2021年07月21日

いまさら聞けない年金講座〜老齢・遺族・障害〜定番の基礎セットスタート!

公的年金の知識をテコ入れしませんか?
いまさら聞けない年金講座は「習ったことを思い出そう!」をコンセプトに、1講座90分で公的年金で押さえておきたい知識をブラッシュアップする講座です。

一般の人にはわかりにくく誤解も多いですし、FPとしてお客様にお伝えするのもちょっと難しいこれらの制度をまとめて学べます!

「もう年金のこと忘れちゃったよ」
「年金の知識があやふやでテコ入れいしたかった」
とか
「そこが知りたい!」
という質問なども踏まえつつ、
年間約800件の年金手続き・相談の中から見えてきた事例も交えて、わかりにくい公的年金知識の復習をお手伝いします。

------
■受講方法は【1】Zoom参加と【2】動画視聴の2種類です。
【1】Zoom開催
 各日14:00〜15:30+質疑応答
・8/13(金)老齢年金 9/10()遺族年金
・10/8)障害年金

【2】動画視聴
 各開催日の翌日〜1ヶ月程度

参加をおすすめしたいかた
・公的年金関係が苦手なFPさん、社労士さん
・社労士以外の士業の方
・終活関係の方
・その他、公的年金のことを知りたいという方

■参加費(税込み)
・1講座…5,000円
・2講座
…9,000円
・3講座
…13,000円

★申し込みは ↓ こちらのフォームからどうぞ(^o^)
https://nagomi-plan.biz/n-mail/

【講座一覧】各回90分
今回は「1〜3」の老齢、遺族、障害年金の3ヶ月連続開催です。
 テーマ内容
1老齢年金 まずは基本をしっかり!
2遺族年金まずは基本をしっかり!
3障害年金まずは基本をしっかり!
4加給年金の再確認
&10年短縮年金について
老・障・遺、各年金と配偶者や子の加算など
5相談に使える、年金受給イメージ図を書けるようになろう老齢・障害・遺族、各年金の連携
6在職老齢年金、雇用保険と老齢年金働きながら老齢年金や雇用保険をもらう際の留意点
7法改正2020公的年金改正の歴史から近年、2020年の改正まで
8第3号被保険者制度の歴史と改正改正に加えて、各種特例などをまとめて復習!
9以下・企画中!(^^)
※今回開催しない講座も今後随時開催予定です。
ご依頼に応じて出前開催もいたします。

写真はベランダで育てている熱帯睡蓮
「紫式部」です。
この時期から10月くらいまで咲き続けます(^^)
IMG_20210720_101438-01




kyara2004 at 02:36|Permalink FP関係 | 最近の活等

2021年04月24日

おひとりさま…家を買うか、賃貸か(^_^;)

若い頃は
(FPになって四半世紀なもので、ちょっと思いを馳せたら「若い頃」ということに(笑))
「一生賃貸でも良いじゃない?」
と思っていたんですよね。
もしくは、
「50歳代くらいで中古を買って住み潰すのもアリかもね」
とも思っていたんです。

あ(^o^;)
私、今もっぱらおひとりさま女性専門FPになっておりますので、主人公は40歳〜50歳代単身女性という設定のお話です。

■売れるかな?どうかな?( ̄~ ̄;) ドキドキ
ただ最近は終活カウンセラーとしてのアンテナもあるせいか、その年で中古を買うと…、
「たとえば20年後、介護施設に入り終の棲家が決まったから…と売りたくなったときに、売れずに不動産じゃなくて負動産になると難儀よのぅ(−_−)」
とか、
「たとえ新築買っても売りたいときには立派な中古。20年後は買い手いない懸念は拭えないか…」
とか、
シングルだと売るための行動を自分ですることになりますが、その時はそんな体力がない可能性は否めない。コストを払ってヒトにしてもらうにしてもパワーはいる。お金もかかる…。」
とか
「結局売れずに負動産抱えて保有コスト払いながら、介護施設に入るのはもったいないよなぁ」
なんて思うように。

■「売りやすい物件を買う」
という方法もありますが、ご相談される方のニーズに合うそういう物件がどれだけあるか…(´・ω・`)
仮に売りやすい物件でも、元から中古→20年後はさらに中古…売りにくい可能性は残される…結局堂々巡り…。
売りやすい物件を売りやすい時期に売るとなると、数年ごとに引っ越しすることに。
引っ越しの連鎖で疲労する懸念もあり、引っ越し好きなら楽しいイベントでしょうけれど、歳を取るとしんどいのではないかなぁと…。

