カノンっちライフ☆

田舎で暮らす家族5人の出来事、生活、感じたことを記しています。 子供たちの成長を綴った9年間の大切な日記です。

今日は…正確に言うと昨日の夜から、
めちゃくちゃ嫌な事ばかりある一日だったなぁ〜

もう最悪だ。
久しぶりにこんな日に当たったわ〜
泣いたり、腹がたったり。

人ってバイオリズムがあるよね。
いい時はしばらくいい波が続いたり、悪い時は次々悪い事が起こったり。

あ〜〜〜
早くこの嫌な波から抜け出したい!

このブログを初めたのが2005年10月でした

な、なんと、8年のもたつんですね!!!

なかなか マメに更新はできませんが、私の大切な日記です


8年前の私と今では... 

生活自体はあまり変化していないみたい(^^;

大きく変わっていることは、やっぱり子供たちの成長と はるひの誕生


始めた頃は、長男が小3で長女が小2だったみたい・・・
我が子ながら、随分大きくなったもんだわ〜〜〜

楽しかったこと、感動したことがここに書いてある^^

それから 菜園のこと。 読み語りのこと。
写真やサイクリング。

今も好きなことはかわってないけど

できなくなってるなぁ。。。


歳をとったってうのもあるし、体力が落ちたっていうのもあると思う

でももう一つ大きな理由は、はるひだよね!

はるひが一番おもしろくて熱くなれるものだからかな〜


今まで熱中してた趣味から半分ずつ情熱を削りとって、はるひに注がれた感じ?

今は3人の子供が私の生活の中心です!


毎朝お弁当作ったりね、とにかく趣味の時間もないのだ!!
でももうしばらくはこれでいいと思ってるの。


この生活もあと数年・・・

お兄ちゃんは大学生になったら家を出なくちゃいけなし・・・

今が一番幸せなときだろうな〜〜〜


だから、自分の趣味はもう少ししてからでいいかなって




それと、昨日 空いたファイルがないかと探していたら、15年前の日記が出てきました!

2000年3月から2001年1月までの日記。

パソコンで1日数行の出来事が書いてあって、一週間分ずつプリントして、ファイルしてあった。

天気まで書いてあるの(笑)

我ながら「マメだな〜〜〜!!!」と思ったわ


その年はちょうど 父の病気が見つかった年だった。

父の病気のことや、子供たちのこと、日常の些細なことが書いてあった。

それから末期の父が、私の誕生日に一生懸命書いてくれた手紙も入っていた
あまり読むと悲しくなりそうで、さらさらっと日記を見返して また仕舞った。

今は全部よめないけど、これも大切な思い出(*^^*)


改めて 日記っていいなぁ♪ と思ったので、
これからもマイペースで続けていきたいと思います!
『継続は力なり』だもんね!!


長らくお付き合いしてきたブログ友達も 次々と引退されていって
 少々・・・いや、かなり淋しいんだけど、残っているお友達のみなさん、これからもよろしくお願いしますね☆

Facebookでお付き合いくださってるみなさまも 今後ともよろしくです!!!

そしてそして、長年このブログを読んでくださってる方、いつもありがとうね

image
意外と旨くて、家族に好評だったのでご紹介しま〜す

冷蔵庫を覗き、今日は何にしようかな〜

鶏肉があるけど、5人前の唐揚げをつくるには ちと足りないなぁ…

ってわけで酢鶏に!
カサ増し カサ増し〜

〃榮を一口大に切り、ニンニク、塩、コショウで下味をつけます。

△修隆屬法玉ねぎ、ピーマン、ニンジンを切ります。ニンジンは火の通りを均一にするため3mmくらいの薄切りに。ピーマン、玉ねぎは一口大。

ここまで下準備ができたら、鶏肉に片栗粉をまぶして唐揚げを作っていきます。

い修靴董⇒箸欧討い覺屬 合わせ酢を作っておきます。

鶏肉にはバルサミコが合うのよ!
それにバルサミコって一瓶買うと、あまり使い道ないでしょ?

バルサミコ、醤油、砂糖、水を合わせて、味見してね、分量は適当だから。
砂糖は割と多めが美味しいです。
で、いいお味だったら、片栗粉も入れておきます。

さぁ、いよいよ炒めますよ!

ッ羃敍蕕砲笋簑燭瓩量を熱します。
そこへ△量邵擇鯑れて炒め、油が回り火が通ったらの唐揚げを入れます。
ざっくり混ぜ合わせたら、鍋肌からい旅腓錣擦匿櫃魏鵑憩れ、一煮立ちさせトロミがついたら完成です!


