2004年07月13日

どうにかならんか?

昨日も終日打ち合わせがあり、仕上げの打ち上げにもフル参加して気炎をあげてしまい、あえなく日記はパス。

本日、珍しく弊社のスタッフが

「blogに書いてください!」

と言ってきた。

な・何事か、とこちらが後ずさりせんばかりの勢いである。

よくよく聞くと、弊社の業務とはまったく関係ない話なので、基本的に心の冷たい私としては、一気に目が死んだ魚の様に(つまり興味をなくすという事です)なるが、

確かにおかしな話ではあるし、日本人として恥ずかしい話なので、書いてみたい。

どうも当の本人は、以前に私が

日本1000万のいただきファン・・・

と書いて以来、本当にそれだけの人が読んでいると、(甚だしい)勘違いをしているフシがあるので、断っておかねばならないが

ここで書いても何も起きはしないよ。

ただ、みなさんの意見は、彼女の参考になると思うので、うまいアドバイスがあれば、助かります。

ちなみに彼女が担当している弊社の海外ビジネスだが、

アメリカで10F...を発売開始し、

ものすごい反響で、あっという間に(数日で)初期の在庫がなくなってしまった。



彼女の名はLindaという。
台湾人である。
日本人のご主人と結婚し、今、日本への帰化申請の長い、長い手続きがようやく終わり、晴れて日本国籍を取得した。(おめでとう!)

そこで、今までの台湾籍のパスポートから日本人パスポートに変更をしなくてはならなくなった。

海外事業を担当する彼女は、場合によっては毎月何らかの海外出張があり、これはとても大切なことである。

そこで、パスポートの取得申請をした。

しつこい様だが、彼女の名前は昔から「Linda」である。
したがって、日本語表記は「リンダ」である。

ここまでは何の問題もない。

ここからおかしな話になってくる。
パスポート取得の書類に日本名を書いてから、ローマ字表記をする欄がある。
そこで彼女は「リンダ」と書いて、次に「Linda」と書いた。
以下、本人と係官との会話 (私の勝手な想像を一部含む)

(係)ちょ、ちょ、ちょっと、そこはLindaではなく「Rinda」でお願いします。
(本)はぁ?
(係)いや、だからね、日本では「り」に対応するローマ字は「R」なんですよ。
(本)い、いや、でも私は昔から「Linda」が本名で、今回はそれを日本語
   表記しているだけなんですけど?
(係)でも、とにかく日本はそういう決まりなので、あなたの日本語名の
   「リンダ」に対応するローマ字は「Rinda」なんです。
(本)変更するにはどうすればいいんですか?
(係)陳情書を書いてください。
   書き方は・・・(以下、約1000文字ほど省略)・・・
   以上がやりかたです。
(本)はい、頑張って陳情します。それでLindaと書ける様になるのですね?
(係)いえ、それをもとにこちらで検討します。
   その手順とは・・・(以下2000文字ほど省略)・・・
(本)絶句


この問題はパスポートだけにとどまらない。
ここで、彼女は「Rinda」を安易に受け入れてしまうと、彼女の免許証やクレジットカード全てと不整合が起きてしまう。

先に書いた様に、彼女は仕事柄海外出張が多く、海外で身分を証明する頼みの綱のパスポートとクレジットカードが整合していないのは、甚だ由々しき問題なのである。

----------------------------------------------------------

常用漢字で新たに糞とか屍が名前に使用できる様になって、掬水はだめ・・・という問題といい、

どう考えても、国際社会に臨む国としてお粗末過ぎるのではないか?

おそらく、日本人のパスポート取得に際して、ローマ字表記をするという流れから、「り」は「ri」にしましょう、と決めたんであろう・・・大昔に。

まさか日本人のくせに「Linda」などという名前の人が存在することは想像だに出来なかった時代に決められたのであろう。

その制度を責めるつもりは毛頭ない。
当時の状況は、それはそれで機能していたんだから・・・。

ただその時代、時代に即応した柔軟な対応が、なぜにできんのか!?

を問いたい、小一時間問いつめたい・・・。

どう考えても「リンダ」は「Linda」である。
「Rinda」なんて、見たことも聞いたこともない。
山本リンダさんだってそうである。

あまりに常識に欠ける対応というのは、無駄なエネルギーを互いに消費し、つまりは無駄なコストが生じるだけである。
それは我々のなけなしの税金なのである。

頼むから、もっと必要な所に税金を使ってくれ!

