March 27, 2008

卒業式

一昨日を持ちまして、晴れて学生生活を卒業することになりました。

前日の悪天候は嘘のように回復し、
当日は世の中の全てを祝福するかのような快晴でした。



4丁集合写真

僕らは後輩に見守られる中
立教大学を卒業しました







大学につくと、すでに何人かの懐かしい顔が揃っていました。

ふみあき



Fumiaki











けいこ

Keiko







法学部

The Hogakubu






式は、聖歌や校歌、祝辞等淡々と進められていき、
1時間という時間はとても短く感じました。

僕は大学での様々な思い出を回想していました。

卒業後の決意もしました。


みやび

Miyabi







式後、会場を出ると、
後輩からビンビールが渡されその場で一気。
「こんなことももう無いのかもしれないな」
なんて考えながら飲み干した。


その後、卒業証書を受け取る会場に向かいました。

会場では成績優秀者の発表があったり、
これまで堅苦しそうな雰囲気を出していた教師が
なんかフランクだったり。

我らが晃一も、成績優秀者で呼ばれていました。


よん

Yon






じょったま
Higuchi

Hiro





3人は同じ高校出身。

ひぐっちゃん(左)は、高校時代からの有名人。
100M走10秒台の、立教大学最速の男です。



夜まで山田他と時間を潰し、
サークルの仲間の待つ居酒屋大馬鹿へ。

1次会

大馬鹿ももう、
班飲みで来れるかどうかだな





2次会はお馴染みパセラでカラオケオール。

「男女、男女」ヾ(@⌒ー⌒@)ノ♪


昨晩も熱かったね。

上裸の部屋があったり、グラスが割れまくったり、
スタンディングで歌いまくった。

「男女、男女」ヾ(@⌒ー⌒@)ノ♪
って歌ってたら、けんたろーが乱入してきた。

けんたろー

Kentaro





何を隠そう、1年次のダブルスのペアです。



我慢できず空き部屋で寝てたら、
朝、荷物を取りに、半袖手ブラで外まで行くハメになりました。

たろしょー、荷物ありがとう。



着替えに戸惑っている中、
美沙子がメッセージカードをくれた。

これには感動した。

あの

あの美沙子が・・・。


みんなの分書いて大変だったろうな。
でもそこまでしてみんなに伝えたい思いがあったのだろう。

手書きのメッセージは思い出と感謝の言葉でいっぱいで、
読むと泣けてくる。


女キャプ、お疲れ様(・ω・`)




祝ってくれた後輩の皆さん、先輩の皆さん、
おかげさまで僕らは無事、卒業することができました。
できることならば同期全員で卒業したかったけれど。。。

振り返ってみると、ほんとに早い4年間でした。
楽しいことを凝縮した4年間でした。


後輩の皆さん、これからはよりいっそう関わりが少なくなってしまうけど、
いつまでもみんなの仲間です。
なにかあればいつでも頼ってください。

先輩の皆さん、僕らはこれから社会に踏み出します。
今は不安や恐怖で頭・心がいっぱいです。
自己責任の伴う大人社会ではありますが、
完全なる自立に向けて歩いては行きますが、
時には助けてください。
これからも可愛がっていただけると、素直に嬉しいです。


そして同時期に卒業する皆さん。
今までお世話になりました。
みんな就職を目の前にして、
未知の生活を目の前にして、
多少の不安(人によっては期待?)を抱えていると思います。
緊張するね、嫌な感じだね。

僕はみんなと直接会う機会が減るのが一番嫌だ。

だけど前向きに考えます。




めったに会う機会がなくなるから、

次回会うのがいつになるのか検討も付かないけど、

その時、

久しぶりにみんなに会えた時、

笑って、

めっちゃ笑って会えるように、

自信を持って胸張って会えるように、

社会に出たら頑張るよ。





みんなが自慢できるような人間になってみせる。







ロサ下

Good Luck

Bye Bye










  

Posted by kyamon at 02:30Comments(3)TrackBack(0)

March 25, 2008

Kyamoな卒業

ふと、学生生活を振り返りたくなる。

いやむしろ振り返らなければいけない時期だな。

人は反省し、応用することで進歩できるからね。

学生⇒社会人は、人生にそうそうくるものじゃない大切な境界だ。



学生生活は、いつも組織・仲間との時間だった。

学校での生活、野球、テニス、登下校のメンバー、インターン、
旅行、バイト。

全部組織や仲間、つまり「人」との関わりだった。

運が良かったのか、いじめにも遭ったことは無かった。
心苦しい扱いを受けることは何度もあったけどね。

家族も、格別大きな問題無く過ごしてきた。

総括して、無難な人生を送ってきたな、我ながら(゜∀゜)!!