ぜひ作ってみてください!
美味しいよ!
分量書かなくてごめんなさいね〜(^◇^;)

5e3bd1ef.jpg
最近、はるひが初めて一人でパズルを完成できるようになりました(≧▽≦)

少し前まで、
「お母さん、コレどこ〜?
お母さんやって〜」
と言っていた子が

やりながら動き回るので、最後は必ず2、3個探すハメになるから目が離せなかったこの子が

ついにできるようになったのです



私が家事をしている時に自分でやり始め、徐々にできていくたびに
「お母さん、見て〜〜〜」
と言いながら、ついには最後まで 自力でやってしまったときはびっくりしました(*゜▽゜*)

見本の写真をみて確かめながら、当てはまる場所を探しています。

大きくなったな〜

としみじみ感じた出来事でした。

上の子たちが小学校を卒業するまで6年間続けていた 絵本の読み語りボランティアですが、辞めてはや3年半。。。

今ははるひにだけ 絵本を読んでいます。

たまに 上の子も聞いていたり、はるひに読んであげたりしてくれます。

たくさんのいい絵本に出会い、みんなに紹介するためと、自分の記録のために、このブログにもカテゴリを作って記してきました。

が、残念ながら辞めてからは ほとんど記すこともなくなり おサド状態に

でも、やっぱりいい絵本を忘れたくないので、また残しておこうと思います

はるひと読み出して、新しく出会ったいい本がたくさんありますよ

まずはこれ、
「ママ 小さくなーれ!」image

ぼくはいつもママに口うるさく、アレしなさい、コレしなさいって言われて もううんざり。
そこで「ママ 小さくなーれ!」と、手のひらに乗るくらい ママを小さくしてしまった!

ぼく、まだ小さいんだよ!
あれしなさい、これしなさい、ってばっかりいわないで!
という子供の気持ちをほのぼのと描いた絵本です。
忙しいママは、はっとさせられるはず。

そしてこれ、
「じゃがいもポテトくん」image

じゃがいもの じゃーむすは、家族 親戚みんなで、北の国からとある八百屋さんへきました。

ところが、お父さんが山田さんのおくさんに買われ、お母さんが、田中さんのおくさんに買われ…
家族 親戚はバラバラに。

悲しいはなしです。。。


てな感じの、ユーモアたっぷりのおもしろいお話でした

よかったら本屋さんか図書館で立ち読みしてみてね〜

このは十五夜にはるひと月見団子をつくった時の写真です画像1

このあと、縁側でお月様に供えておいたら、はるひが楽しみなあまりに外へ落としてしまいました‼

長女は大声で叫ぶし、はるひは大泣きするしで一時大慌てにヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

仕方なく、洗って食べましたけど〜(^◇^;)


少し前の日記に、はるひが赤ちゃん欲しがってるって書いたのですが…

まだ言ってます(^_^;)

ハイハイする赤ちゃんが欲しいんだって!
具体的になってるしΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

画像1

画像1

そして、こうやって ぽぽちゃん人形をおんぶしてます!

どこまで本気で欲しいんだろうね〜

まぁ、本気で欲しがっても 産んであげられるわけじゃないんだけどね!


でも 思い返してみると、長男や長女も小学生くらいまで 赤ちゃん欲しいって言ってたかも…

ほとんどの子どもが 赤ちゃん好きなんだね〜

母性って、女の子だから生まれつきみんなが持ってるってわけじゃないらしいね。
母親になって徐々に芽生えてくるものらしいよ。

なのに、まだ3歳のはるひが赤ちゃん欲しいと思うなんて、なんかおもしろいな。

赤ちゃんを可愛がってる優しいはるひを見てると、私まで優しい気持ちになるんだよね、親の自己満なんだけど(^▽^;)

9月16日は19年目の結婚記念日でした

でも祝日は仕事なので、前日の日曜日に はるひも一緒に3人でデートしてきました。

まずはランチにステーキ館 和でサーロインステーキを食べました!
美味しかったー‼

そしてお腹いっぱいになり、旦那が あひるボートに乗れる公園があると言うので、行ってみるとこに

しかし行ってみると、ボート乗り場に人がいない…
ゴーカート乗り場にも人がいない…

怪しいなぁ…と思っていると、そのうち雨が降り出し、傘もないので急いで撤退〜‼
少しでも濡れないようにと、木の下を忍者みたいに走り渡って車まで戻りました(≧∀≦)

仕方ないので、源泉掛け流しの足湯に浸かりに行きました。
画像1

画像1

ここは湯掛け地蔵があり、お地蔵さんの足元から暑い湯が湧き出していましたよ。

一畑電鉄の松江駅にあるので、旅行者のよう方など 割と人が多かったです。

そうだ、今年は出雲大社の遷宮があるので、観光客が多いんですよ!
一畑電鉄で大社まで行けるし!
みなさんもよかったら遊びにきてね


そして、ケーキでも食べたいね〜 と、
森の中の隠れ家のようなカフェでへ。
画像1

画像1

画像1

Cafe Kubel
季節のシフォンケーキが数種類あり、私はカボチャ。
旦那はブルーベリーにしました。
コーヒーは浅煎りから深煎りまで、たくさんの種類がありましたよ!
焙煎前と焙煎後に、ハンドピックといって手で傷ついた豆を拾い出す作業をしているそうで、とても丁寧だなぁと感じました。
コーヒーもケーキも美味しかったです

そして、買い物をして帰りました。
のんびり、まったりした良い一日でした〜♪

画像1

私が食べたミルフィーユ、可愛いでしょ〜
パイがクリームと重ねてないから、サクサクのパリパリ!!
フルーツもクリームもたくさん
画像1

珍しく、お兄ちゃんとはるちゃんと3人でケーキ食べに行きました♪

それからホームセンターでお買い物。
画像1

私は冬野菜の苗を買いました。

大根や白菜は農家のおばさんに頂けるので、珍しい野菜を植えることに!