まさに

リンダ、困っちゃう

この問題、どうにかならないものかねぇ・・・


追伸

決して最後のフレーズが使いたかったがためのネタ振りではありません。
全て本人了承を得た、実話です。

でも、このオチは、正直、書いてて自分でもびっくりのピッタリなオチで、ナイスですね・・・

まぁ、とにかく、何か知恵のある方は、ご指導ください。 ペコリ。


kyano51 at 14:59│Comments(27)TrackBack(2)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. アメリカでTurboLinux10F発売好調!!  [ @BLOG.WASHINOSU.COM ]   2004年07月14日 00:15
◆ ライブドア(4753) ◆ Source One Network, Inc. - US Computer Products - Ship to Japan いただき日記によるとアメリカで販売開始したTurboLinux10Fが数日で初期在庫が無くなる程の反響があったらしい。 どれ位の数が売れたのか気になるところ!! Turboも軌道に.
2. TurbolinuxHome  [ ネットショップ ]   2005年05月31日 15:34
ターボリナックスホーム

この記事へのコメント

1. Posted by yuki   2004年07月13日 17:06
まるで翻訳ソフトで日本語→英語(他国語)→日本語変換した文書が正しいと言ってるようなもんですね。>役所

決まりに対する例外を一度認めてしまうとそれを自分の都合の良いように拡大解釈して通そうとする人が居る(=決まりの意味が無くなる)から役所としてもそういう事務的な対応しか出来なくなってるんでしょう…


2. Posted by NO.5   2004年07月13日 17:40
Linuxの産みの親、Linus Trvalds(リーナス・トーバルズ)氏が
もし日本に帰化したら名はRinasとかになるのかな。
その余波をうけてLinuxも改名。RinuxまたはRinakkusuに。
あり得ない...

3. Posted by tkchaty   2004年07月13日 17:46
いちいただきファンです。

非ヘボン式ローマ字氏名表記等申出書
http://www.seikatubunka.metro.tokyo.jp/download/nonbebon.pdf
なるもの発見。
中身をみると、なんとか対応できそうな。

Linda さんが、リンダ感激 となることを期待します。
4. Posted by 源秀哉   2004年07月13日 18:05
ローマ字表記がLindaだと、日本政府の事務処理上、何らかの不具合があるのでしょうか?

仮に矢野芹香という女性が実在するとして、ローマ字表記を「celica
yano」としたいといったら認められないのでしょうね。最近は、
英語や他の言語の単語に当て字をした名前の子供が増えているので、そういった子供たちのために、もう少し対応の柔軟さが必要なのでしょう。

p.s と、言うことは、lindaお姐様の名字は旦那様の名字だったんですね。


5. Posted by yuki   2004年07月13日 18:14
tkchatyさん&yanoさんリンダさん

東京都生活文化局のページを見ると、
http://www.seikatubunka.metro.tokyo.jp/guide/effective/index.html
記載事項訂正でその申出書を提出するようになってますが大丈夫じゃないでしょうか。
念のため窓口…の一つ上の部署に問い合わせ(&文句)してみると良いかも。

6. Posted by yano   2004年07月13日 18:20
おぉ、素晴らしい!
何やら解決策がありそうな気がしないでもない・・・
Lindaさん、皆に感謝するのだぞ!
7. Posted by kyj   2004年07月13日 19:35
この日記のアクセス数はどのくらいでしょうか?
非常に気になります。
8. Posted by エジャ   2004年07月13日 19:45
すごいね〜、解決しそうじゃない。

ちなみに、アメリカ人の友達のMICHAELさんから、日本語の名前をつけて欲しいと頼まれたので、「舞子」とつけてあげました。
彼(彼女か?)とってもご満悦です。
マイケルと発音するより、舞子の方が近いですものね。
9. Posted by yano   2004年07月13日 20:59
kyjさん、
カウンターの付け方を、親切丁寧に教えていただければ、つけることは
やぶさかではありません。

