2004年05月26日

Celica(セリカ)に愛を込めて

別に昔の彼女の話ではない。
本日弊社は新しいサーバーOSの開発予定を発表した。

その製品の開発コード名が「Celica」(セリカ)なのである。

開発コードネームというものには、作り手の魂(想い)が込められ、様々な不思議なエピソードが生まれてくる。
今回はそういう「グッ」とくる話・・・

は、おあずけで、極めて普通の話をしてみたい。

まず、開発コード名とは何ぞや?と言う方々に・・・

製品の開発を始める時期は、当然ながら販売開始のはるか手前である。
どういうコンセプトで、どういう機能で、どの市場に、いったいどれくらい売るのか?
といった概略固めから始まり、試作を作ってみたりと、やることが多い。

ところが製品名が決まるのはもっと後であり、それは他社の商標登録を確認したり、マーケティング計画とも連動するので、初めに決めることはできないのである。

「おい、例の奴の機能はどういう進捗かね?」・・・と言うのも変だし
「新しい製品の開発計画打ち合わせ召集」・・・というメールを送るのも変だし

その間に利用するのが「開発コード名」なのである。
弊社の場合には、製品には連番がうたれているので、次の番号で不用意に会話をしていると、どこで他社が聞いているかわからない場合があり、コードネームはなおさら必須となる。

次に弊社の開発コードの暗黙のルールを紹介しよう。

ちなみにこの暗黙のルールは、私がこの会社に入るはるか以前から決められており、
したがって私自身は、何も関与していない。

先に出すクライアント向け製品(いぜんはワークステーションと呼んでいた)が車のサーキット場の名前で、過去には「Monza」、「Silverstone」ときて、
あの10Dが「Suzuka」(鈴鹿)となり、
先日発表したばかりの10F...が「Leman」(ルマン)であった。

後から出すサーバー版は、そのサーキット上を走る車である。
過去は「Esprit」、「Viper」ときて、今回が「Celica」となる。

最後に、私のコメント。
以前に道路の話をしたことを、ご記憶だろうか?
弊社の開発コード名には、期せずして、あの話と符合する事がある。

(ひつこい様だが、弊社の開発コード名のルールは私が作ったものではない。つまり、この符号は「本当に」偶然の産物である。)

ゲイツさんがせっせと私道を作っていたときにTurbolinuxはこつこつとサーキット場を
作っていたことになる。
サーキット場とは、一般の人が入って車を運転することができない。
レーサーという「特殊な技能」を持った人だけが運転を許される場所なのである。

まさに以前のLinuxを象徴した様な開発コード名ではないだろうか?
したがって、いつかは開発コード名に「六本木通り」とか「甲州街道」とか付けてみたいと思う。
(でも有料道路という観点からは「東名」や「中央」がいいのか?)

でもこうやって公表してしまった以上は、それは使えないのよ・・・・と影の声もあり。

今回は、みなさんに身近な「Celica」という日本が世界に誇る名車をコードネームに拝したことに、

弊社の魂を感じていただきたい、

と思ういただき日記なのである。

kyano51 at 16:42│Comments(19)TrackBack(3)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ターボリナックス、次世代サーバーOSは「Celica」  [ [N] ]   2004年05月27日 13:21
ターボリナックス、次世代サーバーOS「Celica」(開発コードネーム)を発表です。 「Celica」は、「Turbolinux 8 Server」の使い易さに、Turbolinux 10シリーズで培ったLinuxカーネル2.6のノウハウを融合した、次世代のLinuxサーバーOSとして、日本から世界に向けて出荷される
2. Celica  [ hiro345 ]   2004年06月05日 10:05
Turbo Linux Server の次回開発コードは Celica らしい。 ここを見て知りました。 コードネームは結構大切ですよ。自分のものもなんか考えよう。...
3. TurbolinuxHome  [ ネットショップ ]   2005年05月31日 15:31
ターボリナックスホーム

この記事へのコメント

1. Posted by 理工系学生   2004年05月26日 16:50
私がLinux(あるいはUNIX)を他人に紹介するときも,ある例題を使います.

ゲイツOSは言わばカローラであって,万人に受けるし,数も出てる.だけど,決して楽しいだけで乗る車ではなく,仕事で乗ってる人もいれば,会社に最初からあったから乗ってる,という人が多い.
一方,UNIXはフェラーリやポルシェのようなスーパーカーである.確かにかっこいいけど,その扱いを知らない人にはエンジンをかけること(インストール?)すら難しい.なおさら,走るためには技量がいる.しかし,乗りこなせばこれほど速くパワフルに走れるものはなく,楽しいものもない.しかし,道を選ぶし,オフロード(ストリーミングヴィデオの閲覧?)なんてのは以ての外である.そして,チューニングするという楽しみもある.

この例でわかるのかは疑問ですが,自分ではUNIXというものをそういう感覚で見ているし,使っています.Turbolinuxは言わばZ(今は知らないけど,ヒットの秘訣はその価格にあった)のようなもので,安価(ゲイツOSとほぼ変わらない価格)で,前記スーパーカーのように楽しめる車に値するのではないかと.
2. Posted by ライブドアファン   2004年05月26日 16:54
10Fの次のcode name は、isle of manでお願いします。
3. Posted by 源秀哉   2004年05月26日 18:32
今日は第1回ルマン24レースの行われた日です。 

ちなみに、ルマンの正しいスペルは「LeMans」ですよ。>矢野さん。

4. Posted by yano   2004年05月26日 18:39
源さん、まったくF1音痴なオヤジをお許しください・・・
5. Posted by hagiversalstudio   2004年05月26日 18:48
うちの近くを246号線が走っているので「246」でお願いします。
なんてね。

ちなみにレースクイーンやってる友達のチームが
こないだ全日本GT300クラスで優勝してなんと車はセリカ。
2位の車もセリカですよ!!!
幸先いいねぇ!!!

