ブログネタ
インターネットがない時代、何をしていた? に参加中!

忘れもしない IBM AptivaE-47。スペックはCPUはPentium150MHz、メモリー32MB、ハードディスク3GB、OSはWindows95(だった筈)。当時、最新のマシンだったけど、今から考えると糞だよねぇ


で、これが当時30万!

接続は当たり前のようにダイヤルアップ。お陰で月の電話代が3万前後

良く続けたよなぁ


これを仙台で買ったという事は、携帯電話が自由化になって数年後って事

東北で、docomoとセルラーの市場に割り込んで行った訳よ


当然、ネットが無い時代の通信手段はポケベル→PHSだよ

ASTELも携わったけど、見事に粉砕したね。だって、そもそもが電力系だから、回収リスクという概念が無かったしw


仕事では、会社に一台あったPC98(NT3.1!)でコマンドライン入力から覚えていたけど(24の頃。自分の業務じゃなくてね)


でもね。或る意味良かったよ

追いかけられずに居たから

それに、テレカをたんまり隠し持っていたから、換金して金で解決する客にくれてやったり・・・


それが、携帯を持つと電車の中で座れない状態(鳴りっぱなしだから)

圏外の有り難みってその頃から感じていた

ネットも何故か管理職から使えるように(意味不明)


だから、一般社員は電話か何かで調べてOASYS打って資料を作るの

OASYS専門の派遣さんとか居たよね?

当然、カラコピなんて使えないから、全部白黒w


それが、Lotus 1-2-3に変わり、MS-wordになるのね(もうその頃はノート一人一台だけど)


業務系もN5200から普通のシステムに

その前はデータを8インチのフロッピーから5インチにガチャコンガチャコン変換させていた時代

当たり前だけど、顧客リスト(工事系)も入社当時は紙ベース

指サックが手放せなかったな


でね。東京に戻って、各サテライトの嘱託の伯母はん達に、インターネットとは?っていう所から、俺が説明をして廻るわけ(ほら、通信会社だったから、知らないと恥掻くじゃん)

その頃から、HP制作会社なるものが乱立するのよ(←この人達、今何してるんだろう


ただね、考えて見るとネットって何なんだろう?

そりゃ、色々調べたりするのは便利さ

でも、何か失ったモノもあるような気がするんだ

特に、情報を捨てる事の意味が分かっていない人が大杉な感じがするんだよね

昔は言質を取るのに紙でやり取りしていたから、その意味でタイムスタンプの有るメールは便利

一方で、ネットを信じすぎている人も居る事も確かだと思う

俺はね、やっぱり自分の足で犬の散歩でもし乍ら、身体が感じる情報がやっぱり正しいと思うの


例えば、バックヤードが色彩豊かなクリーニング屋を見て、あぁここ儲かっているんだなぁ、とかさ

スーパーでも、人のカゴの中を見て、あぁ今こんなモノが売れているんだぁ、とかね


ネットにしても、PCや携帯にしても、所詮は人間が作った「道具」でしょ?


だったら、自分を信じなきゃ。勿論、色んな引き出しは必要だよ。だから、本読んだり色々勉強するんだよ

ずっとね


最近、辞書を手元に置くようにしたんだ

ネットじゃなくて、辞書

そうするとね、結構アタマ使うんだよ。てか、考える事を思い出した

辞書引いて、色んな用例を調べる。ネットだと、一発変換が辞書ではそうはさせてくれない

これが面白いんだよね


まぁ、たまにはネットから離れて、自分の目と足で考えるのも良い事だよ



ということで


ではでは