April 16, 2010

とんかつ〜ミンチーとロースおじさん〜

久々に吹くほどのブログを発見しました。

とんかつ〜ミンチーとロースおじさん〜

これを企業の公式ブログとしているなんて、すごく肝が据わっているなぁ、と感じました。

ミンチーのハナタレ感が、心をくすぐります。

個人的には、カテゴリーの「全然関係ない話」がツボです。

  

Posted by kyamon at 22:35Comments(0)TrackBack(0)

December 01, 2009

これで寝ながらあれができるw

寝ながらあれができるなんて幸せ・・・か!?

寝ながらパソコンしてみよう!



ひねくれ者にお前にはこれだ!!

ひねくれ者な貴方へ



ブラウザによっては出来ない人もいるようなので、
元ネタ貼っておきます。
元ネタ
  
Posted by kyamon at 03:02Comments(0)TrackBack(0)

March 17, 2009

初恋の人からの手紙。

Sより・・・・


Kyamo、ひさしぶり。
もう旅先で模造刀を買うクセは治りましたか?修学旅行の貴重なおみやげ代を模造刀に注ぎ込んだKyamoを思い出すと笑ってしまいます。

泣きじゃくる私にKyamoが「好きだけど別れなくてはいけないときもある」などときれいごとを並べてお別れすることになったあの日から、もう9年が経ったのですね。月日が流れるのは早いものです。

お手紙を書いたのは、とくに用事があるわけではないんです。ただふと思い出して懐かしかったので、思いつくままに手紙に書こうと思いました。ふふ。驚いたかな?

思い返してみると、あのころはKyamoはとても優しくて、大人びていたなぁと思います。私は素直になれなかったから、平気で「Kyamoはどうせ胸さえ 大きければいいんだよね!」なんて責めるようなことを言ったけど、Kyamoは「そんなことはないよ。カラダ全体が大事だよ」って優しく諭してくれたのを 覚えています。少しヒドイと思ったけれど今でも心に響いています。

そういえばKyamoにとって初恋の相手が私だったんですよね?最初のころのKyamoは、なんだかキスするときも勢いありすぎて、あのときは少し怖かったんですよ。慣れてくるとやけに自信をつけていましたね。「おれうまいだろ」って(笑)。

私たちが付き合い始めたころ、Kyamoは「こんな気持ちになることはもう一生ない。ずっと一緒にいてくれ」と言ってくれましたよね。「それはちょっと・・・」と思ったりもしましたが、嬉しかったです。そういう口だけなところもKyamoらしかったですね。

総括するなら、Kyamoと付き合えたことは、とても感謝しています。特にKyamoとの恋愛から学べた重要なことは、あまり人に期待しすぎてはいけないということでした。一人で生きられるようになることの大事さを教えてもらえたと思っています。ありがとう。

いろいろ書きましたが、私はKyamoのことがそれでも好きでした。これからもKyamoらしさを失わないよう、当時以上にノストラダムスの研究を頑張って(笑)、誰かを幸せにしてあげてください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. お笑いについて知ったようなこと言うクセはもうなくなりましたか?



さて、と・・・・





で、どちらさんでしたっけ??笑

http://letter.hanihoh.com/
  
Posted by kyamon at 00:25Comments(0)TrackBack(0)

March 06, 2009

おっさんのウィルス

ブログを開いたら、

しらないおっさんが

2人



サイドバーにいた。




(・o・)アボーン








ケツをクリックして



かわいがってください。








久しぶりにすーちんさんのブログみたらいたので

拝借いたしました。
  
Posted by kyamon at 00:09Comments(0)TrackBack(0)

February 18, 2009

炒め物

    ∧,,∧     @。@。@。。。。。oooo.o..
  (;`・ω・)   xxx ^9nnxxxxxxxxxxx゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚xvtf"
  /   o━ヽニニニニニニニニニニニニニニニニニニフ
  しー-J
炒めもの炒めもの
おいしい物作るぜ。

ジャージャー、ジャージャー


  
Posted by kyamon at 00:30Comments(1)TrackBack(0)

December 01, 2008

それぞれのドラマ

我々は、とかく忘れがちである。

『人の数だけドラマがある』という事を。




今日、ふとした瞬間、ある命題が脳裏をよぎった。

【通りすがったの人の会話を聞いてみるべし】


そして、まず聞こえた言葉はこれだ。


「静岡といえばケバブだ」









Σ(゚д゚;)kebabu

静岡とケバブにはどのような因果関係があるのだろうか。
確かに最近、原宿にも、そして会社の近くにも進出してきているケバブ屋さんではあるが、それと静岡に何の関係があるのだろう。

ケバブ発祥が静岡?
ケバブ日本支社の拠点が静岡?
ケバブ売ってるトルコ人風の方、実は静岡出身??