エジャさん、
マイケルさんは、そういう人なんですか?
10. Posted by ten-suke   2004年07月13日 22:25
そういえば、”リョウ”という人は"ryo"と書いてありますよね。
"ryou"じゃないはす。。。
うちの嫁が帰ってきたら、確認してみますが
11. Posted by エジャ   2004年07月13日 23:31
そ、そ、そういう人ですが、
そ、そ、そういう関係ではありません(笑)
12. Posted by 10D2F   2004年07月14日 02:35
小泉総理に頼んでみたらいかがですか?でなければブッシュさんから言ってもらうとか。ブッシュさんが一番早いのでは?
13. Posted by tkchaty   2004年07月14日 04:01
いちいただきファンのtkchatyです。
Lindaさんの件、希望がかなうといいですね。
実はリンダ、困っちゃうのフレーズがつぼにはまってしまって、コメント書いた次第であります。
できれば、顛末についてご報告を願います。
しかし、お役所都合の(ユーザ不在)制度には腹立たしいですね。
TBLは大丈夫?
14. Posted by ななしでごめん   2004年07月14日 10:24
ちょっと違う観点からいうと
日本に帰化した時点で「Linda」は捨てたことになるんじゃないかな?
日本人になったわけだから
「Linda」は「リンダ」になった。
もう「Linda」には戻れないと思う。
というかそれが帰化というシステムではなのではないだろうか?
それは彼女の理解不足だと思う。

WindowsマシンにLinuxを入れたら、Windowsに戻れない。(いやパーティション切ってどうのこうのは除いてね)
彼女の言っていることはWindowsマシンをLinuxに変えたらPhotoshopが使えない。GIMPじゃいやだ、使えるようにしろ。と言っているとさほどかわらないと思うが、、
違うかなぁ。

そんな例はいくらでもあるので(例:プラスチックと金属で出来たスキー靴は革製品の関税)それが日本のシステムだ、と思うしかないと思う。
日本に帰化したら日本のシステムに従う、これが帰化だと思う。
きびしい意見で御免。
15. Posted by hagiversalstudio   2004年07月14日 10:43
柔軟な対応をしてほしいものですな。

yanoさん最高〜!
オチで笑った♪
16. Posted by kikori   2004年07月14日 11:01
ななしでごめんさんの意見は確かにある意味正論ではあると思いますが、
矢野さんが書いていらっしゃる「整合性」という点も考慮する必要がある
という認識から、非ヘボン式の記述も認める対応をしているのでは?
一定の統制と柔軟性を両立させる苦肉の策だと思って、多少の面倒は受容して
いただきたいというのが、現場担当者の思いかと・・・
もっとも、もっと必要なところに税金を使えという意見には大いに共感します。
問題は「必要なところ」をどうやって見つけるかなんですが・・・
17. Posted by hiro   2004年07月14日 12:06
ななしでごめんさん

正直、意味が分からない。
親につけてもらった名前が国の都合で変えられちゃうんですよ?
当人にしてみたら到底承服しかねると思いますが。
自分がもしそういう立場になったらどうですかね。
私だったらそんな理不尽な理屈を押し付ける国家にめちゃくちゃ腹立ちますけど。


…と釣られてみましたが。
10F...米国発売&絶好調おめでとうございます。
DellにTurboプリインストールしてもらってDJで音楽生活…希望です。
18. Posted by lucky3   2004年07月14日 13:00
私は反対にhiroさんの意見がわかりません。

この場合、親につけられた名前「Linda」を、自分で「リンダ」にしたんですよね?
この時点で既に「Linda」ではありませんよね?

役所ではローマ字表記は「り」の音に対して「ri」にするように言われたということですね?
役所に柔軟性がないとは思いますが、別に理不尽と言うほどのことでもないと思いますが・・・
「ライオン」は英語で「Lion」ですが、ローマ字表記では「raion」で間違いじゃないですから。

問題はパスポートの記述と、その他の書類との整合性損なわれるということで、そういう意味で「Linda」を認めてもいいんじゃないかとは思います。
しかし「私はLindaだからRindaはイヤ」というのは、単なるワガママでは?
ということを、ななしでごめんさんは書いておられるように思います。
19. Posted by mino   2004年07月14日 13:04
この場合「ローマ字表記」を書く欄なのであって、
名前が Rinda になるわけではない、あくまでローマ字表記。
そう考えることはできないのかな?
ローマ字では「リ」は[ri]であり、[li]というのはないし。
この TL10D の ATOKX でも [linda]は「ぃんだ」になるんだよ。
20. Posted by こけこっこ   2004年07月14日 13:06
リンダさんとはまたちがうケースですが、娘は2重国籍者で
日本名は漢字で『翔菜』ですが、パスポート表記は『Shauna』です。
申請するときにかの地の出生証明書を添付しました。
Lindaさんもそれなりの書類をつければいいのではないでしょうか?
21. Posted by ななしでごめん   2004年07月14日 13:33
そういうことです。>lucky3さん

で、他の書類の整合性がどうの、と言っているのは
他の書類を「リンダ」にすればいいのでは。そしてそれは帰化手続きの
1つであると思いますが。それがサボりたいだけにしか聞こえない、、。
日本ではすでに「リンダ」であって「Linda」ではないということ。

ラモス瑠偉(rui?lui?)
呂比須ワグナー(ropesu?lopesu?)

