当ブログのリンク先に在る、バカボンさんのジャズライブを秋葉原まで聴きに行った。
バカボンさんは本当はバカボンでなく、「バス、トロンボーン」の奏者なのだ(^^;

大きな地図で見る


彼のブログに書かれていた内容を参考に出かけたところは秋葉原岩本町のビルの地下。
所謂、反戦活動活発なおり、アングラと言われていたような場所だった。
薄暗い30畳程度の部屋の中に100名近くの人間がひしめいた。

ビックバンドの名前は、ハイ、ファイブ、ジャズ、オーケストラだそうで、錦糸町を拠点に活動されているアマチュアバンドだそうだ。

                こんな感じ
NEC_1214


                     さらにこんな感じ
一番奥の暗闇にかすんでトロンボーンを吹いているのがバカボンさん

NEC_1215

しかし、吾輩はジャズなんてわからないのね。
最初から最後まで、騒音と同じような曲ばかりなのね。
食わず嫌いはいけないと、他の文化にも触れて、冥土の土産にしようと思って聴きに来たが、古き格言のごとく
『名物にうまいものなし」とか・・・・・・・・・・・・・

               観客側はと言えば
                こんな感じ
NEC_1216

きっと、お登紀さんも、森山良子姉さんもこんなところから始まったのかいな。


         で、演奏会も終わり、バカボンオヤジがあいさつに・・
         へぇ、分かる人は分かるのね、話が分かるから分からねぇ~や。
         因みに、後ろでバカ面しているのが、Bです(^^;

DSC00127

もうしばらく行かなくていいな!



                 
大きな地図で見る