2022年02月23日

いまさら聞けない年金講座〜法改正編、障害年金2 年金と手帳、民間保険編〜開催のお知らせ

いまさら聞けない年金講座は「習ったことを思い出そう!」をコンセプトに、1講座90分で公的年金で押さえておきたい知識をブラッシュアップする講座です。
今回のテーマは以下の2講座です!

【1】法改正編

公的年金の法改正情報、ちゃんと押さえられていますか?
新年度を前に、近年の改正から、いろいろある令和4年改正をまとめてテコ入れできる講座です!

【2】障害年金2 年金と手帳、民間保険編
新作です。
今回は主に障害状態の認定基準をピックアップします。
障害年金はどのくらいの重さや状態が基準になっているのか?
正直、深めるとかなり専門的なのですが、FPとしてこのあたりまでイメージできると良いのでは?という範囲にまとめてお伝えします。

合わせて障害者手帳についても触れます。
手帳の存在は知っていてもFPとして知っておきたい
(つまり概要がわかる)レベル感で勉強する機会は皆無…のような気がします。

加えて、FPとしては生命保険の障害状態で給付金が出る保険商品も脳裏によぎるわけで、そういった商品の給付のレベル感もイメージできるよう合わせてご紹介します。
一般の社労士の講座では生命保険の話まではでてきませんものね。気になりません?

というわけで障害年金、生命保険の障害状態、障害者手帳…。
基本は年金講座ですから障害年金をメインに…それぞれの認定基準的なものをひとまとめで短時間で学べます。
一般の人にはわかりにくく誤解も多いですし、FPとしてお客様にお伝えするのもちょっと難しいこれらの制度をまとめて学べます。
ご相談者や身近な人と話すときの引き出しがぐっと広がりますよ!

年間約800件の年金手続き・相談の中から見えてきた事例も交えて、わかりにくい公的年金知識の復習と改正情報の入手をお手伝いします。

------
■受講方法は【1】Zoom参加と【2】動画視聴の2種類です。
【1】Zoom開催
開催日 3/19(土)
・法改正編 13:30〜15:20+質疑応答
 休憩 30分
・障害年金2 16:00〜17:30+質疑応答

【2】動画視聴
 3/20〜1ヶ月程度

参加をおすすめしたいかた
・公的年金関係が苦手なFPさん、社労士さん
・社労士以外の士業の方
・終活関係の方
・その他、公的年金のことを知りたいという方

■参加費(税込み)
以前開催した動画も合わせて複数お申し込みも可能です。
・1講座…5,000円
・2講座
…9,000円
・3講座
…13,000円
・4講座…17,000円
・5講座以上の場合…1講座4
,000円✕申込講座数

★申し込みは ↓ こちらのフォームからどうぞ(^o^)
https://nagomi-plan.biz/n-mail/

【講座一覧】各回90分
今回は「7」と「10」の同日連続開催です。
 テーマ内容
1老齢年金
☆動画配信中
まずは基本をしっかり!
2遺族年金
☆動画配信中
まずは基本をしっかり!
3障害年金
☆動画配信中
まずは基本をしっかり!
4加給年金の再確認
&10年短縮年金について
老・障・遺、各年金と配偶者や子の加算など
5相談に使える、年金受給イメージ図を書けるようになろう老齢・障害・遺族、各年金の連携
6在職老齢年金、雇用保険と老齢年金働きながら老齢年金や雇用保険をもらう際の留意点
7法改正2022
★今回はココ!
公的年金改正の歴史から近年、2022年の改正まで
8第3号被保険者制度の歴史と改正改正に加えて、各種特例などをまとめて復習!
9繰下げ受給・繰上げ受給 ☆動画配信中繰上げ・繰下げ受給の基礎に加えて、注意点や意外と知られていない活用法と改正情報
10障害年金2
★今回はココ!
障害年金と障害者手帳、生命保険の障害状態の認定基準編
青字は動画配信中の講座です。
※今回開催しない講座も今後随時開催予定です。
ご依頼に応じて出前開催もいたします。

写真はいただきものの招き猫と自分で買った招き猫♪
お掃除の過程で一匹横向いちゃってたらしく、気付いたら白いほうが金色のコに声をかけているようなチャーミングな角度に(=^・^=)
IMG_20211211_190501-01





kyara2004 at 23:11│ FP関係 | 最近の活等
Nakamura Kaoru

バナーを作成
記事検索
QRコード
QRコード
CFP(R)、CERTIFIED FINANCIAL PLANNERR、およびサーティファイド ファイナンシャル プランナー(R)は、米国外においてはFinancial Planning Standards BoardLtd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。