歳から80歳代までの団員構成です。

 第3部の第九は4楽章だけでした。わっち自身は学生の頃テノールのパートを歌ったことがあるので懐かしくある意味楽しみにやって来ました。

 4楽章の荒々しく始まる冒頭部分を聴いたとたん、「えっこんな田舎で生の第九ができるんだ」「生の第九をこんなに身近に感じるなんて」と今回の演奏会が開かれたこと、ある意味、意外さ・頼もしさを感じました。

  当初からオケも合唱もアマチュアなのでそれなりの演奏ということは承知していましたが、随所にアマチュアオケ・合唱団特有の技術的限界や練習不足からくる表現の単調さ、ぎこちなさ、演奏全体の荒っぽさ等々が気になりました。オケではバイオリンの速いパッセージから始まる部分ではテンポについていけず遅れ気味になったり、喜びの歌の静かに始まるコンバスの旋律は微妙にピッチがずれています。ユニゾン部分でのピッチのずれは特によく目立ちます。もう少しパート練習でここに注意してやればいいのに、なんて余計なことを思いつつ聴きました。

  またオーケストラに気の毒だったのは、ステージが狭い上に合唱団・ソリストのスペースもいるので楽団員40余名ほどはステージの前の方に陣取っていました。最悪なのが木管、ホルンがステージ袖際、反対のステージ袖には打楽器類を配置せざるを得なかったようです。最悪はシンバルはステージ右袖の前に位置していたので響きのない直の音が会場に飛んでいました。

  演奏は随所に気になる部分はあったものの、曲の静と動、明と陰や緩と急等曲全体の雰囲気、深みをよく出していました。ソロもそれなりに雰囲気を出していましたし、特に合唱が入ってきてからは、ダイナミックスの点ではオケと合唱が一体となって会場全体を包み込んでとても感動的な演奏に思えました

今回の演奏会でつくづく思ったのは演奏の上手い下手は確かにありますが、大切なことは演奏者が聴衆に何を表現したいのか、ということが明確であれば上手・下手関係なく聴き手にしっかり伝わって行く、ということがよく分かりました。今回の演奏で言えば、自分たちのお手製の音楽「おらが町の音楽」をみんなで共有しようという意図がよくわかった演奏会でした。その意味で大変感動的な演奏会だったと言えます。

ワルター・アウアー フルート・リサイタルを聴いて

M3670001
































  ワルター・アウアーのフルートリサイタルを聴いてもう2週間が経ちました。感動の醒めやらぬうちにブログに記録しようと思ったのですが、つい延び延びになり2週間経ってしまいました。

  コンサートは久しく行ってないので次の案内が来たら「絶対行こう」と思っていましたが、案内はフルートのソロコンサートでした。正直もう一つ盛り上がらない気分でした。

  でも演奏を聴くに当たっては「アマチュアレベルからプロまでどんな演奏でも必ず良いところはある。それを見つけ出せるかどうか、そういう聴き方をしないと・・・」と学生時代友達と話し合ったことがあります。

  今回もフルートソロということで少し気持ちが落ち込みましたが、取りあえず聴きに行き感動部分を探そうと出かけました。会場はいつもの岐阜現代美術館/NBKコンサートホールです。

  久々のコンサートでしかもフルートソロですが、今までこのNBKコンサートホールでの演奏会は8割、9割期待を裏切られたことがないので、さてどんなコンサートになるのか楽しみ半分、冷やかし半分の気持ちで聴きました。フルート一本で2時間余の演奏時間、聴衆を飽きささずに演奏に引き込む、いな聴衆の心の琴線を揺さぶる演奏が果たしてできるのでしょうか。演奏はフルート:ワルター・アウアー ピアノ伴奏:沢木良子です。

  さすが現在ウィーンフィル、ウィーン国立歌劇場の首席奏者であるワルター・アウアーでした。フルート一本(もちろん素晴らしいピアノ伴奏があってのことですが)でぐいぐい聴衆の心を引っ張っていく素晴らしい演奏でした。指揮者としても高い評価を受けいろいろなオーケストラで活動していることからも納得でした。奏でる音楽のスケールがとても大きく感じました。

本日のプログラムの第一曲目の「カール・フリューリングの幻想曲op.55」は初めて聴く楽曲ですが、とても耳あたりのよいきれいなメロディーで始まり、コンサートの導入としてはとてもよく、フルートとピアノの心地よい響きで引き込まれて行きます。

  どの楽曲もある時は超絶技巧の素早いパッセージ、ある時は情感たっぷりのフレーズ、どこをとってもとてもフルート一本で演奏しているとは思えません。もちろん沢木良子さんのフルートを引き立てるピアノ伴奏あっての演奏ということが言えますが、素晴らしいダイナミクスの変化、旋律の抑揚・ゆれ、ピアノとの絶妙な掛け合い等々に感動してしまいます。


 特に良かったのは4曲目の「シャルル・コティーニーのベッリーニのオペラノルマの主題による華麗なる変奏曲」でした。イタリアオペラ特有の節回し、情感あふれるフレーズをこともなく一本のフルートで吹きこなしていきます。まるでソプラノやテノール歌手が歌っているかのようです。 

アウアー氏は フルートのフレーズが終わりピアノの間奏部分になると指揮をする仕草もありました。音楽をフルートという枠ではなくオーケストラのような大きなスケールで捉えているということがよく分かりました。

  プログラムは以下の5作品でした。
     カール・フリューリング「幻想曲op.55」
     モーツァルト「きらきら星変奏曲」
     シューベルト「しぼめる花の主題による序奏と変奏曲」
     シャルル・コティーニー「ベッリーニのオペラノルマの主題による華麗なる      変奏曲」
     R・シュトラウス「ヴァイオリンソナタop.18のフルート編曲版」

 <付け足し>
  フルートは低音はボー 高音はヒーヒーという好きではない音色に対しての固定観念がありましたが、さすがアウアー氏のフルートは全く違っていました。まずこんなに良く鳴るフルートは初めてです。鳴りきっていました。高音は透明な細い糸のような澄みきった音、低音は太く輪郭のはっきりした確かな音、フルートの音の概念が変わりました。

  また沢木さんのピアノ伴奏にも感動しました。以前何回か聴いた諸田さんの伴奏も素晴らしいのですが、沢木さんの伴奏は格別でした。ソロを引き立てる弾き方、音楽を大きく捉えた弾き方、ソロとの掛け合いの絶妙さ、全て格別でした。ピアノ伴奏のスタンダードになりました。
楽天市場
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