2009年08月01日

「介護労働を生きる」の著者、白崎朝子さんも参加の8/1、2横浜全交へぜひ。生活保護分科会へもぜひ参加を

転送・転載歓迎


昨日7/31金曜に
記者会見、
ンデーアクション・Panasonic全国総行動!
前夜祭を
行い
いよいよ
横浜にて:7月31日(金)〜8月2日(日)
第39回平和と民主主義をめざす全国交歓会(全交)が横浜市
開催されます。

今年のテーマは
「未来をつくるのは私たち!大量首切りNO!戦争と貧困のない社会をつくろう!」です。
どなたでも参加できます。ぜひ、横浜に足をお運び下さい。

参加費など詳細は
ホームページをご覧ください。
◆主催 平和と民主主義をめざす全国交歓会
http://www.zenko-peace.com/
◆お問い合わせ
Eメール info@zenko-peace.com

TEL 090・8536・3170(山川))

※IVAW(反戦イラク帰還兵士の会)T.J.ブオノモさんの全国スピーキングツアーのページ
 http://www.zenko-peace.com/09zenko/ivawspt.html
ブオノモさんもシンポジウム・分科会など参加します。 



ご都合つきましたらぜひ全交にご参加ください。
また後日発信されるこの全交の成果にご注目、そしてご活用ください。


社会保障・社会福祉分野の
よびかけを転載します。




みなさまへ
奥森@社会保障シンポです。

社会保障・社会福祉分野からの全交への参加について
全交2日目の分野別討議「福祉・医療崩壊と闘う」に、介護労働者で「介護労働を生きる−公務員ヘルパーから
派遣ヘルパーの22年」(現代書館)の著者である白崎朝子さんが参加されます。

現場のリアルな実態や闘いの方向について語って頂きます。
福祉・医療の現場からの全交参加をさらに広げていきましょう。


社会保障シンポ・分野別討議のビラ(テキスト版)
**************************************

平和と民主主義をめざす全国交歓会
第39回大会in横浜
+++++++++++++++++++++++++++++++
未来をつくるのは私たち!
グローバル資本の大量首切りNO!
戦争と貧困のない社会を!
+++++++++++++++++++++++++++++++
日時:2009年8月1日(土)〜8月2日(日)
場所:横浜市・鶴見会館(メイン会場)
*2009横浜大会の詳細は、ZENKO実行委員会発行のリーフレットやウェブサイトをご覧ください。
http://www.zenko-peace.com


************************************************************
  8月1日(土)課題別シンポ 14:30〜17:30 鶴見会館
************************************************************
いのちの連帯・社会保障解体NO!
公的責任で、全ての人に必要な福祉・医療・介護を!

政府・グローバル資本による新自由主義路線により、社会保障は解体され、いのちが奪われる事態が進行しています。
障がい者運動など当事者の闘いの中で、
麻生内閣は「骨太方針2009」で、ついに社会保障費自然増の2200億円削減を断念せざる得なくなりましたが、
新自由主義政策を根本から転換したわけではありません。
2009ZENKOの社会保障シンポでは、新自由主義路線による社会保障解体攻撃をやめさせ、公的保障(公費負担)により、すべての人に必要な保障を実現する社会保障システムへの根本的転換の必要性と闘いの方向を確認します。

基調報告では、
(1)現在の日本の社会保障システム(社会保険方式)が持つ根本的な問題点
(2)新自由主義路線による社会保障解体の現局面と闘いの到達点
(3)公的保障(公費負担)による皆保障体制をめざして−闘いの方向を確認します。

パネルディスカッションでは、
子ども・女性の貧困、高齢者介護、医療崩壊、雇用破壊と生活保護について、
それぞれ当事者や現場からの報告を受け、参加者のみなさんと一緒に討議します。
ぜひ、ご参加ください。

*******************************************************************
  8月2日(日)分野別討議
*******************************************************************
○ 医療・福祉崩壊と闘う!(9:00〜12:00)
−後期高齢者医療制度の廃止、高齢者医療・介護の無料化を−
 社会保障解体攻撃は、福祉・医療・介護などのあらゆるところで、国民のいのちを脅かしています。当事者と現場からの報告を受け、全ての人に必要なサービスを公的に保障していくための取り組みを話しあいます。