■マンションはうまく住み潰せない…?
「住み潰す」計画もうまくいくと良いのですが…(・・;)
シングルだと一戸建てというよりマンション購入かと思われます。
大規模修繕や建て替えの議論は自分の意見だけでは収まらず、建て替えとなるとお金がかかったりしてライフプランが狂うし…。
.
とはいえ購入すると、たとえば20年は自分の家を堪能できる ♪ (=^▽^=) わけで…。
その「嬉しさ」と、長期的視点の「困るかも?」という心配のどちらを選ぶかはご相談される方により十人十色です。

今日の気分転換写真は街で見かけたコデマリ(=^▽^=)
コロコロ丸っこいの好きなんですよね♪
IMG_20210419_180740-01



kyara2004 at 16:52|Permalink FP関係 

2021年04月09日

日経新聞の夕刊に掲載いただきました!

3/31(水)の日経新聞「マネーダイニング」コーナーにコメントを掲載していただきました。
前回は3/13で、今回は3/31、間違いやすい(笑)(^_^;)

今回はFPとしての話題です。
新社会人向けに、給与から天引きされるお金の話でちょっぴりコメントを載せていただき、
なんだかお恥ずかしやですが、真ん中に写真付き囲み記事まで!!

オンラインでご取材いただき、とてもわかり易くかつ短くまとめていただけきました!
このコンパクトさでお伝えしたかったことがきゅっとまとまっていて記者さんの言語化さすがっ!みたいな(✽ ゚д゚ ✽)

※例によって記事は一部ぼかしてありますm(_ _)m

囲み記事^^;
IMG_20210403_153133-01

コメント入れていただいた記事の一部
IMG_20210403_153233-01

全体像
IMG_20210403_154537



kyara2004 at 11:24|Permalink 執筆活動-紙媒体- | 最近の活等

2021年04月03日

「妻、夫が亡くなったあと一人で生きていくために準備しておきたい30のこと」の監修に協力させていただきました

宝島ムック「妻、夫が亡くなったあと一人で生きていくために準備しておきたい30のこと」の監修に協力させていただきました(^^)

今回はおもに遺族年金のパートでシミュレーションをば(;^ω^)
IMG_20210403_134901-01

社労士として遺族年金等の手続きに携わる際、お疲れモードなご遺族様が、葬儀社さんなどからもらった「手続き一覧」をお手元に作業をこなしておられる様子が見受けられます。

プロに任せられる手続きだけでなく、もう様々なところまでありますから本当に大変だと思います。

また、手続きの方法や必要書類などは各企業や自治体等々で違いますし、時期によっては見直されて変更されることもありますしね…(マイナンバーの関係で楽になっている部分もあったり)。

「その時」に改めて確認しながら進めるのは当然ですが、こういった「ひとまとめ」になっている本などで、できる範囲で構わないですが、心と実務上の準備しておければ後悔を減らせるのではと思います。



kyara2004 at 16:47|Permalink 執筆活動-紙媒体- | エンディング関係

2021年03月18日

日経新聞に掲載いただきました

3/13(土)の日経新聞「マネーのまなび」コーナーにコメントを掲載していただきました。

50歳以降のねんきん定期便の話題です。
記事内に諸々ポイントを盛り込んで頂きましたが、このほかにも注意点があります。
それは厚生年金基金加入期間がある人の50歳以降のねんきん定期便には、基金加入期間分が抜けるため金額が減るように見える点です(^_^;)
49歳のときと50歳のときで金額に差がある場合、基金加入期間があったか思い出してみるとよいかと。

もしかしたら近い将来基金分もねんきん定期便に記載されるようになるのかもしれません。そうなるとよいな…。
IMG_20210318_204135-01


…と、思ったら別ページに同じなごみFP事務所の竹下さくらのコメントも記載されてました♪
同じ新聞の紙面の裏表♡
IMG_20210318_204537-01


kyara2004 at 21:12|Permalink 執筆活動-紙媒体- | 最近の活等
Nakamura Kaoru

バナーを作成
記事検索
QRコード
QRコード
CFP(R)、CERTIFIED FINANCIAL PLANNERR、およびサーティファイド ファイナンシャル プランナー(R)は、米国外においてはFinancial Planning Standards BoardLtd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。