2017年10月09日

いまさら聞けない「10年短縮年金」講座

「今さら聞けない」シリーズ最新作!(*⌒∇⌒)ノ彡 
今回のテーマは、8月からスタートした10年短縮年金。

実は単純に「25年が10年に短くなった」だけとは言えない点がアレコレあります。
良い面もあれば、よくよく気をつけたほうが良い点など盛りだくさん。

ひとから「10年になったアレ…どーなの?」と聞かれたとき、どう応えたら良いのか?
ちゃんと注意点やポイントなどお伝えできるよう一度まとめて勉強しておきませんか?
基礎から応用までお伝えしますのでかなり広範囲の勉強になると思いますよ(^^)

アットホームな少人数の勉強会なので「え?それどゆこと?」…とその場で聞いてもらったりもできます。

【参加をおすすめしたいかた】
・FPさん
・士業の方
・終活関係の方
・その他、10年短縮年金のことを知りたいという方

【開催日時】
10/25(水)10:30〜12:30
(通常は90分ですが、30分ほど余裕を持たせています。早く終わればフリーの質疑応答タイムとなります)

【内容】
・再確認! 10年短縮年金とは?
・現在高年齢の方にとっての意味と注意点
・現在若年者にとっての意味と注意点
・遺族年金と10年短縮の老齢年金
◯事例研究とともに進めていくのでわかりやすいです。
・とあるご相談者のこれからの年金をアドバイスするとしたら?
・60歳前後だけど10年には少し足りない人へのアドバイス
などなど

【場所】
・世田谷(最寄り駅:経堂駅 徒歩3分)

【受講料】
・1講座受講…5,000円

【人数】先着6名

【申込】
以下のフォームからお申し込み下さい。
https://goo.gl/forms/4iMJ2bKZYmpp7RvT2
※直接のお知り合いの方は私へメールやフェイスブックから直接ご連絡くださってもOKです。

IMG_20171004_182634



kyara2004 at 16:06|Permalink 最近の活等 | FP関係

2017年10月02日

FP協会のテキスト改定に協力しました

日本FP協会のCFP用テキストの改定版が出ました!
IMG_20171001_210500

昨年に続き、「FP TEXT1 パーソナルファイナンス」の中の年金部分の改定に協力させていただきました。
CFPを勉強される方のための協会公認…つまりCFP教育カリキュラム準拠の基本テキストです。

AFPを勉強される方にとっても役立ちます。
ただ、AFPを勉強されている方は、ある程度勉強が進んでからご覧になる方が良いと思います。このテキストの内容は広範囲に深めで書かれているため、読むとかえって混乱し、勉強が進まなくなることが心配です。
AFP(2級)や3級受験の対策は、とにかく全体をさらっと通すことのほうが優先です。




kyara2004 at 07:00|Permalink FP関係 | 最近の活等

2017年09月29日

タバコのことを考えると、未来は変わると思う

こんなネット記事がありました。
「信じられない!」「そんな時代もあったなあ」『昭和の常識』ランキングが話題に!
http://fundo.jp/160587


​--抜粋------------
1位 電車内でタバコが吸えた
4位 飛行機でタバコが吸えた
5位 病院の待合室でタバコを吸っている人がいた
7位 映画館でタバコが吸えた
12位 子供でもお酒やタバコが買えた
13位 職員室で先生がタバコを吸っていた
15位 会社の中でタバコを吸いながら仕事をしていた
​------------------​​-​​-

いやぁ、ははは(ーー;)
タバコのエピソードが多かったです。
でもホント、そうでしたよね。
職員室はケムかった┐(-。ー;)┌

どこもかしこもタバコがあり、禁止されても意識しない人、あえて逆らってみせる人、今のようになるとは思えないほど「常識」でした。
でもそれが今のようになるまで、徐々に変化していまに至ったわけです。

◆どうせ変わらない?
根強く染み付いていた、そういう生活文化を洗い替えするには時間がかかります。
しかしタバコのエピソードを知っていると、「どうせ変わらない」なんて思い込みだったことがわかります。
ただ・・・、時間がかかるだけ。

◆そういうもの?
社労士として関わりがある「文化」に「男性の育児休業」の取りにくさや、「長時間労働」の是正があります。
現場では「そういうもの」「どうせ変わらない」「広がらない」「必要ない」「ムダ」といった「文化」が根強くあります。

◆法律が変わっても現場は違う。どうせ広がらない?
そういう雰囲気をかもしだしている点も、タバコのケースと合わせると「あぁ、よくあるパターン」と思えます。「広がらない」「変わらない」…の想定は時間軸を短く捉えているだけのこと。
このパターンでいえば結果は自然と「広がる」「変わる」にたどり着きます。

なぜなら不都合を感じている人は確かにいるし、それが不適切な状態だと捉えている人も増えていると思うからです。
だから「今」まだまだでも大丈夫、単に「まだ」なだけ。

「まだ」を「今」にするのは「誰か」の行動だけでなく、今の自分自身、今のあなた自身が、なにか−少しだけでもぜんぜん構わないけれど−行動することなんだろうなと思います。


写真は銀座(^^)
去年リニューアルされた東急プラザ。
銀座も変化しています。
17-09-08-20-58-07-910_deco



kyara2004 at 21:32|Permalink とれたて!社労士右往左往 | つぶやき

2017年09月10日

親が終活でしくじりまして

「親が終活でしくじりまして(寝猫著)」

終活マンガかぁ(^。^;)
いよいよ市民権が広がってきた感がありますね。

読む前は「終活の『内容』をしくじった」のかと思っていたのですが、
読んでみたら「終活せず日常会話での『話題』共有程度だった」から遺族はいろいろ困ったと言う話でした。
IMG_20170906_103046

つまり「下手な終活で遺族が困った」と言う話ではなく、そもそも「終活しといてくれてればよかったのに…」というお話。

終活の進化(深化)段階を整理すると、個人的にはこんなかなーと思います。

第一段階…終活しないよりはしてくれたほうがいい
第二段階…するならとりあえずこの辺はしましょ
第三段階…もう少し細かく考えるならこれもね
第四段階…さらに個別事情まで踏まえるならこの辺も
第五段階…せっかくしても無駄になったりしないように
 &遺族を困らせないようにね


このマンガは第一段階のお話。
よくありそうな「普通の人」の等身大の展開で面白かったですよ(^^)



kyara2004 at 19:39|Permalink ┗つれづれに… 

2017年07月10日

カカクコムに掲載されました(^^)

カカクコムに記事を掲載していただきました!

2017/7/5
みんな入っているの?ペット保険の加入率とは
http://hoken.kakaku.com/insurance/pet/article/1706a.html

「人」の子供(15歳未満)の人数は約1600万人。
いっぽう、ワン・ニャンの合計は約1979万頭。
ヒトの子供の数よりペットの数のほうが多い!?(^_^;)
アニコム損保のデータ等、数字も興味深いものがあります。

写真は、うちのニャンコ(ΦωΦ)
先日お客様から頂いた花束の横でま〜ったり♪
17-07-02-18-05-47-569_deco


kyara2004 at 22:38|Permalink FP関係 | 最近の活等
Nakamura Kaoru

バナーを作成
記事検索
QRコード
QRコード
CFP(R)、CERTIFIED FINANCIAL PLANNERR、およびサーティファイド ファイナンシャル プランナー(R)は、米国外においてはFinancial Planning Standards BoardLtd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。