○ 生活保護切り捨て反対!生存権の保障を!(13:00〜14:30)
 生活保護受給世帯は過去最高を更新し続けています。一方で違法な運用により餓死する事件が今なお繰り返されています。生活保護が本来の生存権保障の役割を果たすために、国や自治体は何をしなければならないのか、そして私たちは何を要求し実現するのか、熱く語り合います。

(連絡先)
 社会保障解体に反対し公的保障を実現させる会
  手塚080-1509-0706
 反貧困アクション・関西                  奥森090-8232-1664
 http://hanhinkon.exblog.jp/


*****************
奥森祥陽


平和・無防備地域をめざす宇治市民の会
http://ujimuboubi.eblog.jp

社会保障拡充をめざす集い
http://hanhinkon.eblog.jp
***********************

よびかけ二つ目

「横浜ZENKO大会・生活保護分科会にご参加ください!」


みなさまへ!
奥森@生活保護分科会責任者です。


2日目の分野別討議
「生活保護切り捨て反対!生存権の保障を!」のご案内です。

生活保護問題に興味関心のお持ちの方はぜひ、ご参加ください。

生活保護ケースワーカーの方は、ぜひ職場報告をA4判1枚にまとめて持ってき
てください。
よろしくお願いします。


*******************************************

横浜ZENKO分野別討議

生活保護切り捨て反対!生存権の保障を!

******************************************

生活保護分科会プログラム(案)

● 位置づけ
 グローバル企業と政府が進めている新自由主義政策により、子どもから高齢者まで生存権が破壊され、いのちまで奪われる事態が進行しています。
生活保護受給世帯は過去最高を更新し続けており、申請抑制などの不法な運用による餓死事件がいまなお引き起こされています。

 麻生内閣は、「骨太方針2006」による社会保障費自然増の2200億円削減をようやく棚上げしたものの、新自由主義政策を根本的に転換したわけではありません。

 ZENKO横浜大会・生活保護分科会では、生活保護をめぐる情勢を確認し、
生活保護現場から実態を出し合います。
そして、生活保護制度を生存権保障の「セーフティネット」として真に機能させていくために、生活保護利用者、ケースワーカー、市民が共同して闘う方針について討議します。

● 時間・場所
  2009年8月2日(日) 13:00〜14:30 (広場企画の時間帯)
  横浜市・鶴見会館  第2会議室 

● 当日役割  

基調報告 奥森  
  司会   首都圏から  
職場報告 関東 川崎市ほか 
       関西  京都市 堺市 大阪市ほか
  
   *ぜひ、A4・1枚の報告を準備してください。発言は4分で。

● プログラム
12:30 スタッフ集合 準備

13:00 参加者自己紹介
  
  13:05 基調報告・決議案
  
  13:20 現場報告 *各職場から(各4分で)
  
  13:50 決議案・方針討議
     *生活保護が生存権保障として真に機能するために
      どう変えていくか? 何をめざすか?

*闘いの方向  利用者とケースワーカー、市民がともに闘う

14:30 まとめ 
  
Posted by kyo_info at 07:53企画案内 

2009年07月31日

8/1「ないかくだとう」再出発イベント「自民≒民主?」〜麻生の終わり、民主のはじまり?それでいいの?〜

転送・転載歓迎


市民社会フォーラム
(ホームページ
 http://sites.google.com/site/civilesocietyforum
ブログ
 http://civilesociety.jugem.jp/)
を通して、次のことを教えていただきました。
7/31金曜受信。
転載します。




■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
「自民≒民主?」
〜麻生の終わり、民主のはじまり? それでいいの?〜
http://asou.taose.jp/article.php/20090728132039901

8月1日(土)19時〜22時(その後打ち上げ&フリートーク)
場所:市民メディアセンター「MediR」
(新宿区高田馬場2-7-11コーポ高田101 JR高田馬場駅早稲田口から徒歩7分)
HP:http://medir.jp/
地図:http://maps.google.com/maps/ms?hl=ja&ie=UTF8&oe=UTF8&vps=1&jsv=154c&msa=0&msid=103859598561844287661.00046301cf654becf4e90
ゲスト:林克明(フリーライター)、志葉玲(フリージャーナリスト)、 梶屋大輔(反貧困ネット)
主催:「麻生を倒せ!ないかくだとう」実行委員会

総選挙が8月30日にせまってきた。
「ついに民主党に政権交代」というムードが高まっている。

でも、都議選以降、正直民主党だけが勝ちすぎじゃないか!?
他の野党への注目はどこに行った?
そもそも自民党と民主党で、本当に本質的なちがいがあるの?
それが問われないまま進むのは、ヤバクナイか?

