2015年05月17日

長女のステージ

Blogトップ
前の記事
次の記事
Comments(0)
TrackBack(0)
息子は初出場でしたが、娘は今回で9回目を数えます。
自分の弾きたい曲が課題曲にあるのがわかると、大体いつ頃のピティナに出たいと決めて、練習に励む日々。
こちらはすっかり、人前で演奏することの楽しさを理解し、ピアノを楽しんでいる感じです。

プレッシャーはないと言いつつも、本番前になればきちんと曲をそろえて弾けるように準備。
準備の仕方も慣れてきて、余りにも早くからとりかかると、だれてしまうことも経験済みで、本人なりのやり方もできつつあるようです。

衣装選びも最近の楽しみの一つらしく。
親の持っているドレスが着れるようになって、自分の演奏する曲のイメージに合わせて、どのドレス着ようかなと考えているのも、女の子らしいと思います。


課題曲は、前回ピティナで演奏されているのを聞いて、興味を持った曲。
自由曲は、前回ピティナの課題曲。
課題曲は、アドバイザーの方全員から「ペダルを使うように」と指摘され、それ以後、ぺダリングの練習をするようになりました。

ペダルを入れた状態で、アドバイザーの方からのコメントがほしいという娘。
今回はそこに、息子との伴奏も入ります。
自分のソロよりも、息子との連弾練習のほうに力が入っている感じで、果たしてソロはどうなるのかな〜、なんてこと思いながら聞いていました。

どちらも、大好きな曲ということもあり、きれいにまとめて、細かい音の出し方も気をつけながら、いい雰囲気で弾けていたと思います。

ある意味、対照的な曲を持っていったのですが、そのあたりもきちんと切り替えていたし、本人、気持ちよく演奏できて、終わった後も嬉しそうにしていました。


偶然、同じクラスの男の子とも一緒になり(そして、息子の幼稚園時代のお母さんにも遭遇〜、世間は狭いぞ〜)すでにインベンションを練習しているというので、びっくり。

世間一般的には、不思議じゃないのかもしれないけど、何せ親は中1になってもインベンションやツェルニー30番なんてやってなくて、その後やめてるし、娘はいまだにブルグミュラーを弾いている感じなわけで。

それでもバッハにはすごく興味はあるらしい。
とくに、コンペ組の女の子が弾いた、平均律がすごく印象に残ったらしく、平均律やってみたいとか…。

「まあ別に、どこから始めてもいいとは思うけど、インベンション、面白いよ?」
と楽譜を見せるものの、なんだか反応がいまいち・・・。

まあ、バッハの楽譜って、譜面面が娘の好みじゃないのはわかっているけど、ここまで反応薄いと、親はちょっとだけ不安になる。
「まあでも、インベンションやってみよっかな」
娘が口を開いたのは、それでもやっぱり、バッハひけるようになりたいという気持ちからでたものらしい。

楽譜売り場で、探していた楽譜を3冊手に入れて、さっそく家で次にやる曲を考えていたけど、周りがどんなに難曲ひいていても、全く動揺しないあたり、彼女らしいと思います。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