2015年06月11日

砂川事件最高裁判例の解釈

Blogトップ
前の記事
次の記事
Comments(0)
TrackBack(0)
日本の首相が、重要な判例について、自身の解釈を示しておられたのですが、また余計な突っ込みいれたくなってしまいました。

「集団自衛権をめぐる関連法案は、これまでの最高裁判例の立場に沿っているものだ」


…?
なんですって?
最高裁がそんな解釈、打ち出してましたっけ???


一瞬頭の中をそんな疑問がよぎりましたが、彼が持ち出したのが「安保条約の合憲性が争点となった、砂川事件判決」でした。

「憲法第9条は自衛権を否定していないという最高裁の立場と変わるところがない」

というのが、どうやら言いたいことらしいのですが、え〜と、それは勘違い…、というか、今回の集団的自衛権の話と、論点が違います。



国が国として存立するためには、国民の生命、安全に対する危急の事態に備えて、「自衛する権利」は、憲法9条があるからと言って、否定はされません、ってことを砂川事件判決では示しているだけで、その「自衛権行使が許される範囲はどこまでか」ってのは、全然別の話です。


つまり、これも大学入って間もなくのころ、先輩に注意されたことなんですが「議論のレベルを間違えてはいけない」ってことなんです。

砂川事件の最高裁判決は、大前提の「わが国には自衛権がある」ということと、それを前提として「安保条約に定められている米軍駐留は認められている自衛権の範囲を超えていない」ということしか言っていないのです。

自衛権の範囲の限界を解釈するうえで、避けて通れないのが憲法第9条。
集団的自衛権までが、日本に認められている自衛権の範囲かどうかは、最高裁は何も語っていません。



なんとか関連法案が憲法に反していないという理屈を、使えそうな材料をあちこちから拾い集めてきて、こじつけ的に利用しようとしていますが、こういう「つぎはぎだらけの理屈」っていうのは、もはや法解釈の世界においては、完全に破たんしています。


…、ま〜、重要判例引き合いに出して、自分の立場を肯定するのは別にいいんですが、すくなくとも、きちんと中身を読んで理解してから、引き合いに出してほしいです。
そうじゃないと、多くの人が勘違いしてしまうでしょ…。

公人としての首相の発言って、責任を伴うと思うんですが、こういうことが続くと、発言に重みがなくなるというか…。




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