小さい頃から親に教えられていた通り、大学での生活は一番楽しかった。

小学生の時から「大学入りなさい」って言われてたからねw


なにが楽しかったって、初めて自分で積極的に考えられたと思うんだ。

自分で受ける授業の科目や時間、バイト、サークル、飲み会etc...

成人したこともあり、

自分でできること、裏を返せば自分でやらなければいけないことが多くなる。

でもこれってしんどいようで、これまで受身で生きてきた自分には

とっても有意義なものだった。

暴露すると、高校の修学旅行の思い出とかまるで無い(苦笑)

全て他人に任せて、

与えられたものをただただ素直に受け止めているだけだったから。

思い出・・・というか記憶が無い。。。


だけどそれが悲しかった。


大学ではそんな自分を変えられた気がする。

自分で見て、考えて、選んで、決めて、実行してみて・・・。

履修とかウツ会とか埼玉会とかその他もろもろえとせとら。


大学は、すごいたくさん思い出ができた。

朝スズメがピーチク鳴く校舎を通って9号館向かったのも懐かしいし、

5限が終わった夜の大学も懐かしい。

4丁でグダグダして授業さぼったり、

暇すぎて冬木と「明日」を探しに近くの公園に行ったりもした。

「学費もったいないから4年生になっても学校行こうね」って晃一と話したけど

結局行かなかったね。ハハハ

ドトールのバイトも行ってたな、真面目に真面目に。

中学校の友達いたからアイビー入ろうとしたけど締め切られてて

イルエル入ったな。運命。


なんだかんだサークルは最近でも「最後最後」って言って会ってるから

今のところはそこそこだけど、

大学の授業とか大学自体とか4丁とか懐かしすぎる゚+.(*ノェノ)゚+.




あと10時間半後には、学生という立場から卒業します。

社会は荒波だと先輩には教えられたけど、

「おまえらの人生も終わったな」と言われたけど((´∀`)苦笑)、

社会の荒波でサーフィンしてウルトラC決めて魅せます☆



前向きに、強気に、欲深く熱中!!

↑目指しているもの一覧




一度しかない人生、
歴史に刻まれちゃうくらいの人生目指して頑張りますわ。


  
Posted by kyamon at 03:02Comments(4)TrackBack(0)

March 22, 2008

関西青春旅行

関西青春旅行

・・・改め、関西OB訪問の旅



今週火曜日の夜中出発で、
関西行ってきました。
ブーのブーブでブーMW

メンバー

腑抜けたメンバー(苦笑)






まず訪れたのが、京都


三十三間堂行って、清水寺行って・・・

清水の舞台


清水の舞台で未来を見据える冬木






写真見てもらえばわかりますが、
雨がひどい!!
とにかくひどい!!

山田の雨男ぶりは引退しても顕在です。

ameotokoあをによし(σ゜∀゜)σawoniyoshittenannda?



きっちょむ

夜は大阪の京橋できっちょむkicchomu♪

途中酒で思い出無し




そして京都と言えば・・・我らがヤスさんとの再会゚+.(*ノェノ)゚+.


京橋ヤスさん

会社での飲み会を終え、
駆けつけてくれました!!




ヤスさんはあの頃と変わらずヤスさんでした。
会社の話、そしてあの話も包み隠さず話してくれました。



次の日は名古屋。

名古屋到着

待ってろnagoya嬢ヾ(@⌒ー⌒@)ノ






この日は名古屋駅にてガリさんと再会w

まず名古屋城へ行き、その愕然とする現実を突きつけられました。
(割愛)

