2009年07月11日

転載[civilsocietyforum21] 明日・12日のサナ・フェイルムフェスタ in 箕面のご案内

転送・転載歓迎


市民社会フォーラム
(ホームページ
http://sites.google.com/site/civilesocietyforum
 ブログ
http://civilesociety.jugem.jp/)
を通して次のことを教えていただきました。
7/11土曜受信。
転載します。


---
イラク平和テレビ局 in Japan・とよなか の山田です。

直前ののご案内です。

明日・7月12日(日)、午後2時から、箕面市立西南図書館にて「サナ・フィルムフェスタ in 箕面」の2回目を開催します。資料代
500円。

●プログラム
1、「希望のメデイア〜イラク・サナ衛星テレビと共に歩もう!」
(4分)
2、「アーロン・ヒューズが語る〜再びイラクの地を踏んで」(25分)
3、「Welcome! T.J!〜僕たち に国境はない〜歓迎!T.J.ブオノモ」(8分)
4、「なくせ『派遣労働』〜吉岡力と立ち上がる仲間たち〜」(30分)
4、映像を観て・・・(お茶を飲みながら感想交流等)

  **************************

●サナ・フィルムフェスタとは・・
イラクの民衆メディア「サナ衛星テレビ局」が発信するイラク市民の生活・闘い・文化etc.…。そして、アメリカ・日本など世界各地の戦争と貧困に立ち向かう民衆の映像を観ながら交流する場が、サナ・フィルムフェスタです。
今回は、イラク帰還兵アーロン・ヒューズさんのインタビューを軸に編集された『アーロン・ヒューズが語る〜再びイラクの地を踏んで』(米レイバービート制作)の映像を中心に、日本・米国に共通するテーマ=“貧困の中にいる若者はどこにいくのか?”について
考えていきます。

●上映コンテンツの紹介
◆『アーロン・ヒューズが語る〜再びイラクの地を踏んで〜』(25分)
 「イラク米軍駐留協定」に基づき、6月末までに米軍の戦闘部隊がイラク都市部から撤退するという。そうした中で、イラクの労働組合が立ち上がり、占領に反対し、民営化と失業を許さない闘いを広げている。
それを象徴するのが、2009年3月、イラクの都市アルビルで開催された第1回イラク国際労働者大会である。イラク全土から集まった200人以上の労働組合代表と、アメリカ、イギリス、イラン、南アフリカ、オーストラリア、日本などの海外からの労働者代表が参加し、大きな成功を収めた。
また、この大会には、イラク占領を担わせられたアメリカ兵自身が参加してイラクの民衆、労働者と一緒に反占領の訴えをした。IVAW(イラク反戦帰還兵士の会)のアーロン・ヒューズさんとTJブオノモさんの2人である。イラク民衆はどう迎えたのか・・・。
この映像は、この歴史的な国際労働者大会から帰国した直後に、シカゴの映像制作集団であるレイバービートがアーロン・ヒューズさんのインタビューを撮影し、アルビル大会の現地映像と合わせて編集したものです。

◆『Welcome! T.J 〜僕たちに国境はない〜 歓迎!T.J.ブオノモ』(8分)
 IVAW(イラク反戦帰還兵士の会)のTJ.ブオノモさんが来日します。TJ.ブオノモさんはもう一人のIVAWメンバーであるアーロン・ヒューズさんとともに今年3月イラクで開催された国際労働者大会に参加しました。
貧困ゆえに軍隊に入らざるを得ないアメリカの若者の現実は日本の若者の姿と重なります。オブノモさんを紹介する
ビデオです。

◆『なくせ「派遣労働」〜吉岡力と立ち上がる仲間たち〜』(30分)
 昨年4月25日、松下PDP偽装請負事件訴訟原告の吉岡力さんは、大阪高裁勝利判決を勝ち取りました。
偽装請負を厳しく断罪し、パナソニックPDPとの「黙示の労働契約」(=派遣先企業に雇用責任がある)を認めた画期的判決です。
 この判決以降、同じ論旨で派遣先企業・請負発注企業の雇用責任を問う訴訟が全国で30件近く起こっています。パナソニック関係でも福島でパナソニック電工を訴えた佐藤昌子さん、福井でパナソニックエレクトロニックデバイスジャパンを訴えた河本猛さんと3件の訴訟が起こされています。
 佐藤昌子さんなど闘う非正規労働者へのインタビュー、東京総行動、パナソニック本社抗議行動など原告が共同してパナソニックに争議解決を迫る取り組み、高裁判決確定に向けた最高裁署名・要請行動など、判決を確定させ派遣法撤廃へ、立ち上がる労働者の姿を描くドキュメントです。ぜひ、ご覧下さい。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
イラク写真展実行委員会・とよなか
イラク平和テレビ局 in Japan・とよなか
  山田 敏正
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
--
山田 敏正


Posted by kyo_info at 11:46│ 企画案内