なぞは深まるばかり。





次に聞いたのはこれだ。

男「24時間風呂入らない。」
女「だからパフュームができるんだね」




ヽ(  ̄д ̄;)ノ Perfume!?


パフューム
(Perfume) :
英語で香水香料、芳香などの意味を持つ。(byウィキペ)



24時間風呂入らないと香水ができるっって?
それって体臭とちゃうん??
それとも、あの女性3人ユニットは24時間風呂に入らなくて出来上がった腐女子ユニットということ???



謎は深まるばかり。



何が言いたいかというとだ、
それぞれの人間は自分の知らない所で会話を成立させ、常時その人間の人生ドラマが収録されているのだということだ。

  
Posted by kyamon at 02:34Comments(1)TrackBack(0)

November 13, 2008

ココアshock

あったかいKyamo専用ドリンクを会社に保管しておこうと思い立ち、
スーパーで粉ココアを購入。

ポケットに入る、「プチ」って感じのココアにズキュン一目惚れ。




粉ココア


おしゃれ感とおプチ感







あったかくてあま〜いココアで癒されようと口にそそぐ。






ココア にがい






甘くないココアに心が冷えました。
  
Posted by kyamon at 23:56Comments(0)TrackBack(0)

July 27, 2008

ごちそうさま×ごち

営業で外回りをする自分としては、
この夏という時期はなかなかキツイ。

歩いているだけでスーツは汗びっしょりだし、
そのまま先方の担当者と、頭を使った攻防戦。

まして契約も取れず、自分の給料分も稼げていない時は、
本当に胃が痛い、というか胃が重いものなのです。


そんなある日、とあるチェーン店のラーメン屋にて。
上司の堂園さんと、お昼ごはん、もといお夕ご飯を食べていた時のお話です。


業界の話とか、営業の話とか、
いろいろ教えてもらいながら、
僕はギョーザを食べました。

食べ終わってレジにて、
韓国人風の店員さんが会計を進めてくれました。

ギョーザ代は上司の堂園さんにおごってもらえたので、
「ごちそうさま」でしたと伝えようとしたその瞬間、
僕の目に入ったのは・・・



「ゴチ」



・・・


韓国風のレジのお姉ちゃんの名札に、
確かに「ゴチ」の二文字。




ゴチさん。(´;ω;`)会えてよかった








とある人形町にあるラーメン屋さんには、
「お店のほうから食後の挨拶をしてくれる伝説のラーメン屋さんがある」
という都市伝説。


信じるか信じないかは、あなた次第。



お金を払った矢先に「ゴチ」となると、
なんだかしてやられた感も、無くはない。
  
Posted by kyamon at 00:19Comments(0)TrackBack(0)

July 19, 2008

おやじのかおり

今日、社員の小田ちゃんに、

小「Kyamoさんっていいにほいしますよね〜」と言われた。


(はて?)


特に思い当たる節がなかったのでクエスチョンな顔してると、


小「洗剤のにほいですかね〜」と。



Kyamo「潜在的なものじゃね?」




ち〜ん。
  
Posted by kyamon at 01:03Comments(1)TrackBack(0)

July 02, 2008

しょっぱい人生

24歳になって数日が経ちました。
少し身長が伸びた気がします。


相も変わらず仕事中。
時間にキリを付けて働かないと、この時間はだらだらしてしまいます。

最近は、営業に人事に営業管理に、
自分のやっている仕事が良く分かりません。
これがベンチャーなのでしょうか。



しょっぱいKyamoの人生



こんな遊びにまで馬鹿にされるとは orz


明日は今日よりも成長していよう。
  
Posted by kyamon at 22:41Comments(1)TrackBack(0)