エンツァイ、芽キャベツ、ミニキャベツ
それから名前を忘れちゃったんだけど、ブロッコリーの種類のグリーンなんとかってやつ。
そして みぶ菜。

みぶ菜はずっと前に、いつもブログを読んでくださるhanahana@oji3さんに頂き、とても美味しいし重宝する野菜だったので挑戦することにしました!

水菜のようなんだけど、水菜よりも柔らかくて美味しかった記憶があります。

ミニトマトを撤去し、堆肥と油粕を入れて、新しく買ってきた苗を植え付けました。

日曜菜園だし、それも毎週できるとは限らないので、出来るときに一気に植えてしまえ〜っとばかりにやってしまったんだけど、うまく育つかなぁ〜

頭の中では石灰も撒かなきゃ、とかあれこれ思ってるんだけどね。
結局手っ取り早くやってしまいこんな感じです(^◇^;)


あっ、それから はるひと人参も収穫しました!
その人参を使って、人参のポタージュスープを作ったら、はるひも大喜び
クリーミーで、ほわっと人参の風味がして、おかわりまでしてくれました

お盆は 毎年恒例になっている、実家へと里帰りしてまいりました〜

もうねぇ、体重増えて帰ってきましたよ


初日は途中の琵琶湖で 母たちと落ち合い。
美味しい食事をいただき、プールや大浴場を満喫

子どもたちは 一緒に遊べる日を指折り数えて楽しみにしていたので、すごく喜んでいました〜‼
画像1

画像1

長男はチビちゃんたちに大人気で、
抱っこして〜、肩車して〜
と、いつも足元にちびっ子が群がっています
これは何げに 筋トレになってんじゃないかしら?
画像1

画像1

そんな感じで盛り上がって遊んでたんだけど、翌日 甥っ子のカルラが高熱を出してしまい、救急で病院へ行くというハプニング発生

2日目は遊びに行くのをやめておとなしく家に帰りました


3、4日目はやっと お墓参りや、親戚の家を巡り、実家でのお盆を過ごしました♪
画像1

画像1

画像1

画像1

カルラもすっかり元気回復して、スイカ割りや花火を一緒にして、
“おばあちゃんちでのお盆”
というものを楽しみました。

うちは実家が遠いので、盆正月くらいしか来れないのですが、やっぱり従兄弟が集まるっていうのはいいね〜
カルラやはるひがいい顔してるの
ワイワイ賑やかに遊び、時にはケンカして〜
そんな楽しそうな子どもたちの姿を見るのは 嬉しいものですわ


そしてそして、安城生活最終日は、小学校時代の同窓会。
夜は高校時代の部活のOB会。
1日中 遊ばせてもらいました

小学校の同窓会は、仲良かった友達を中心に 連絡の取れる子だけの少人数でやったんだけど、仲良しの間柄ってことで 家族も参加OKなの!
だから、奥さん連れて来る子や、旦那さん連れて来る子もいて、すごくいい雰囲気でした。

オマケにこの歳にも関わらず、小さい子がいる率高いのなんの(笑)
2歳、3歳、4歳の子がいるからね〜
画像1

シルバニアファミリーで遊んでおります
はるひは真ん中の3歳。
2歳の子とはまだうまく遊べず、お気に入りのオモチャが貸してあげられずに泣く場面あり
4歳の子とは仲良く遊べてました。すべてお姉ちゃんのおかげ‼


お昼の12時半ごろにみんな揃ったんだけど、会場を予約してた5時まで あっという間で、すごく楽しいひと時でした

次回はお正月に餅つきしようと計画中です
いい仲間やわぁ

楽しい夏休みだった〜〜〜

最近はるひが、

「はるひちゃん、赤ちゃん おんぶしたーい♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪」

とか、

「はるひちゃん、赤ちゃんがほしいーo(*^▽^*)o~♪」

などと やたらと言うんだよね。。。

今日も買い物してたら、お父さんに抱っこされた3ヶ月くらいの赤ちゃんを愛おしそうに見てるの!
そして私に 赤ちゃんがいたって教えにくるの〜(*^▽^*)


私からしたら まだまだ はるひが赤ちゃんなのにね〜(^ー^* )フフ♪
もう自分より小さい赤ちゃんが可愛いと思うようになったんだね😌

それに、本人は大きくなったつもりでいるんだよ(*^^*)
「はるひちゃん 大きくなったでしょ!?」
ってよく言ってるし(⌒▽⌒)


でもいくら はるひが赤ちゃん欲しいって言ったって、
もう私、産めないから〜〜〜(≧w≦;)

産んだら死んじゃうよ〜〜〜llllll(-ω-;)llllll

このページのトップヘ