それは、投票以外の私たち自身の動きが見えないからじゃないだろうか。いや、きっとそうだ。

私たちは「麻生を倒せ!ないかくだとう」実行委員会として、麻生首相を自分たちで倒すためのデモやイベントを続けてきました。
麻生内閣は選挙で終わることになってしまったけれど、
民主党になっても変わらない問題があることや、
自分たちで内閣を倒す必要性を
広くアピールし続けることは必要だと思います。

そこで、世襲や小選挙区制から貧困や戦争までの問題が
今後どうなるかをハッキリさせ、私たちがこれから何をしていくべきか、
再出発を話し合うイベントを行います。
今まで「だとう」に参加してきた人もそうでない人も、どなたでもぜひ来てください。

パート1:麻生10ヶ月の振り返りと「ないかくだとう」麻生政権の問題や不支持率はどうだったのか、その中で「ないかくだとう」
は何をしてきたか。映像とトークで振り返ろう。

パート2:民主になっても残る問題をハッキリさせよう!
●民主主義:林克明(フリーライター)
●貧困、雇用:梶屋大輔(反貧困ネット)
●戦争、安保:志葉玲(フリージャーナリスト)

世襲や小選挙区制の問題を追い続ける林さん、
反貧困ネットで政府に政策要求をする梶屋さん、
世界と日本の戦争の実態を明らかにする志葉さん
の話を聞き、会場でもディスカッションしよう!

パート3: これからどうする?「ないかくだとう」新しい動きは
何を目標にスタートさせていこう?実際に何ができるだろう? 
デモ? 集会? 街頭宣伝? フラッシュモブ に映像にまだ
見ぬ何か? みんなで出し合おう。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  
Posted by kyo_info at 20:30企画案内 

2009年07月30日

7/31金曜東京 ブオノモさんワッタンさんハッセーさんの記者会見

転送・転載歓迎


IVAW(反戦イラク帰還兵士の会)のT.J.ブオノモさんが全国スピーキングツアーを行っていて、
(◆主催 平和と民主主義をめざす全国交歓会
http://www.zenko-peace.com/
◆お問い合わせ
Eメール info@zenko-peace.com
TEL 090・8536・3170(山川))

※TJ.ブオノモ全国スピーキングツアーのページ
 http://www.zenko-peace.com/09zenko/ivawspt.html


明日7/31金曜は、東京で記者会見、
そして8月1日(土)、2日(日)横浜で開催!※7月31日には前夜祭開催


未来をつくるのは私たち!
  グローバル資本の大量首切りNO!
   戦争と貧困のない社会をつくろう!
2009 ZENKO
平和と民主主義をめざす全国交歓会
第39回大会in横浜


に参加され、
スピーキングツアーのしめくくりともなります。


〇東京で
明日7月31日金曜13時から弁護士会館で記者会見が行なわれます。

詳しくは

平和と民主主義をめざす全国交歓会
http://www.zenko-peace.com/

山川さん info@zenko-peace.com  TEL 090・8536・3170
にお問い合わせください。


弁護士会館
 〒100-0013東京都千代田区霞が関1丁目1番3号
【地下鉄丸ノ内線・日比谷線・千代田線霞ヶ関駅(B1-b出口)から徒歩1分】
http://www.nichibenren.or.jp/ja/direction/


イラクから
IFC(イラク自由会議)副議長であり
イラク南部石油労組の執行委員である
アブ・ワッタンさん

アメリカから
IVAW(反戦イラク帰還兵士の会)シカゴ支部
T.J.ブオノモさん

USLAW(アメリカ反戦労働者の会)全国運営委員
であり
BMWE(北米鉄道施設建設労組)組合員である
ケビン・ハッセーさん

そろって記者会見に参加します。
※三人の略歴、活動は
平和と民主主義をめざす全国交歓会
http://www.zenko-peace.com/
を参照ください。



日本のメディアだけでなく
ぜひ、東京駐在の世界各地のメディア記者が参加いただき
全世界へぜひ伝えてほしいと思います。

ぜひ多くの人へ、そして、知り合いの記者、外国メディア記者へこの記者会見を伝えてください。
  
Posted by kyo_info at 22:17企画案内