次に、
「名古屋は喫茶店の街なんだ。名古屋市民1人あたりの喫茶店利用率はトップなんだよ。」
という悪魔の前フリにより、僕らは一路喫茶マウンテンへ。

マウンテン
「来てみたかったけど
一人じゃ来れなかったんだよー」

by ガリさん



黒いチャーハン



黒いチャーハン


これはまだ良かった








ジョッキコーヒー



ジョッキコーヒー


アルコール入り








そして・・・・

甘口メロンスパ


甘口メロンスパ




メロン味のスパゲッティ。

もちろん生暖かい。

サイドのメロンも暖かい。

しかも生クリーム乗せ。

量多し。

麺のすべり悪し。

口の中でモワッと広がる不思議な味。



ガリさんがおごってくれたので、僕らはもちろん
仲良くうれしく、全部食べさせられました(・ω・`)oe


最後山田の一言、
「俺、メロン嫌いなんすよ〜」



夜はガリさんちでたくさん飲みました。
(山田が)。

ガリさんは、あの話を包み隠さず話してくれました。ra-ra-


最終日はメンポーで十八番食って解散


締め写真

西池にて






冬木の一言、
「関西に行ったはずなのに、あまり旅行した気がしないのはなぜだろう」

みんなは言いました、
「ずっと車にいたからじゃん」

苦笑



ノブやん、長時間の運転お疲れ様でした。
山田、メロンには気をつけて。
冬木、ライターあった?
ヤスさん、また会いに行きます。
ガリさん、ラー行ったら感想お願いします。
  
Posted by kyamon at 10:18Comments(3)TrackBack(0)

March 14, 2008

竜王

高校の友達と、竜王のスキー場に行ってきました。
2泊3日。

スノボーと言えば高校2年(3年?)の時、
「手ぶらでスキー」で有名なザウスに行って2,3時間滑って以来。

初の雪山はとてもまぶしく、広かった。



泊まり方も減速の仕方も、曲がり方も知らない僕だから、
初日は、まっすぐに滑って加速しては、
思いっきり倒れて急ブレーキみたいな感じで、
体中アザだらけ。

チョット教わって曲がれるようにはなったんだけど、
ボードを横にしたときにズッコーンって雪につまずいて、
前でも後ろでもすっころんだもんだから、
腕も肩もケツもひざも痛かった。

さらに減速もわからないから下手に加速しててさ、
怖いったらハンパ無い。
初日は「もう嫌だ」って、宿に引き返した。。。

ハズなんだけど、切り替えが早いというかなんというか、
「え、転ぶくらい平気じゃね?」と思い、ナイターへGo。
ライトが当たっていない薄暗い道とか、なんだかロマン。

休憩を入れたせいかナイターで、
曲がること&止まる事を習得しました。


2日目は、首、肩、ひじ、ケツ、ひざ、が痛い中、
一日中滑りました。

初心者コース、転ばずに完走!!

ナイターはアイスバーンで、新しい恐怖に苛まれました。
アイスバーンは苦手です。転んだ時痛いし(=_=)

この日の夜は飲んだし騒いだな、しかし。
ニンテンドーDSのすごさを実感しました。



3日目最後は、最後の雪山をかみ締めながら滑りました。

この日はなんと、朝から中級者コースを転ばずに完走できました。
進歩やヾ(@⌒ー⌒@)ノ

さらに調子づいた僕はジャンプ(小山)に挑戦。
技こそ入れる余裕は無かったけど、着地はちゃんとできました。


楽しかったな、スノボ♪



改めてみると、
レンタルのウェア着た自分が雪山のレスキュー隊に見える(笑)

城玉スノボー






Viva友☆
  
Posted by kyamon at 08:32Comments(1)TrackBack(0)

March 11, 2008

みらの

年が近いということもあり、あまり話すことのなくなってきた
僕と妹。

僕は一浪で、彼女は現役で、
今年、共に卒業します。

知る人ぞ知る、最近の僕は旅行ばかりの生活で、
実は妹もそれなりに
旅してたりします。

不器用な家庭だから、
僕も妹も不器用だから、
何がいいのかもよくわからないんだけど、
ハイって渡してそれだけなんだけど、
でも・・・だからより嬉しさを感じるのかもしれない。



ミラノネクタイ

おみやげにネクタイをもらいました。
(MILANOって書いてあります)





なんか嬉しくて、日記書いてしまったわけさ(*´艸`) Hahaha

卒業式と社会人初日はコレで行きます☆
  
Posted by kyamon at 00:08Comments(1)TrackBack(0)