2010年12月14日

キャバ嬢攻略の奥義! キャバ嬢をGETする方法 【キャバ嬢を彼女にする方法編】






わたしはキャバクラで、
女の子を落としたいがなかなか落とせない方が
どうしたら落とせるようになるかを

過去7年間徹底的に研究しました。

そして自ら実践の中で試行錯誤ししました。

そしてついに!
誰にでも実践出来るような


キャバクラ攻略のノウハウを見つけ出しました。 もし貴方がキャバ嬢を口説き落としたくても落とせないのなら、
これはとても残念なことです。

また今までのキャバクラでの経験から、
キャバ嬢は落ちないと思い込んでしまっているのも残念なことです。
貴方もいろいろ努力をしているかもしれません。

限られた予算の中で

何度も同じキャバクラに通った
毎回同じキャバ嬢を指名した
キャバ嬢の希望にこたえて同伴に付き合った
まめに同じキャバ嬢にメールや電話をした
高価なプレゼントを買ってあげた
キャバクラ嬢を口説き落とすことができましたか?

おそらく落とせなかったのでは無いでしょうか?

お店と女の子にとっては、
通ってお金を落としてくれる「いい客」にはなれます。

でもそれ以上の関係には残念ながらなるのは難しいのでは無いでしょうか?

また余りしつこくやりすぎると
「いい客」からランク落ちして、
「イヤな客」になる可能性があります。

かっこよくない、お金もそれ程ない男の中で、

口説き落とせる人と落とせない人の違いは何か?

答えははっきりしています。

それはズバリ!

キャバクラ嬢を惹きつける演出が出来るか!
これを身につけるか身につけないかで
圧倒的にキャバ嬢を落とせる確率が違ってきます。

お金持ちで無くても、
演出によって「お金があるように見せる」ことができます。


普通のサラリーマンであっても
演出によって「凄い人に見せる」ことができます。


モテ無くても
演出によって「モテる人に見せる」ことができます。

これが重要です。

貴方はキャバクラの中で、

キャバクラ嬢を惹きつける「もうひとりの貴方」を演出すればよいのです。

もしキャバクラ嬢を口説き落とせるとしたら貴方はどうでしょうか?

 

夢では御座いません

若くてかわいい女の子と一緒にホテルで楽しいひと時を過ごせます。
旅行だって一緒に行けます。
一緒に歩いていたら他の人が振り向きます。
友人知人に自慢できます。
お金を払えば出来る風俗では味わえない達成感が得られます。
隣で飲んでいる他の客に対して優越感を味わえます。
貴方の望みをかなえることができます。

正直に告白致します。
わたしも以前はキャバクラ嬢をまったく口説き落とせませんでした。

7年程前にはじめて、上司にキャバクラに連れて行かれました。
日常の生活では出会うことが出来ないようなかわいい女の子がいっぱいいて、
こんな楽しい世界があるのかと思ったのが最初の印象です。

かなり強烈な体験でした。

それからお目当ての子もできてキャバクラにはまり始めました。
キャバ嬢をどうにかして落としたいと思っていました。

キャバクラ嬢との最初のデートではまんまと騙されました。

キャバクラへ行った翌日に電話がかかってきて、
「これからご飯食べに行かない」とお誘いがありました。

キター!!!!!ってやつです

興奮して出かけました。

当然ホテルの場所もチェックして、夜にはGETを目指して。

キャバクラ何てちょろいものだと自信過剰になっていました。

でも実は違いました。

焼肉が食べたいと言う事で
いい所を見せようとちょっと高めの焼肉屋にいきました。

その後に「服が見たい」というので付き合ってあげました。
「これが前からほしかったんだ~」と言われ、
下心もあり、つい衝動的に買ってあげました。

5万円程の買い物です。
しかたなくカードで支払を済ませ、デパートを出ると

「今日はお店に同伴って言ってあるから一緒に来て。来てくれないと困るの。」といわれました。

「同伴??」

そんなつもりはまったくなかったのに、

断りきれず、しかたなく同伴しました。

結局、
ご飯をご馳走して、
服を買ってあげて、
同伴までしてあげました。

大きな出費をしました。

「口説き落とす」何ていうのとは程遠い結果でした。

会ってから時間が経ってないからと自分に言い聞かせ、
2ヶ月位時間をかけましたが、知らない間にお店からいなくなり、
連絡も取れなくなったのであきらめました。

ショックでした。

それでも懲りずに、他のお店を開拓したり、
他の女の子へアタックを開始しました。

貯金も取り崩して使いました。
無くなるとキャッシングをしながら通いました。

でも結果はまったくだめでした。
お店の中では自分はモテているんだと思っているにもかかわらず、

どうして落とせないんだろう考えていました。

女の子も楽しくしているように見えるにもかかわらず誘い出せないのは何か理由があるのだろうか?

と自問自答していました。