ちなみに500クラスという上のクラスもあって、そっちはスープラ勢が独占。
500クラスのほうはスープラ、NSX、フェアレディZ
6. Posted by yano   2004年05月26日 18:52
う〜ん、hagiversalstudioさん、
「246」は結構コードネームとしてはイケてるから、わざとblogの本文から
はずしておいたのにぃ・・・モウツカエナイジャン
7. Posted by Nsuse   2004年05月26日 18:53
学生時代に大好きだった少女マンガを思い出しました。
主人公の女の子の名が芹香だったので。
8. Posted by yano   2004年05月26日 19:03
コードネーム:Celicaに秘められた物語は、また時期がきたら・・・

ヒント:Turbolinux10D解説本「Maniacs」で最後に主人公のSuzukaが・・・
9. Posted by yuki   2004年05月26日 21:48
変なところに反応する私(^^;)

>(ひつこい様だが、

http://www.excite.co.jp/dictionary/japanese/ より

>ひつこい<
>
>(形)[文]ク ひつこ・し
>
>「しつこい」の転。
>「―・く食い下がる」

うーん、調べてみると方言っぽい・・・
と感じた元関西人の突っ込み。
10. Posted by buzz_bb   2004年05月26日 22:14
Celicaは,TurboLinux 8 Serverの後継ということで,商品化の
際には「TurboLinux 9 Server」となるのでしょうか。
デスクトップが10Fで,サーバーが9,私だけかもしれませんが,
なんかチョットだけ「サーバーが遅れてる」とかいう悪い印象を
持っちゃうのかなぁと。
バージョンナンバー飛ばしちゃうと余計混乱しますけど。

他のLinuxはエンタープライズだとかなんとか,訳判らないように
煙に巻く戦法を取ってますが,Turboは実直に8,9,10と進化して
行くのでしょうか。
11. Posted by アキヒロ   2004年05月26日 23:17
セリカというと、わたくしのバイト先の店長の車である(どうでもいい)

しかしよくよく考えると、コードネームとはこの業界には本当に多い
ということを思い出しました。

OSも去ることながら、CPUにもコードネームがついているのは個人的には
以外でした。

それにしても車の名前がコードネームというのはカッコイイですね!
12. Posted by masa   2004年05月26日 23:38
Macの次期バージョンはタイガーです。
13. Posted by fumika   2004年05月27日 00:17
Suzukaの時のようにβ版のダウンロードはないのでしょうか。
ぜび評価してみたいです。
14. Posted by snowfly   2004年05月27日 03:43
いろんな企業の開発コード名の命名ストーリーを(企業名は出さないで)まとめた本などあると面白いかもしれませんね。
ちなみに私が過去に関わったものだと、
・キャサリンとかマドンナとか外人女性の名前(笑)
・カクテルの名前
・星(や星座)の名前
・なんの変哲も無い数字の羅列
あたりがありました。ありがちなところばかりですが。
ちなみに女性の名前はサーバーにつけている会社もありましたね。

関係ないですが最近のMacのコードネームは猫好きの私には心惹かれる事が多いです(^^
ちなみにこの書き込みをしているPCのホスト名は「Serika」です(マジ)
サブノートは「Ayaka」ですが、命名したのはもう大分前で理由を思うと若気の至りとしか言えません(笑)
もはやそういう理由は忘れ去って普通にPCのホスト名としか認識してませんが、名前というのは大切なものですね。

(車好きとしては)個人的に今後TurboLinuxで使われたら嬉しい開発コードはいくつかありますが、ここで書いたら使われなさそうなので、密かに期待することにします。
#あ、でもサーバ製品だと個人用途ではあまり縁がないか・・・
15. Posted by argatlam   2004年05月27日 09:54
CelicaはTL8Sの後継ということですがAMD64版も用意するのでしょうか。
個人的には10FのAMD64版を用意して欲しいところですが・・・
16. Posted by まさ   2004年05月27日 10:27
Celicaの事、さっそく社内でアピールさせて頂きました。
RHの無償アップデートがなくなってしまって、次のOSに悩んでいたのですが、今のTurboなら十分に納得してもらえたようです。
今、開発中のものは無理ですが、時期開発の案件からは「Turboで!」と自社の社長も説き伏せましたので、期待して待っております。
あと、AMD64版は私も10F...とかCelicaにもと、思います。
17. Posted by hagiversalstudio   2004年05月27日 12:11
とか言っておいて使っちゃうのが兵法というものw
生兵法ですが。
18. Posted by yano   2004年05月27日 12:23
まささん、
社長説得ありがとうございます。次期と言わず・・・でもうれしいです。
AMDのお問い合わせが多い様ですが、みなさんXeon64はどうですか?
19. Posted by argatlam   2004年05月28日 12:52
Xeon64って聞いたことが無いです。
Itanium2のことでは・・・

今のところ、デスクトップ向け64bit環境はMacG5とAMD64しかありませんので、必然的にAMD64の質問になってしまうんですよね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