「Linda」は日本での扱いはもう芸名とか通称程度になっていると思います。
芸名をパスポートに書いちゃいかん、、、
芸名:松田聖子   本名:神田法子
パスポートや各書類に書いてあるのはどっち。
ポジティブに考えれば、芸能人風な苦労を味わえるのでいいのでは?
うちの会社にも結婚後も旧姓を通称にしている人はたくさんいますし
それと同じだと思いますけど、、

基本的に「私はLindaなのに、、」という考え方が間違っていると思います
あなたはすでに「リンダ」です。
22. Posted by ヽ(;´Д`)ノ   2004年07月14日 13:40
日本人に「L」の発音は無理だから。
23. Posted by のっぺ   2004年07月14日 14:30
>NO.5様
Linus Torvaldsの発音は、スウェーデン語(Linus氏はスウェーデン系フィンランド人)の出来る友人によると「リーヌス・テルヴァル」であるらしい。*oの上にドイツ語で言うウムラウトがつく* 
英語テキストファイル上でウムラウトはつけられないからしょうがないですけどね。他にもレーヴェさんがラヴ(Love)さんになる。

>tkchaty様
>非ヘボン式ローマ字氏名表記等申出書
おお、いつの間にヘボン式が事実上の標準ローマ字表記になっちゃったんだろう?訓令式その他はどこに行ったんだ!
24. Posted by yano   2004年07月14日 14:45
おっ、なんだかようやく盛り上がりを見せてきましたね。
私は「Li」でも「Ri」でも、どっちでもいいと思うんですよね・・・
別に誰に迷惑がかかるわけでもないので、そういうところで無用な
管理コストをかけてほしくない、っていう派です。

今回の件は直接は帰化とは関係ないんですよ。
帰化は完了して、彼女は「リンダ」になったわけで、そこまでは何ら問題は
ないんですよね。
ポイントはパスポートの記載でRindaを強制されている点だと思います。
したがって、その観点で言えば、実は「Linda」も「Rinda」もどちらも記号
の意味しか持たないわけで、それなら本人が便利な方を採択できればいいん
ではないか?と思ったわけです。
そのための各種の変更手続きを怠っている、とは言うが、そのためにかかる
時間や労力は、本当に無益なものだと思うんですがねぇ・・・
25. Posted by lucky3   2004年07月14日 18:28
yano社長さま
本当にコストがかからないなら「Li」でも「Ri」でも構わないと思います。
あれってパスポートの記述欄だけなんでしょうか?
どこかのシステムに入力されていて、
そのシステムがショボくて、「Ri」でないといけない場合は無いのでしょうか?
そんなものがあれば、システム変更に膨大なコストが生じるかもしれませんね。そうするとTurboでシステム構築の営業が・・・うひうひ
意外と良いかも。
26. Posted by ari   2004年07月15日 22:30
参考になれば....

東京都のPASSPORT_よくあるご質問(Q&A)
http://www.seikatubunka.metro.tokyo.jp/q_a/index.html

”Q9. 父親が外国人で、戸籍上の名が「フランセス理恵」と言います。パスポートの氏名表記として「FRANCES RIE」は可能ですか?その場合、特別な書類が必要ですか?
A9. 父母の一方が外国人で、戸籍の氏名が外国式になっている方は、ヘボン式によらない氏名表記ができます。ただし、その綴りについて外国の公的機関の書類(外国旅券・出生証明書など)で立証していただく必要があります。
その上で、通常の申請書類とは別に、「非ヘボン式ローマ字氏名表記等申出書」を提出してください。”


27. Posted by リンダ   2004年07月16日 14:20
いろいろな意見、ideaをいただき、とても感謝しています。
非ヘボン式ローマ字氏名表記等申出書」& 「事情説明書」を
出しました、結局はRinda(Linda)になりました。
カタカナで読みますと、"リンダリンダ"です。。。

みなさん、どうもありがとうございました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